2017年09月17日

オトナ高校 TOP

『オトナ高校』は、2017年10月14日から同年12月9日まで、テレビ朝日系の「土曜ナイトドラマ」枠(毎週土曜23:05 - 23:59に)で放送された。全8話。主演は三浦春馬。


概要
テレビ朝日に新設された「土曜ナイトドラマ」枠の第1弾。三浦春馬が東大卒のトップバンク行員というエリートでありながら、30歳でいまだ童貞の荒川英人を演じる。

物語の舞台となるのは、少子化対策のために政府が打ち立てた、第2義務教育法案に基づく公的教育機関「オトナ高校」。そこに、有無を言わせず入学させられた異性と性体験のない30歳以上の男女たちが、童貞・処女の卒業を目指して恋愛を学んでいく。


ストーリー 
2017年秋。トップバンクで将来を嘱望されるエリート行員・荒川英人(三浦春馬)は、見知らぬ男からピンクの書状を渡される。日本で第2義務教育法案がまとまり、公的教育機関「オトナ高校」が設立されたというのだ。英人が手にしたのは、まさにその入学召喚状だった。

「オトナ高校」は、性経験のない30歳以上の男女を入学させ、本当のオトナになるための英才教育を受けさせる学校。英人はその容姿やスペックからは想像もできない、“チェリート”だった。

入学を断固拒否しようとする英人だが、入学を拒否すれば逮捕、服役等の罰則があるという。そこで英人は、入学期日までに卒業条件である“童貞卒業”を達成しようと画策する。


キャスト
オトナ高校 生徒
荒川 英人〈30〉
演 - 三浦春馬
本作の主人公。ヤマト銀行国際部の社員。山形県出身。東京大学卒業生。
トップバンクの行員のエリートでありながら童貞であるということから「チェリート」というあだ名をつけられてしまう。幼少期のあだ名は「どすこい君」。

権田 勘助〈55〉
演 - 高橋克実
あだ名は「サショー」。ヤマト銀行国際部の部長。早稲田大学卒業生。
第4話でEDとカルロスの前で告白。

斑 益美〈35〉
演 - 山田真歩
あだ名は「ヒミコ」。引きこもりのオタク。

川本・カルロス・有〈33〉
演 - 夕輝壽太
あだ名は「ヤルデンテ」。弁当店「かわもと」の店長。第4話でゲイだと判明。また遥香に対して英人の悪い噂を流した。

園部 真希〈32〉
演 - 黒木メイサ
あだ名は「スペア」。商社「須佐能商事」のキャリアウーマン。一橋大学卒業生。
恋に不器用で常に「2番目の女」に甘んじてしまう。上司と不倫中。

オトナ高校 教師
山田 翔馬〈25〉
演 - 竜星涼
担任。毒舌のスパルタ教師。キラキラネームの読みは「ペガサス」。5人の子持ち。妻は1年前に死亡。男手一つで5人の子供を育てている。「スナックペガサス」の店主(第6話)。

姫谷 さくら〈24〉
演 - 松井愛莉
副担任。性経験において百戦錬磨の「エロ小悪魔教師」。「ヤマト銀行」系列会社の社員。

嘉数 喜一郎〈53〉
演 - 杉本哲太
「校長」兼「内閣府特別政務官」。

持田 守〈45〉
演 - 正名僕蔵
副担任。不細工ながら美女と結婚し、5人の愛人を持つ。

ヤマト銀行
伊藤 奈緒
演 - 長見玲亜
ヤマト銀行国際部の社員。

木村 麻実
演 - 氏家恵
ヤマト銀行国際部の社員。

その他
白鳥 光一
演 - 橋洋(第2話 - )
須佐能商事の社員。園部真希の不倫相手の上司。

西野 小春
演 - 逢沢りな
姫谷さくらの友人。

二階堂 健吉
演 - 緋田康人
開央電機の専務。

ゲスト
第1話
和田島 正臣
演 - 小手伸也
あだ名は「パーフェクト」。オトナ高校の生徒。

山崎 亜里沙
演 - 小松彩夏
合コンパーティーの参加者。銀行員。

安堂 知里
演 - 奥平フミ
合コンパーティーの参加者。

第2話
麗香
演 - 渡辺舞
代議士の娘。

第3話
中山 遥香
演 - 松井玲奈
荒川英人の幼馴染でグループデートの相手。

詠美
演 - Erina
権田勘助のグループデートの相手。

静流
演 - 二宮郁
川本のグループデートの相手。

片村 渚
演 - 宇佐美奈穂
ソフトボール日本代表。

第4話
岩清水 叶
演 - 城田優(第5話)
あだ名は「王子」。総理大臣の息子。オトナ高校の転校生。

第6話

演 - 和泉ちぬ
斑益美の母。

山田 心人(やまだ ハート)
演 - 木村皐誠
山田翔馬の子供。6歳。

山田 緑輝(やまだ サファイア)
演 - 築地ひより
山田翔馬の子供。5歳。

山田 愛冠(やまだ ティアラ)
演 - 稟華
山田翔馬の子供。4歳。

山田 微笑(やまだ モナリザ)
演 - 高野心
山田翔馬の子供。3歳。

山田 皇帝(やまだ シーザー)
演 - 加藤斗真
山田翔馬の子供。2歳。

警察官
演 - 高橋優
オトナ高校の警備にやって来た警察官。冒頭でオトナ高校の写真を撮ろうとする野次馬を追い返す。

スタッフ
脚本 - 橋本裕志
音楽 - 金子隆博
演出 - 瑠東東一郎、山本大輔 、樹下直美
ゼネラルプロデューサー - 三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー - 貴島彩理(テレビ朝日) 、松野千鶴子(アズバーズ)
制作協力 - アズバーズ
制作著作 - テレビ朝日

主題歌 - 高橋優「ルポルタージュ」


各話あらすじ(2017.10.14 - 12.9)全8話 平均視聴率 3.33%
第1話 2017年10月14日「童貞卒業したら即卒業!?-恋せよオトナ!衝撃学園ドラマ開幕!」 視聴率 5.4%
 2017年秋。東大出身のエリート銀行員・英人(三浦春馬)は、内閣府の嘉数(杉本哲太)から突如「オトナ高校」への入学を命じられる。それは、深刻な少子化問題に歯止めをかけるための公的機関で、対象者は性経験のない30歳以上の男女。入学を拒否すれば逮捕、服役等の罰則があると知った英人は、入学期日までに‘童貞’を卒業しようと決意。仕事で付き合いのある調査会社の社員・さくら(松井愛莉)をデートに誘うが…。

第2話 2017年10月21日「東大卒エリート童貞vs都合のいい処女!地獄の学園ライフ卒業か!?」※「フィギュアスケートISUグランプリシリーズロシア大会」放送の為36分繰り下げ(23:41 - 翌0:35)。 視聴率 3.6%
 英人(三浦春馬)らが受けた「オトナ偏差値テスト」で最低得点の真希(黒木メイサ)は、やり手のキャリアウーマンだが、実態は常に2番目の女で、現在も既婚の上司・白鳥(高橋洋)に好意を抱いている。一方、スポーツ交流の授業が行われた。運動が苦手な英人は理由を付けて見学に回るが、周囲の視線は冷たい。そんな折、真希が体調不良に。英人は保健室に付き添い、優しさをアピールするが、逆にストーカー呼ばわりされる。

第3話 2017年10月28日「動物園の中心で童貞を叫ぶ!?エリート童貞、18年越しの絶叫キス」 視聴率 2.5%
 卒業をもくろみ、うその報告をした英人(三浦春馬)と真希(黒木メイサ)には罰則が科せられる。そんな中、授業で「恋人代行サービス」の体験実習が行われる。写真と自己PRをインターネットのサイトに登録し、指名してきた相手と‘手つなぎデート’するというものだ。英人は権田(高橋克実)、川本(夕輝壽太)とグループデートに臨むが、現れたOL3人組の中の遥香(松井玲奈)は、山形の田舎町で育った英人の小学校の同級生で…。

※2017年11月4日は「MBC日本シリーズ第6戦・ソフトバンク×DeNA(18:30 - 21:54)放送延長のため、休止。

第4話 2017年11月11日「性を学ぶ地獄合宿!?急展開の混浴パニック&童貞部長の衝撃告白!」 視聴率 3.4%
 メールの偽情報や靴箱のメモから、英人(三浦春馬)は何者かが自分の‘卒業’を邪魔していると気付く。そんな中、学習成果の上がらない生徒たちを見かねた学校側が、土日に「合宿研修旅行」を行うと発表。反発する英人たちだが、川本(夕輝壽太)に促され、全員で参加することが決まる。1日目は、オトナ高校ならではの社会科見学、家庭科研修に続き、ペアでのオリエンテーリング。英人は真希(黒木メイサ)と組むことになる。

第5話 2017年11月18日「総理の息子が新入生!?学級崩壊が生んだ男の約束!恋か?友情か?」 視聴率 2.5%
 新入生の岩清水(城田優)は、総理大臣の息子だ。校長の嘉数(杉本哲太)は職員を前に、彼を‘卒業’させることが最大の使命だと宣言する。一方、真希(黒木メイサ)とさくら(松井愛莉)は、親の七光りでやりたい放題の岩清水を巡って火花を散らし、英人(三浦春馬)と権田(高橋克実)は偶然、彼が初恋の相手を思い続けていることを知る。そんな中、英人はさくらから、岩清水の卒業作戦に協力すれば、英人の卒業にも力を貸すと提案される。

第6話 2017年11月25日「まさかの個人情報流出?こじらせエリート、ドロドロ四角関係に!」 視聴率 3.5%
 総理の息子のインターネットへの投稿により、英人(三浦春馬)と権田(高橋克実)が「オトナ高校」の生徒であることが露見する。学校側はしばらくの間、学級閉鎖を決定。英人らは肩を落とすが、世間や職場の女性たちの反応は想定外だった。そんな中、英人と真希(黒木メイサ)は、翔馬(竜星涼)に同行して益美(山田真歩)を家庭訪問。その後、さくら(松井愛莉)と川本(夕輝壽太)も加わり、翔馬の子ども5人を相手に「子育て実習」に臨む。

第7話 2017年12月2日「ついに最終章!珍同棲スタートで卒業か!?ドロドロ四角関係に!」 視聴率 3.1%
 英人(三浦春馬)は真希(黒木メイサ)に初告白するが、返事は月曜日まで待ってほしいと言われてしまう。月曜日は英人らの米ニューヨーク出張の出発日だった。土曜日、さくら(松井愛莉)から日曜夜に食事しようと誘われた英人は、‘卒業’の相手はさくらしかいないと、レストランを予約。その直後、真希からも同様のメールが届く。後のない英人は、真希の誘いにも乗り、2軒のレストランを行き来しながら必死でアピールするが…。

最終話 2017年12月9日「ついに卒業!?周回遅れの青春ドラマ、感動のクライマックス!」 視聴率 2.6%
 英人(三浦春馬)は真希(黒木メイサ)と初同棲、さくら(松井愛莉)と初キスを体験するが、その後は何の進展もない。一方、‘卒業’実績不足の責任を取って、担任の翔馬(竜星涼)の退任が決定する。しかし、英人は翔馬の退任を阻止するため「全員で卒業しよう」と呼び掛ける。あきれる真希は「しばらく距離を置きたい」と出て行ってしまうが、それにもめげず、英人は外部から人を招いて「お見合いパーティー」を開こうと提案して…。


番組公式サイト
オトナ高校 - Wikipedia
タグ:オトナ高校

『オトナ高校 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
50音検索