2017年12月02日

先に生まれただけの僕 第9話

ストーリー #09「学校改革最大のピンチ!それは人生最大のピンチとともに」2017/12/9

バスケ部に所属する生徒の保護者たちが怒っていると顧問である河原崎(池田鉄洋)から聞かされた鳴海(櫻井翔)。

その理由は、部活強化のために雇ったバスケ部コーチ・熱川(松田悟志)が遠征試合を組み、保護者の負担する費用があまりに高額だった為であった。熱川から遠征試合について何も聞かされていなかった河原崎は、彼に怒りをぶつけ、それに対し熱川は、遠征はバスケ部を強くするために必要だと主張。板挟みになった鳴海は困惑する。

職員会議では、来年度の入学試験のことが議題に挙がる。来年度の生徒を目標数獲得するには、1000人程度の受験生に個別相談に来てもらう必要があることを知り、鳴海は驚愕。“すべり止め”校である京明館が、どうすれば受験生を増やし、目標の入学者数を確保できるか、教師たちはアイデアを出し合う。

一方、鳴海と聡子の関係はさらにすれ違いを生み、二人の関係に悩む聡子(多部未華子)は、仕事でミスを犯してしまう。また、聡子の思いに気付かない鳴海は、ちひろ(蒼井優)に対し、聡子に指輪をどのようにして渡せばいいかを相談。相談を受けたちひろは複雑な思いを抱く。

第1話 2017年10月14日「未来を生きる子供たちのために教師は何を教えるべきか?サラリーマン校長の仰天学校改革!?」
第2話 2017年10月21日「スクールカースト!不登校!教師の反乱!サラリーマン校長逆襲なるか?」
第3話 2017年10月28日「デジタル万引はなぜいけない?若き校長の本気が遂に高校を変え始める?!」
第4話 2017年11月4日「校長、怒涛のロングスピーチ!改革から取り残された三年生のみんなへ!」
第5話 2017年11月11日「ボクらの未来、ボクらが創る!変わり始めた学校!誇りと熱意、涙の結晶」
第6話 2017年11月18日「プライド」
第7話 2017年11月25日「わたし幸せになります!成績トップ女子生徒の結婚宣言に職員室は大紛糾」
第8話 2017年12月2日「勉強より大切なこと。夢のためにボクは学校をやめます!」
最終話 2017年12月16日「さよなら校長先生!僕が伝えたかった最後の言葉」

先に生まれただけの僕 TOPへ
各話視聴率へ
2017年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2017年秋ドラマ視聴率一覧へ

『先に生まれただけの僕 第9話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2017年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索