2017年11月30日

オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜 第1話

EPISODE 1「BBC初リメイク1人7役!自殺した女の顔は自分と瓜二つ」2017.12.02 O.A

 施設育ちのシングルマザー・青山沙羅(知英)は協調性もなく、こらえることも苦手な性分。仕事も長続きせず、一人娘の萌絵(庄野凜)を養母の冴子(麻生祐未)に半ば取り上げられ、孤独な日々を送っていた。

 「お金さえあれば、一緒に暮らせるのに・・」

 そんなある日、駅のホームでひとりの女性に出会う。女性は沙羅と同じ顔をしていた。衝撃を受ける沙羅。が、次の瞬間、女性は疲れた顔でホームに飛び込んでしまう。周囲にいた人々が騒がしくなる中、沙羅は衝動的に自殺した女性が残したバッグをつかみ、その場を立ち去る。バッグの中にあった運転免許証を見る沙羅。自殺した女の名前は椎名真緒子(知英)。そして、バッグには携帯と、鍵が入っていた……

 沙羅は養護施設から一緒に引き取られた弟・薫(西銘駿)に、自分の身に起こった不思議な出来事を話し、薫の制止を無視して真緒子の家に向かった。真緒子の家は、横浜の高級住宅街にあった。同じ顔なのに、自分と違い幸せそのものの真緒子の生活に悔しさが募る沙羅。部屋にあった真緒子の写真には、恋人らしき男性と写ったものが。なぜ自殺を?沙羅はそんな疑問を抱く。やがて沙羅は、部屋の中から預金額750万円と記された通帳を発見。この金を自分のものにすれば、萌絵や薫と新しい生活を始められる!そんな時ネットニュースで自殺した真緒子の身元が不明のままであることが判明。「…薫。私、いいこと考えちゃった」…真緒子と入れ替わることを思いついたのだ。

 真緒子になりすまし銀行に向かう沙羅。しかし、そこで不意に強面の男に車に連れ込まれる。何が何だか分からず逃げようとする沙羅に男がいい加減にしろと叫ぶ。男の名は金城(岡田浩暉)。真緒子の同僚で刑事だった。刑事の振りなんて出来るわけがない。作戦を中止しようと薫に電話する沙羅だったが、その頃、薫はすでに沙羅の死亡届を受け取ってしまっていた。

 真緒子の振りを続けざるを得なくなる沙羅。 とにかく、銀行で750万円を下ろすまで。下ろしたらすぐに萌絵と薫と三人でこの町 から逃げ出す。薫とそう約束する沙羅。 ところが、その晩。海外出張に行っているはずの真緒子の婚約者・岩城槙雄(山崎育三郎)が突然帰って来る。「何か、いつもと違う……」槙雄が不審げに沙羅を見る。追い詰められた沙羅は……!?

第2話 2017年12月9日「危険ななりすまし…狙われた命。同じ顔の女と謎の追跡者の影」

オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜 TOPへ
2017年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2017年秋ドラマ視聴率一覧へ

『オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2017年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索