2018年07月03日

サバイバル・ウェディング TOP

『サバイバル・ウェディング』は、日本テレビ系の土曜ドラマ枠(毎週土曜 22:00〜22:54)で2018年7月14日から放送中。主演は波瑠。


原作概要
『SURVIVAL WEDDING』(サバイバル・ウェディング)は、大橋弘祐の処女作となる長編恋愛小説である。2015年4月17日に文響社より刊行された。

寿退社翌日に婚約を破棄され復職した出版社勤務の29歳のOLが、新上司のファッション誌編集長の指示に従ってファッションブランドのマーケティング戦略を取り入れた恋愛テクニックを用いつつ、成功と失敗を重ねながら恋愛と人生を切り拓いていく姿を描く。

2018年6月22日に『サバイバル・ウェディング』と改題して同社より文庫化される。



ドラマ概要
大橋弘祐の同名小説を原作にした痛快コメディー。恋も仕事もどん底のヒロイン・黒木さやかを波瑠が、超変人の毒舌上司・宇佐美博人を伊勢谷友介が演じる。

出版社を寿退社したその夜に婚約破棄されたさやかが、人気雑誌の敏腕編集長・宇佐美から、「俺の言う通りに婚活して半年以内に結婚すること」「結婚に至るまでの婚活記録を雑誌で連載すること」という復職の条件を突き付けられ、海外の有名ブランドのマーケティング手法を恋愛に応用してはい上がろうとするストーリー。


ストーリー 
出版社勤務の29歳・黒木さやか(波瑠)は3カ月後に挙式を控え、幸せいっぱいに寿退社した日の夜に、婚約者・石橋和也(風間俊介)の浮気を知ってしまう。しかも逆ギレされて、まさかの婚約破棄に…。

一夜にして結婚も仕事も失ってしまったさやかに、人気雑誌「riz」のカリスマ編集長・宇佐美博人(伊勢谷友介)は、「俺の言う通りに婚活して半年以内に結婚すること」「結婚に至るまでの婚活記録を雑誌で連載すること」という復職の条件を突き付ける。断れば無職になってしまうどん底のさやかに拒否権はなく、条件を受け入れるが、毒舌ナルシストで超変人の宇佐美に振り回されることになる。


キャスト
黒木さやか - 波瑠
出版社勤務。男性誌のグルメ記事を担当していたが、挙式を控えて寿退社したその日に婚約破棄される。人気雑誌「riz」のカリスマ編集長・宇佐美に「半年以内に結婚しないとクビ」を復職の条件に突き付けられる。

宇佐美博人 - 伊勢谷友介
「riz」編集長。低迷していた雑誌をV字回復させたカリスマ。仕事に厳しく頑固で毒舌、常に上から目線の傍若無人な振る舞いをする。

柏木祐一 - 吉沢亮
広告代理店社員。「riz」のタイアップ広告の仕事でさやかと出会う。爽やかイケメン。天然なところもある。

三浦多香子 - 高橋メアリージュン
「riz」編集者。さやかの同期でプライドが高くとっつきにくいタイプ。次第に、さやかにとってかけがえのない親友となる。

奥園千絵梨 - ブルゾンちえみ
「riz」のSNS担当編集部員。面白い被写体を見つけると、自分も入り込んで写真を撮り、即座にアップする。年齢不詳で、アルバイトのかわいい系男子を狙っている。

石橋和也 - 風間俊介
さやかの婚約者。商社勤務。高校時代はサッカー部のエースで、さやかの初恋の人だった。

マスター - 荒川良々
「riz」編集部員行きつけのバーのマスター。客の先を読んで的確におかわりを出す特技を持っている。宇佐美とは旧知の仲。

前野朋哉

小越勇輝

奈緒

石田ニコル

ついひじ杏奈

山根和馬

須藤理彩

野間口徹

生瀬勝久

財前直見

スタッフ
原作 - 大橋弘祐『SURVIVAL WEDDING』(文響社)
脚本 - 衛藤凛
音楽 - 木村秀彬
主題歌 - C&K「ドラマ」
チーフプロデューサー - 池田健司
プロデューサー - 鈴間広枝、大倉寛子
演出 - 佐藤東弥、小室直子、水野格
制作協力 - AXON
製作著作 - 日本テレビ


各話あらすじ
第1話 2018年7月14日「スパルタ指導でドン底女が人生逆転!?」
 男性誌でグルメ記事を担当していたさやか(波瑠)は、3カ月後の30歳の誕生日に商社マン・和也(風間俊介)との挙式を控えて寿退社。ところがその夜、和也の浮気が発覚した上に逆ギレされ、婚約破棄されてしまう。一夜明け、元上司の原田(矢柴俊博)に復帰を掛け合ってみるも、既に後釜が。そんなさやかに、社内でも人気の女性誌「riz」のカリスマ編集長で毒舌家の宇佐美(伊勢谷友介)が、復職に力を貸してもいいという。ただし、「自身の婚活を連載記事にし、半年以内に結婚すること」が条件で…。

第2話 2018年7月21日「ドツボの元カレ呪縛!?王子様が登場!!」
 「大切にされたかったら体を許すなよ」宇佐美(伊勢谷友介)から恋愛戦略を聞かされた直後にも関わらず、元婚約者の和也(風間俊介)に迫られ思わず流されてしまったさやか(波瑠)。「編集長には絶対言えない…」宇佐美への後ろめたさを感じつつも、婚活連載「サバイバル・ウェディング」の初回に向けて準備をスタートさせる。結婚を楽しみにしている実家の母・美恵子(財前直見)からの電話には「式が半年延期になった」ととっさにウソをついてしまうが、やはり“自分を安売りしてしまった”さやかに和也からの連絡は途絶えたままだ。

各話視聴率


番組公式サイト
SURVIVAL WEDDING - Wikipedia

『サバイバル・ウェディング TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
50音検索