2018年07月03日

GIVER 復讐の贈与者

『GIVER 復讐の贈与者』は、2018年7月13日から、テレビ東京系列において、ドラマ24枠 毎週金曜日の24:12〜24:52の時間帯で放送中。


概要
伊坂幸太郎、恩田陸、乙一などベストセラー作家たちがこぞって絶賛した、日野草のリベンジミステリーを連続ドラマ化。復讐をテーマに、復讐する側、される側の人間模様を巧みに描きながら、毎回驚きのラストを迎える短編小説群を、スタイリッシュでノワールな新しい作品として映像化する。


ストーリー 
生まれつき、人間としての感情が欠落している青年・義波(吉沢亮)がなりわいとするのは“復讐代行業”。同級生を殺された女子高校生、結婚詐欺にあった女性、連続殺人事件の被害者家族など、恨みを持つ人々から復讐を請け負い、依頼者の要望に応じて、ターゲットの心をえぐるような残酷な方法で執行していく。義波のほか数人の仲間を統率するのは、テイカー(森川葵)と呼ばれる謎の少女だ。

ある日、家族連れでにぎわう休日の展望室に、銃を持った一人の若者が現れ立てこもり、見境なく居合わせた人々に危害を加えようとする。果たして、青年の真意とは。そして、どんな復讐劇が待ち受けているのか。


キャスト
吉沢亮
義波 役
他人の復讐を請け負い、淡々と完璧にこなしていく“復讐請負人”。依頼者の要望に応じて、ターゲットの心をえぐるような残酷な方法で追い詰めていく。生まれつき、人間としての感情が欠落している。

森川葵
テイカー 役
復讐代行組織「サポーター」を創設した謎の美少女。

スタッフ
原作:日野草「GIVER 復讐の贈与者」シリーズ(角川文庫)
脚本:継田淳、小峯裕之
監督:小林勇貴、小路紘史、西村喜廣
プロデューサー:浅野太、濱谷晃一、小松幸敏、西村喜廣

エンディング:VIBRIO VULNIFICUS/NICO Touches the Walls


各話あらすじ
第1話 2018年7月13日「展望台で爆破テロ」
 生まれつき人間としての感情が欠落している主人公の義波(吉沢亮)。淡々と他人の復讐を請け負い、完ぺきにこなす。 依頼者は同級生を殺された女子高校生、結婚詐欺にあった女性、連続殺人被害の家族…など様々。 義波は依頼者の要望に応じて、ターゲットの心をえぐるような最適で残酷な方法で追い詰めていく。仲間は数人、統率するのはTAKER(テイカー)と呼ばれる謎の少女。なぜ彼らは復讐代行業を始めたのか? 第1話は家族連れで賑わう休日の展望台が舞台。そこに銃を持った一人の若者が現れ立てこもる。 見境なく居合わせた人々に危害を加えようとする青年の真意とは?そして、今回はどんな復讐劇が待ち受けているのか!?驚き連続のリベンジミステリーが幕を開ける!

第2話 2018年7月20日
 青山和典(板尾創路)は、娘の佑香(駒井蓮)に見送られながら再就職の面接へ向かうが、社員に扮した義波(吉沢亮)に案内された面接会場は、露出度の高い女性ダンサーが踊るショーパブと異様な雰囲気… 店内には離婚裁判の相談に来た男と、不眠症改善セミナーに来た女が。だまされことを悟った3人に、義波は5年前の少年少女誘拐殺人事件の犯人からの復讐依頼で、返して欲しい物があると被害者遺族の3人を集めたこと告げる…。


番組公式サイト

『GIVER 復讐の贈与者』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
50音検索