2017年06月26日

さぼリーマン甘太朗 TOP

「さぼリーマン甘太朗」は、2017年7月13日から、テレビ東京系で木ドラ25枠(毎週木曜 25:00〜25:30)で放送中。主演は尾上松也。


概要
深夜ドラマ枠「木ドラ25」第2弾は、人気コミック「中間管理録トネガワ」(講談社)の原作・萩原天晴、作画・アビディ井上の異色グルメ漫画「さぼリーマン 飴谷甘太朗」を、連続ドラマ化する。

主人公の飴谷甘太朗を演じるのは、連ドラ初主演の歌舞伎俳優・尾上松也。老舗の甘味処から話題の名店まで、作中で甘太朗が訪れるのは全て実在のお店。また、VFXを使用して描き出される、スイーツを堪能する甘太朗のエキセントリックな脳内イメージにも注目。甘太朗と共に働く社員役には、石川恋、皆川猿時が扮する。


キャスト
尾上松也
飴谷甘太朗 役
「吉朝出版」で営業マンとして勤務する独身の眼鏡イケメン。仕事を完璧にこなし周囲の信頼も厚いが、「仕事をサボってスイーツを食べている」という秘密をひた隠しにしている。

石川恋
土橋香奈子 役
「吉朝出版」の販売営業部に勤務する、ミステリアスな若手営業ウーマン。何かと甘太朗を敵視する。

皆川猿時
三宅徹 役
「吉朝出版」の販売営業部部長。スパルタで、とにかくアツい男。

スタッフ
原作:原作:萩原天晴/漫画:アビディ井上「さぼリーマン 飴谷甘太朗」(講談社)
脚本:村上大樹、足立紳、山口智之、酒井善史
監督:守屋健太郎、石田雄介、高島夏来、
プロデューサー:大和健太郎、渡邊愛美、坂井正徳

エンディング:アイスクリーム/イトヲカシ


各話あらすじ
第1話 2017年7月13日「あんみつ」
 出版社の営業部で働くことになった、飴谷甘太朗(尾上松也)。彼には、周囲には明かせない秘密が。それは、仕事をサボって甘味巡りをすること!そうして堪能したスイーツを自身のブログ、『甘ブロ』にアップするのが日課である。あらゆる甘味を味わい尽くすべく、甘太朗は外回りに出向くのであった。極上の甘味を味わった瞬間、甘太朗の甘美なる妄想があふれ出す…!人形町の「白玉小倉あんみつ」を食べた甘太朗は蜜に包まれる!?

第2話 2017年7月20日「かき氷」
 吉朝出版販売営業部で働く飴谷甘太朗(尾上松也)の秘密は、仕事をサボって甘味巡りをすること。堪能したスイーツを自身のブログ『甘ブロ』に更新するのが日課。猛暑の中、スーツ姿で外回りへと向かう甘太朗。クールな表情に見えるがその下にはヒートテックを着込んでいた!極限まで自分をいじめ抜くその理由はただ一つ…最高の状態で「かき氷」を食べるため!今しか味わえない絶品「かき氷」とは果たして。いざ、甘味の園へ!

第3話 2017年7月27日「豆かん」
 吉朝出版販売営業部で働く飴谷甘太朗(尾上松也)の秘密は仕事をサボって甘味巡りをすること。堪能した甘味を自身のブログ『甘ブロ』に更新するのが日課。ある日、甘太朗の同僚・土橋(石川恋)は、『甘ブロ』の管理人が甘太朗なのではないかと疑惑をもつ。そんな中、一日に3店舗の豆かんを食べつくす『豆かんトライアスロン』のチャンスが甘太朗に訪れる!甘太朗は土橋の追及を逃れ無事に3つの豆かんを食べることができるのか!?

第4話 2017年8月3日「パフェ」
 出版社で働く営業マン、飴谷甘太朗(尾上松也)の最大の秘密は、仕事をさぼって甘味巡りをすること。そんな彼と同じ販売営業部のエースである財部(健太郎)は、入社したばかりの甘太朗に成績トップの座を奪われてしまう。甘太朗の弱みを握ろうと忍び寄る財部。しかし甘太朗はそんなことはつゆ知らず、手早く仕事を終わらせて新宿の「パフェ」を目指す。果たして甘太朗は無事に季節限定スイーツを堪能できるのか…?

第5話 2017年8月10日「ホットケーキ」
 吉朝出版で働く飴谷甘太朗(尾上松也)の秘密は、仕事をさぼって甘味巡りをすること。そして堪能したスイーツを自身のブログ『甘ブロ』にアップするのが日課である。ある日、甘太朗は営業部長・三宅(皆川猿時)の命令により新人、五ヶ瀬(八木将康)の面倒を見ることに。貴重なスイーツタイムが妨害されるのを何としてでも避けたい甘太朗。果たして甘太朗は五ヶ瀬を振り切り無事に浅草の「ホットケーキ」を味わえるのか!?

第6話 2017年8月17日「抹茶ババロア」
 吉朝出版で働く飴谷甘太朗(尾上松也)の日課は、大好きな甘味を堪能し、自身のブログ「甘ブロ」にアップすること。ある日「甘ブロ」に『“和スイーツ”は和菓子なのか?洋菓子なのか?』という質問が寄せられ、その答えは神楽坂の「抹茶ババロア」にあると確信し、外回りへ向かう。しかし、漫画家の松沢(中村靖日)が取材をしたいと甘太朗の前に立ちはだかる。果たして甘太朗は“和スイーツ”の答えにたどり着くことができるのか!

第7話 2017年8月24日「サバラン」
 吉朝出版で働く飴谷甘太朗(尾上松也)の秘密は、仕事をさぼって甘味巡りをすること。彼の同僚・土橋香奈子(石川恋)は、三宅部長(皆川猿時)から新規開拓のため一緒に書店回りをするよう命じられる。気が乗らない土橋だったが、行き先がお目当てのカフェのある横浜と知り、二つ返事でついていくことに。業務の一部と言い喫茶店に立ち寄る二人。そこで「サバラン」を食べた土橋は、部長と共に甘味の妄想世界へと引き込まれてしまう!?



番組公式サイト

『さぼリーマン甘太朗 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

さぼリーマン甘太朗 (第1話・2017/7/13) 感想
Excerpt: テレビ東京系・木ドラ25『さぼリーマン甘太朗』(公式) 第1話『あんみつ』の感想。 なお、原作の原作:萩原天晴/漫画:アビディ井上「さぼリーマン 飴谷甘太朗」(講談社)は未読。..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2017-07-14 09:57

さぼリーマン甘太朗 (第2話・2017/7/20) 感想
Excerpt: テレビ東京系・木ドラ25『さぼリーマン甘太朗』(公式) 第2話『かき氷』の感想。 なお、原作の原作:萩原天晴/漫画:アビディ井上「さぼリーマン 飴谷甘太朗」(講談社)は未読。 ..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2017-07-21 07:37

さぼリーマン甘太朗 (第3話・2017/7/27) 感想
Excerpt: テレビ東京系・木ドラ25『さぼリーマン甘太朗』(公式) 第3話『豆かん』の感想。 なお、原作の原作:萩原天晴/漫画:アビディ井上「さぼリーマン 飴谷甘太朗」(講談社)は未読。 ..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2017-07-28 05:57

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
50音検索