2018年09月27日

僕らは奇跡でできている TOP

『僕らは奇跡でできている』(ぼくらは きせきで できている)は、2018年10月9日から同年12月11日まで、関西テレビ制作・フジテレビ系の「火曜21時枠」(毎週火曜 21:00〜21:54)で放送中。全11話。主演は民放ゴールデン・プライム帯連続ドラマ初主演となる高橋一生。


概要
圧倒的な演技力で高い評価を得る俳優・高橋一生主演のコミカルでハートフルなドラマ。高橋演じる、生き物の不思議に目がない“変わり者”の大学講師・相河一輝と、一輝を取り巻く個性的なキャラクターが織り成す、クスッと笑えてほっこりする物語が紡がれる。


ストーリー 
相河一輝(高橋一生)は、「動物行動学」を教える大学講師。大好きな動物や生き物のこととなると、他のことには目もくれず没頭してしまい“変わり者”と見られることも。ルールや時間を守ることが苦手なために、通い始めたばかりの歯科クリニックでは、歯科医の水本育実(榮倉奈々)から「常識っていうものがないんですか?」と怒られてしまう。

周囲の人々は一輝の言動に戸惑ったり、いらだったりするが、一方、常識や固定観念にとらわれずユニークなものの見方をする一輝と接しているうちに、自らの価値観が大きく揺さぶられる。そして、毎日を心豊かに過ごす一輝の姿勢に、次第に影響を受けていく。

スタッフ
脚本 - 橋部敦子
音楽 - 兼松衆、田渕夏海、中村巴奈重、櫻井美希
演出 - 河野圭太(共同テレビ)、星野和成(メディアミックス・ジャパン)、坂本栄隆
プロデューサー - 豊福陽子(カンテレ)、千葉行利(ケイファクトリー)、宮川晶(ケイファクトリー)
制作協力 - ケイファクトリー
制作著作 - カンテレ

主題歌 - SUPER BEAVER「予感」([NOiD]/murffin discs)
オープニングテーマ - Shiggy Jr.「ピュアなソルジャー」(ビクターエンタテイメント)


各話あらすじ
第1話 2018年10月9日「常識破りマイペース講師」※初回20分拡大(21:00 〜 22:14)
 大学で動物行動学を教えるマイペースで変わり者の講師・一輝(高橋一生)は、生き物の不思議な生態に夢中。ある日、大学時代の恩師で一輝を講師に抜てきした教授・鮫島(小林薫)がアフリカから帰国し、研究室に現れる。鮫島は一輝と動物の話で盛り上がり、准教授の樫野木(要潤)は面白くない。そんな折、歯が痛くなった一輝は鮫島に紹介された歯科クリニックを訪れるが、院長・育実(榮倉奈々)から抜歯が必要だと言われ逃げ帰る。

第2話 2018年10月16日「鳥と話す男、ひとり焼肉へ」
  育実(榮倉奈々)の医院で水道の蛇口の音が鳥と会話をする「バードコール」に使えると気付いた一輝(高橋一生)は、次の授業は野外調査をすることに。新庄(西畑大吾)ら学生達は不満顔。バードコールの材料を買いに行った一輝は、育実の医院で知り合った虹一(川口和空)と公園で再会し、動物の話で盛り上がる。だが、虹一の母・涼子(松本若菜)はそんな一輝を怪しむ。調査当日、一輝はやる気のない学生達を率いて山に入る。

第3話 2018年10月23日「少年を動物園に連れサル!?」
 講義後、一輝(高橋一生)は「ボスが変わりそうだ」と樫野木(要潤)に言い残し、近所の動物園へと急ぐ。樫野木は鮫島(小林薫)が学部長を辞めるのではと思う。だが、一輝が話していたのはサル山のボスの交代劇だった。学生の琴音(矢作穂香)は、そんな一輝に恋人がいるかどうかを気にする。一方、一輝は虹一(川口和空)を連れて動物園へ。その夕方、母・涼子(松本若菜)が育実(榮倉奈々)の元に駆け込み、虹一が行方不明だと騒ぐ。

第4話 2018年10月30日「星降る夜のコンニャク!?」
 歯が痛いという学生・新庄(西畑大吾)を連れて育実(榮倉奈々)のクリニックを訪れた一輝(高橋一生)は、虹一(川口和空)の来院日を受付で尋ねるが教えてもらえない。翌日、一輝は届け出なしで突然休講にし、事務長の熊野(阿南健治)をいら立たせる。その頃、群馬にいた一輝はコンニャク芋畑に入ってしまい、畑の所有者に泥棒と間違われていた。それをひょんなことから知った新庄ら学生達は、一輝に会うため群馬へと向かう。

第5話 2018年11月6日「女ゴコロと虫歯のナゾ!?」
 恋人の鳥飼とすれ違う育実(榮倉奈々)は仕事に没頭しようと子ども向けの歯磨きイベントを企画。衛生士のあかり(トリンドル玲奈)はそんな育実の焦りを感じ取る。育実と一輝(高橋一生)の関係が気になる山田(戸田恵子)はクリニックに偵察へ。一方、森でリスが通る橋を架ける作業に夢中な一輝は、学生や樫野木(要潤)らを誘うがうまくいかない。そんな中、一輝は虹一(川口和空)が歯磨きイベントに行くと知り、自分も参加する。

第6話 2018年11月13日「破れギョーザは涙の味!?」
 一輝(高橋一生)と育実(榮倉奈々)の関係を進展させたい山田(戸田恵子)は、次の金曜日に相河家で食事会をするから、鮫島(小林薫)ら大学の先生と、育実や歯科衛生士達も誘うようにと一輝に告げる。だが、育実だけは料理教室があると参加をためらい、一輝はあかり(トリンドル玲奈)からその日が育実の誕生日だと聞く。そして当日。実は鳥飼からの連絡を期待していた育実も参加し、一輝は珍しく冗談を言って彼らとの会話を楽しむ。

第7話 2018年11月20日「カメは昔、ウサギだった」
 学生に一輝(高橋一生)のゼミを要望され喜ぶ鮫島(小林薫)だが、樫野木(要潤)は複雑な心境。一方、勉強をさぼって涼子(松本若菜)に画帳と色鉛筆を取り上げられた虹一(川口和空)は、腹痛を訴えて学校を休んだ揚げ句、黙って家を抜け出して大学に行き、一輝に家にいたくないと訴える。虹一を自宅に招いた一輝は、育実(榮倉奈々)に伴われ迎えに来た涼子が虹一を否定する様子を見て、彼にはすごい所が100個あると口にする。

第8話 2018年11月27日「家政婦さんは、お母さん!?」
 一輝(高橋一生)の言葉に絶句する山田(戸田恵子)。自分が長年抱えてきた秘密を知られているとは思わなかったのだ。その山田の反応に、どう接していいのか分からなくなった一輝は鮫島(小林薫)に相談。山田も義高(田中泯)に話すが、義高は知ったことを言わなかった一輝を面白がる。ぎこちない空気の中、一輝は黙っていた理由を聞いてみるが、山田は口をつぐんでしまう。育実(榮倉奈々)は2人の様子がおかしいことに気付き、心配する。

第9話 2018年12月4日「楽しかった日々の終わり」
 山田(戸田恵子)との平穏な日常を取り戻した一輝(高橋一生)。そんな一輝の元に、琴音(矢作穂香)が‘進路相談’をしたいとやって来て、樫野木(要潤)が代わると言っても固辞する。ところが琴音の相談とは、一輝が好きだから付き合ってというもの。さらに育実(榮倉奈々)が好きなのかと琴音に問われた一輝は困惑し、山田に料理を習うため家を訪れた育実自身にどう思うか聞く。

最終話 2018年12月11日「好奇心は終わらない!」
樫野木(要潤)に「悪影響」「消えてほしい」と言われた一輝(高橋一生)は、講義も休んで森へ。一輝が大学を辞めると知った新庄(西畑大吾)や琴音(矢作穂香)達は驚き、一輝を引き留めようと育実(榮倉奈々)に説得を頼む。そこで育実は、歯の治療に来た一輝に辞める理由を尋ねる。そんな中、一輝の辞職を巡って、育実や学生達、講師の沼袋(児嶋一哉)までもがそれぞれ行動を起こし…。

各話視聴率


番組公式サイト
僕らは奇跡でできている - Wikipedia

『僕らは奇跡でできている TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
50音検索