2018年03月30日

Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 TOP

『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(みすデビル じんじのあくま・つばきまこ)は2018年4月14日から同年6月16日まで、日本テレビ系の土曜ドラマ枠(毎週土曜 22:00〜22:54)で放送された。全10話。初回15分拡大。主演は菜々緒。


概要
社内のセクハラ、パワハラなど、どの会社にも起こりうる問題を、悪魔のような人事コンサルタントが非情な手段で解決する、痛快オフィスエンターテインメント。これまで数多くの悪女を演じてきた菜々緒が、“人事の悪魔”と呼ばれるすご腕コンサルタント・椿眞子役でゴールデンプライム帯ドラマに初主演する。


ストーリー 
冷酷非情で“人事の悪魔”と呼ばれるすご腕の人事コンサルタント・椿眞子(菜々緒)。眞子が「あなたには、会社を辞める権利があります」を決めゼリフに“人の改革”を行ってきた企業は、全て業績が向上し、数々の会社の経営立て直しに貢献してきた。

眞子はハラスメントはもとより、社内恋愛のこじれ、職場の士気を下げる社員にいたるまで、企業の抱えるさまざまな問題を型破りな手法で解決していく。

そんな眞子が働く会社に、長野から上京してきた斉藤博史(佐藤勝利)が新入社員として就職してくる。新人研修から眞子に散々振り回された上に、眞子の直属の部下となった博史は、強引な改革を手助けする立場に悩まされる。


キャスト
椿 眞子(つばき まこ)〈年齢不詳〉
演 - 菜々緒
海外で成功を収めて帰国したすご腕の人事コンサルタント。「改革のためならどんな手段もいとわない」という冷酷非情な姿勢から“人事の悪魔”と呼ばれている。現在は、老舗損保会社「共亜火災保険」と契約中。

斉藤 博史(さいとう ひろし)〈23〉
演 - 佐藤勝利(Sexy Zone)
「共亜火災保険」の新入社員として眞子の直属の部下となる。長野の田舎町出身で、両親は東京の大企業に就職したことを心から喜んでいる。幼い頃から裏表がない、素直で真っすぐな性格。新人研修から眞子に散々振り回される。

伊藤 千紘(いとう ちひろ)〈40〉
演 - 木村佳乃
「共亜火災保険」の人事部長。眞子のもとで追い詰められていく博史ら新入社員の苦悩を察し、温かく見守りながら激励している。非情なやり方には反発する部分もあり、事あるごとに眞子とも衝突する。

大沢 友晴(おおさわともはる)〈57〉
演 - 船越英一郎
「共亜火災保険」の代表取締役社長。現会長・喜多村の腹心の部下として功績を挙げ、3年前に社長の座に着いた。喜多村に畏敬の念は持っているが、考え方の違いから強引に改革を進めようとする。眞子を本社に招き入れた張本人。

喜多村 完治(きたむら かんじ)〈72〉
演 - 西田敏行
「共亜火災保険」の前社長で現在は会長。社長だった頃、バブル崩壊で苦しかった事業を復活させた。古い体質を維持しているため、現在は再び経営が苦しくなっているが、社内に慕う者は多い。強烈な改革に乗り出した眞子に危機感を覚え、その真意と謎を探ろうとする。

沖津 周平(おきづ しゅうへい)〈34〉
演 - 和田正人

藤堂 真冬(とうどう まふゆ)〈22〉
演 - 白石聖

斉藤 修(さいとうおさむ)〈56〉
演 - 鶴見辰吾

スタッフ
脚本 - 山浦雅大、藤平久子
演出 - 佐久間紀佳、小室直子、本多繁勝(AXON)
音楽 - 井筒昭雄
法律監修 - 相澤恵美
企画 - 鈴木亜希乃(AXON)
チーフプロデューサー - 福士睦(日テレ、- 第7話)、池田健司(日テレ、第8話 -)
プロデューサー - 森雅弘(AXON)、本多繁勝(AXON)
制作協力 - AXON
製作著作 - 日本テレビ

主題歌 - 安室奈美恵「Body Feels EXIT(from AL「Finally」)」(Dimension Point)
挿入歌 - Sexy Zone「イノセントデイズ」(ポニーキャニオン)


各話あらすじ(2018年4月14日 - 6月16日)全10話 平均視聴率 8.20%
第1話 2018年4月14日「美しき人事のヒロインが悪を斬る痛快お仕事ドラマ!」※初回15分拡大(22:00 〜 23:09)
 型破りのすご腕人事コンサルタント・眞子(菜々緒)が、大胆な方法で会社を改革する。保険会社に招かれ、新人研修を担当することになった眞子は初日に新入社員の博史(佐藤勝利)らに退職願を書かせる。さらに50人の新入社員を10人に絞ると宣言し、新入社員たちを絶句させ、過酷な課題を課し始める。

第2話 2018年4月21日「セクハラ上司に美脚ハイキック!」
 博史(佐藤勝利)が配属された「人材活用ラボ」の室長は、眞子(菜々緒)だった。早速、第2営業部での研修を命じられた博史は、真の目的がリストラする人物を1人選び出すことだと聞いてがくぜんとする。営業部の夏月(中越典子)は親切で、博史は安心する一方、部長・浅岡(神保悟志)らから叱られてばかりいる児島(チャンカワイ)をリストラ候補に挙げる。そんな中、夏月が浅岡にセクハラを受けているとの密告があり…。

第3話 2018年4月28日「口だけ上司&生意気部下を叩け!」
 眞子(菜々緒)と千紘(木村佳乃)が人事方針を巡って火花を散らす中、眞子が博史(佐藤勝利)に命じた次の‘研修’先は「損害サービス部」。博史は課長の簑島(金子貴俊)が、部長の尾上(おかやまはじめ)ばかりか、平社員の吉田(前田公輝)にまでも気を遣い、言いなりになっているのが釈然としない。そこで、不遜な態度の吉田をリストラ対象とするが、眞子に却下される。疲れきった簑島が心配な博史は、帰宅時、後をつける。

第4話 2018年5月5日「謎のミッション!?極秘恋愛指令」
 社内の飲み会に参加した博史(佐藤勝利)は、総務部の花憐(筧美和子)に気に入られる。翌日、眞子(菜々緒)から次の研修先が総務部で、‘花憐と恋に落ちる’のが仕事だと告げられ、博史はあぜん。花憐は部内でも浮いた存在で、職務中もスマートフォンを使い、私語も多いが、課長の梨木(水橋研二)は注意一つしない。一方、千紘(木村佳乃)は大沢(船越英一郎)から、ライバル会社に新商品の情報を流したスパイがいると知らされる。

第5話 2018年5月12日「仕事中毒に喝!悪魔涙の退職願い!」
 南雲(前田航基)が、社長の大沢(船越英一郎)に切りつける事件が起き、博史(佐藤勝利)ら同期は動揺を隠せない。間一髪、その場に眞子(菜々緒)が駆け付け、最悪の事態を免れたと知った千紘(木村佳乃)は、ある疑問を眞子にぶつける。一方、博史の新たな研修先は「審査部」で、任務は担当部長の瀬登(小林隆)をリストラする‘理由’を見つけること。しかし、仕事熱心な瀬登は、部下の信頼も厚く、リストラとは縁遠い人物で…。

第6話 2018年5月19日「マタハラは許さない悪魔の成敗!」
 眞子(菜々緒)からリストラの必要がない「宣伝広報部」で楽しく研修するよう言われた博史(佐藤勝利)は、裏があるとにらむ。折しも、妊娠中の部員・唯香(篠田麻里子)が報道番組の密着取材を受ける。子育て支援制度の紹介とあって部長の寺田(湯江タケユキ)が張り切る一方、博史は寺田に特別扱いされる唯香に対し、課長の湊(坂本三佳)以下女性による‘マタニティーハラスメント’があるのではと眞子に告げるが…。

第7話 2018年5月26日「恐怖の残業カルト集団を倒せ!」
 博史(佐藤勝利)が眞子(菜々緒)から指定された新たな研修先は、昨年設立されたばかりのCFD。顧客の利便性を高めるためにリーダーの甘露路(袴田吉彦)をはじめ各部署のエリートが集結した部署で、業界内でも注目を集めていた。そんな精鋭たちの働きぶりを学ぶのが、今回の博史のミッションだ。

第8話 2018年6月2日「暴かれる悪魔の秘密運命の絆!」
 眞子(菜々緒)から「社長室秘書」としての研修を命じられた博史(佐藤勝利)は、先日、父・修(鶴見辰吾)が来社していたのは、社長の大沢(船越英一郎)に会うためだったと聞かされ、混乱する。千紘(木村佳乃)は、これまでの博史の研修の経緯から、眞子が社長室が抱える問題にも気付いているとにらみ、眞子に直接疑問をぶつける。一方、眞子の正体を調べ上げた喜多村(西田敏行)は、会長秘書の柴崎(猪野学)に、内密にするよう念を押す。

第9話 2018年6月9日「悪魔が容疑者!?運命の罠と戦え!」
 出社した博史(佐藤勝利)は、調査会社の縣(大高洋夫)が殺され、警視庁の刑事・一之瀬らが聞き込みに来ていると知る。前夜、自身の父親の件を博史に明かした眞子(菜々緒)は、直後、ナイフを手に襲い掛かった縣に反撃。博史には帰るよう促した。眞子の事件への関与を疑い、博史は動揺を隠せない。一方、一之瀬らは縣を知る千紘(木村佳乃)、大沢(船越英一郎)、喜多村(西田敏行)、そして修(鶴見辰吾)にも事情聴取を行う。

最終話 2018年6月16日「今夜全てが明らかに悪魔の涙!」
 眞子(菜々緒)と博史(佐藤勝利)を前に、大沢(船越英一郎)は16年前の偽装は認めたものの、悪びれもせず渡米する。マスコミは秘書・瑞希(瀬戸さおり)の逮捕に続き、大沢も海外逃亡したと騒ぎ立て、「共亜火災保険」の株価は急降下。退職者も出始めた。意識が戻らぬ喜多村(西田敏行)の病室を抜け、緊急取締役会に出席した千紘(木村佳乃)は、副社長の横山(遠山俊也)と別企業のCEO・曽我部(堀部圭亮)との間で出資話が進められていると知る。意見を求めた千紘に、眞子は実質的な‘乗っ取り’だと断言する。

各話視聴率


番組公式サイト
Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 - Wikipedia

『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
50音検索