2018年07月02日

チア☆ダン TOP

『チア☆ダン』は。2018年7月13日から同年9月14日まで、TBS系「金曜ドラマ」枠(毎週金曜 22:00〜22:54)で放送された。全10話。主演は土屋太鳳。

映画版の主人公・友永ひかり役の広瀬すずが9年後の同役として特別出演し、映画版の9年後を舞台に、別の高校の生徒たちが「打倒、JETS」「全米制覇」の夢を目指す物語となる。


原作概要
『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(チア☆ダン じょしこうせいがチアダンスでぜんべいせいはしちゃったホントのはなし)は、2017年3月11日公開の映画である。主演は広瀬すず、監督は河合勇人、脚本は林民夫。

2009年3月に普通の女子高生チアリーダー部が、本場アメリカのチアダンス選手権大会で優勝を果たした福井県立福井商業高等学校の実話を映画化。

福井県立福井商業高校チアリーダー部は、2006年に創部され、2009年の全米チアダンス選手権から数えて、2016年現在では通算6回の優勝という偉業を成し遂げている。


概要
昨年3月に公開された映画「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」の数年後を舞台に、“もう一つの奇跡の物語”を描く続編ドラマ。映画とはまったく違うオリジナルストーリーを紡ぐ。

憧れのチアリーダー部「JETS」に入ることを夢見ていたが受験に失敗し、別の高校に進学した主人公・藤谷わかば役で土屋太鳳が主演するほか、わかばと共に“できっこない夢”を目指すチアダンス部員には、石井杏奈、佐久間由衣、山本舞香、朝比奈彩、大友花恋ら個性豊かなメンバーが顔をそろえる。また、“バブリーダンス”で一躍有名になった伊原六花も出演するほか、チアダンス部の顧問にオダギリジョーが扮する。


ストーリー 
幼い頃に、福井中央高校の強豪チアリーダー部「JETS」が初の全米優勝を果たした演技を目にした藤谷わかば(土屋太鳳)は、将来メンバーになることを夢見る。しかし、いつしか「自分には無理、できっこない」と思うようになり、受験にも失敗。勉強も運動も中途半端な福井西高校へ進学することに。

それでも夢を完全には断ち切れず、チアリーダー部で弱小運動部を応援する日々を送っていたが、東京から来た強引な転校生の桐生汐里(石井杏奈)に「私とチアダンスをやろう! 打倒JETS! 全米制覇!」という、ありえない言葉をかけられ、奮起する。


キャスト
福井西高等学校生徒
藤谷わかば - 土屋太鳳
福井西高校2年生。幼い頃に見た福井中央高校チアリーダー部「JETS」の演技に感動し、将来メンバーになることを夢見る。しかし、いつしか「自分には無理、できっこない」と思うようになり、別の高校に進学する。勉強は苦手でダンス技術も三流だが、一流の笑顔と天性のチアスピリットを持つ。

桐生汐里 - 石井杏奈
福井西高校2年生。東京からの転校生で、高校1年生の時に東京代表としてチアダンス大会に出場し、自身のミスで「JETS」に敗れた。「打倒JETS」に燃え、わかばを誘ってチアダンス部を設立しようとする。猪突猛進で強引な性格。

桜沢麻子 - 佐久間由衣
福井西高校2年生。わかばのクラスメート。成績優秀で学級委員を務める。周囲から一流大学への進学を期待されるが、実は勉強以外に本当にやりたいことがある。チアダンス部設立問題で、クラスの和を乱すわかばと対立する。

柴田茉希 - 山本舞香

栗原渚 - 朝比奈彩

榎木妙子 - 大友花恋

橘穂香 - 箭内夢菜

蓮実琴 - 志田彩良

椿山春馬 - 清水尋也

柳沢有紀 - 八木莉可子

麻生芙美 - 伊原六花

梶山カンナ - 足立佳奈

稲森望 - 堀田真由

芦田さくら - 福地桃子

三枝美菜 - 石崎なつみ

樫村恵理 - 坂ノ上茜

菅沼香 - 溝口恵

大竹真子 - 守屋ことり

武藤夕実 - 佐生雪

上杉昇 - 橋里恩

福井西高等学校教職員
杉原正道 - 本多力

松井市子 - 森矢カンナ

菊池恭介 - 木原勝利

桜沢伸介 - 木下ほうか

蒲生駒子 - 阿川佐和子
福井西高校の校長。かつては競泳オリンピック選手を育て上げたほどの鬼教師だったが、現在は“ホトケの駒ちゃん”と呼ばれる温厚な先生。かつての教え子の太郎にチアダンス部の顧問を任せる。

漆戸太郎 - オダギリジョー
福井西高校の教員。前任校でのある出来事からやる気を失い休職していたが、恩師の駒子に声をかけられ復職する。ダンス経験はないが、わかばたちの熱意に押されてチアダンス部の顧問となる。

その他
花房月子 - 小倉優香

友永ひかり - 広瀬すず(特別出演)
福井中央高校の教師で「JETS」のコーチ。全米優勝を果たした初代「JETS」のセンターで、わかばの憧れの存在。

木田隆 - 岐洲匠

漆戸大和 - 高村佳偉人

藤谷あおい - 新木優子

藤谷勝也 - 高橋和也

藤谷房子 - 紺野まひる

漆戸今日子 - 松本若菜

スタッフ
脚本 - 後藤法子、徳尾浩司
原作 - 映画『チア☆ダン』製作委員会
特別協力 - 福井県
協力 - 一般社団法人日本チアダンス協会、福井県立福井商業高等学校 チアリーダー部 JETS
プロデュース - 韓哲
協力プロデュース - 高山暢比古
演出 - 福田亮介、金子文紀、岡本伸吾、渡部篤史
製作著作 - TBS

主題歌 - サンボマスター「輝きだして走ってく」


各話あらすじ
第1話 2018年7月13日「目指せ全米制覇!ダメ高校生ができっこない夢に挑む奇跡の物語」※初回15分拡大(22:00 〜 23:09)
 わかば(土屋太鳳)は幼い頃、地元・福井中央高校のチアダンス部「JETS」が初の全米優勝を果たした演技を見て憧れを抱く。だが福井中央高校の受験に失敗し、今は弱小・福井西高校のチアリーダー部に所属。また、JETSセンターとして全米3連覇に貢献した姉・あおい(新木優子)にコンプレックスを抱いていた。そんなわかばの前にある日、東京からの転校生・汐里(石井杏奈)が現れ、「チアダンスをやろう」と誘ってくる。

第2話 2018年7月20日「今これがやりたいんや!夢を追う新たな仲間」
 東京へ行くわかば(土屋太鳳)の姉・あおい(新木優子)を福井駅前で激励するため、サンボマスターの「できっこないを やらなくちゃ」に合わせてチアダンスを踊ったわかば、汐里(石井杏奈)、渚(朝比奈彩)、妙子(大友花恋)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)の6人。警察に注意されたところを、偶然にもその場に居合わせた教師の太郎(オダギリジョー)が「チアダンス部の顧問です!」と言って場をおさめるが、それを聞いた6人は大盛り上がり!

第3話 2018年7月27日「初大会で大失敗…ダメ顧問太郎が涙のエール」
 8人のメンバーが揃い、チアダンス部の活動がスタート。わかば(土屋太鳳)らは汐里(石井杏奈)の提案で、1カ月後に開催されるチアダンスの大会に目標を定める。一方、顧問を引き受けた漆戸(オダギリジョー)は、過去の失敗から、部員との接し方に悩んでいた。練習初日、わかばは英語の補習で集合に遅れてしまう。また、陸上部と兼部する渚(朝比奈彩)も練習に遅れるなど、部員のペースが合わず、汐里はいら立ちを募らせる。

第4話 2018年8月3日「誰かを笑顔にする為に…ダンスが起こす奇跡」
 学校の掲示板に、大会で失敗したチアダンス部の写真が張り出される。ショックを受けつつも明るく振る舞うわかば(土屋太鳳)に、チアリーダー部の望(堀田真由)らは不満げだ。そんな折、わかば達は駒子(阿川佐和子)の計らいにより、JETSの練習を見学して刺激を受け、ますます結束を固める。ところが、茉希(山本舞香)だけはいつまでもそこになじもうとしない。そんな中、わかば達に地元商店街の祭りへの参加のオファーが来る。

第5話 2018年8月10日「仲間を傷つけるのは許さん!学園祭の約束」
 チアダンス部の部室が荒らされる。わかば(土屋太鳳)は、望(堀田真由)らチアリーダー部の仕業だと激怒する汐里(石井杏奈)達に、犯人捜しをしても仕方がないとなだめるが、不満は消えない。さらに、文化祭で両部の公演時間がかぶり、対立は一層鮮明に。一方、太郎(オダギリジョー)はつてもないまま東京に行き、指導を引き受けてくれるコーチを探し回っていた。そんな中、汐里は有紀(八木莉可子)から、わかばと望の過去を聞く。

第6話 2018年8月17日「太郎先生に届け命と涙のエール!顧問不在で廃部命令」
 わかば(土屋太鳳)らは再び部員集めを考えることに。大会は10人での参加も可能だが、あおい(新木優子)から上位入賞を目指すならもっと人数が多い方がいいと助言されたのだ。一方、太郎(オダギリジョー)が顔を出せなくなる中、部員たちは駒子(阿川佐和子)と桜沢(木下ほうか)に自分たちだけで部活動はできると宣言する。ところが、練習中に穂香(箭内夢菜)が負傷。穂香の父・誠一(宍戸開)を筆頭に、保護者が学校に乗り込んでくる。

第7話 2018年8月24日「20人での初大会!夢も仲間も絶対捨てない」
 3年生になったわかば(土屋太鳳)達は公式戦を1カ月後に控え、練習に打ち込んでいた。ある日、桜沢(木下ほうか)が「チアダンス部は恋愛禁止」と宣言。JETSが出場しない今大会で優勝できないようでは、目標の「全米制覇」は果たせないからだという。部内で不満がくすぶる中、麻子(佐久間由衣)は後輩の水嶋(遠藤健慎)からラブレターをもらい、動揺。一方、妙子(大友花恋)が家庭の事情で、練習を休みがちになる。

第8話 2018年8月31日「暴行疑惑…大会への出場取消し!?世界中が疑っても仲間を信じる!!」
 夏、わかば(土屋太鳳)達チアダンス部は、全国大会への切符を懸けた関西予選大会に向けて練習に打ち込んでいた。学校では進路希望調査の時期を迎え、3年生の部員は進路の話で盛り上がる。そんな中、今は他のことを考えられないわかばは一人、戸惑いを隠せずにいた。一方、汐里(石井杏奈)が東京で暴行事件を起こしたという噂が流れ、学校にも連絡が入る。別居中の父・光俊(津田寛治)と東京で会ったことは認めるも、暴行は否定する汐里。だが、被害者の男性は弁護士を雇い、汐里を追い詰める。

第9話 2018年9月7日「ケガで全国大会出場断念!?復活の太郎先生が導く奇跡」
 太郎(オダギリジョー)の退院も間近に迫り、わかば(土屋太鳳)達チアダンス部は気合を入れて練習に励む。そんな中、わかばが膝にけがを負ってしまう。治るのは早くても1カ月後との診断で、全国大会は39日後。治ったとしても皆のレベルまで戻すのは難しいと考えたわかばは、一晩悩み抜いた結果、大会出場を諦め、部員達のサポートに回ると宣言する。汐里(石井杏奈)は何とか思い直させようとするが、わかばの決意は固く…。

最終話 2018年9月14日「夢は叶う人は変われる!今夜、奇跡のラストダンス」
 東京に着いたわかば(土屋太鳳)達は大会会場を見学。一同はスケールの大きさに飲まれそうになるが、わかばの行動や大会経験者のあおい(新木優子)の言葉で緊張が和らぐ。そんな中、汐里(石井杏奈)は元チームメートと再会。気まずさから背を向けてしまった汐里に茉希(山本舞香)が寄り添う。「JETS」ともエールの交換をした一同。その夜、わかばは太郎(オダギリジョー)に「やりたいことをやって良かった」と感謝の思いを伝える。


各話視聴率へ


番組公式サイト
チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜 - Wikipedia

『チア☆ダン TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
50音検索