2018年03月04日

家族の旅路 家族を殺された男と殺した男 第6話

第6話「覚悟…今後私があなたを父と呼ぶ事はありません!果てしなき再蕃の道」2018年3月10日放送

 祐介(滝沢秀明)は、自分が30年前の殺人事件以来行方不明になっている、死刑囚柳瀬光三(遠藤憲一)の実の息子・柳瀬光男であったことを確信する。あの夜、まだ赤ん坊だった光男と、犯人によって殺害されていた赤ん坊・大富祐介の遺体とが、柳瀬の手で入れ替えられていたのだ。

柳瀬光三は祐介の実の父親だった。今更“お父さん”と呼べるわけがない…。我が子のためとはいえ、凶悪な殺人事件の真相を隠蔽し、光男として生きるはずだった運命を勝手に操るような実の父親の行為に、怒り悲しむ祐介。

「あなたが、やってもいない罪で死刑になっていいとは思いません。ですが、あなたが犯した本当の罪は、死刑に匹敵するぐらい私にとっては重いんです」

 面会室で、抑えきれず感情を柳瀬にぶつけてしまう祐介だった。

 養父母の孝信(益岡徹)と由美子(いしのようこ)は、殺人犯柳瀬光三の息子と知りながら“浅利祐介”として自分を育ててきてくれたのだろうか。「…知ってたの、父さんと母さんは。僕が本当は誰なのかってこと」祐介が事件の核心に触れてしまうことを最も恐れていた2人だが、少しずつ、重たい口を開く。

 祐介を養子として我が子に迎え入れたときから、2人は気づいていたのだ。しかし、殺したいほど柳瀬を憎みながら、愛しい息子として”光男”を胸に抱き、罪と知りながら真実から目を背ける決断をしていたのだった。

祐介としての30年が音を立てて崩れ去ろうとしていた…

 祐介が次に向き合わなければならないのは…愛してしまった実の妹―礼菜(谷村美月)だった。

実の父親が真犯人であることすら伝えることができずにいるなか、さらなる秘密を打ち明けねばならない祐介は、意を決して礼菜と対峙する。祐介と二人で生きていきたい、初めて人を好きになったとまで話していた礼菜だが、祐介の告白に言葉を失う。

「君の目の前にいる僕が、柳瀬光男だったんだ」

第1話 2018年2月3日「私は一体何者なのか沈黙の死刑囚と真実」
第2話 2018年2月10日「冤罪?愛する家族に背を向け死刑囚の無実を信じるのか?葛藤する祐介」
第3話 2018年2月17日「無罪の証明…死刑囚の故郷へ死刑と引き換えに隠したかった秘密とは?」
第4話 2018年2月24日「祐介が暴いた真犯人の正体!なお沈黙を貫く死刑囚の秘密…衝撃急展開」
第5話 2018年3月3日「私は…一体何者なのだ!自分自身との対峙…祐介を待ち受ける苦難の道」
第7話 2018年3月17日「再蕃は望みません…死刑囚の悲壮なる決意。そして死刑執行の時が迫る」

家族の旅路 家族を殺された男と殺した男 TOPへ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索