2017年06月26日

刑事7人 第3シリーズ TOP

『刑事7人』(けいじしちにん)は、テレビ朝日系の「水曜21時」枠(毎週水曜日21:00 - 21:54)で放送されている刑事ドラマシリーズ。東山紀之は同枠の連続ドラマでは初主演となる。

第1シリーズが2015年7月15日 - 9月9日に放送され、第2シリーズが2016年7月13日 - 9月14日に放送、2017年7月12日から同年9月13日まで第3シリーズが放送された。


概要
2015年、16年の7月に第1、第2シリーズが放送され、好評を博した刑事ドラマの第3弾。東山紀之演じる主人公・天樹悠をはじめとした7人の刑事が、目まぐるしく進化を遂げる“東京臨海エリア”を舞台に、より難解な事件に立ち向かっていく。

天樹は東京臨海エリアを専門に捜査する新たな別働隊「第11方面本部準備室」に所属し、複雑化、多様化、そして国際化する凶悪犯罪に挑むことになる。

また、12年前に事故死したとされていた天樹の妻子の死の真相も、今シリーズでついに明かされることに。一筋縄ではいかない最強の敵を前にして、天樹らは仕事としての正義を超えた領域にまで足を踏み入れ、暴走していく。


ストーリー 
警視庁で政治的手腕を発揮する片桐正敏(吉田鋼太郎)が室長となり、犯罪が激増する東京臨海エリアを専従捜査する最強の別動隊「第11方面本部準備室」が発足。

警視庁機動捜査隊の刑事・天樹悠(東山紀之)をはじめ、警視庁捜査一課12係に所属する沙村康介(高嶋政宏)、水田環(倉科カナ)、青山新(塚本高史)、未来犯罪予測センターの山下巧(片岡愛之助)、法医学教室教授・堂本俊太郎(北大路欣也)が集められ、有能な精鋭7人が再び一つになる。

そんな中、臨海エリアの倉庫で銃声が聞こえた後、4人の遺体が見つかり…。


キャスト
東山紀之
天樹悠 役
警視庁遺失物センター、警視庁捜査一課12係を経て、警視庁機動捜査隊に配属される。捜査能力が非常に高く、容疑者に同情することなくひたすら真実を追究する捜査官。12年前に妻と子を事故で亡くしており、その時に深い傷を負っている。

高嶋政宏
沙村康介 役
警視庁捜査一課12係に引き続き、新設された第11方面本部準備室の捜査の指揮を務める。個性の強く暴走しがちなメンバーに葛藤しつつも、最終的には自分が責任を取るという気概でギリギリの捜査にも力を貸す正義感の持ち主。

片岡愛之助
山下巧 役
第11方面本部準備室のメンバー。サイバーセキュリティー対策に関しては警視庁随一の能力の持ち主。その実力故に、傲慢な性格が災いして、閑職に左遷されていた。正義感が強いが、己の実力が正しく評価されないことを不満にも思っている。

倉科カナ
水田環 役
警視庁捜査一課12係の刑事で、第11方面本部準備室のメンバー。帰国子女。潔癖な正義感を持ち、臨海エリアに巣食う巨悪に対する天樹たちの捜査方法が一線を越え始め、仲間たちと対立していく。

塚本高史
青山新 役
警視庁捜査一課12係の刑事で第11方面本部準備室のメンバー。かつてはかなりのワルで、警察官にならなければ犯罪者になっていたかもしれない男。臨海エリアにはワル時代の仲間がおり、その情報が天樹たちの捜査に大きな力となっていく。

吉田鋼太郎
片桐正敏 役
第11方面本部準備室室長。臨海エリアに戦後より巣食う巨悪を倒すため、かつての部下であった天樹らを再び招集し、最強の別働隊を設立した。警察内部での権力闘争や犯罪者との司法取引など、目的の完遂のためには手段を選ばない。

北大路欣也
堂本俊太郎 役
東都大学医学部の法医学教室教授で第11方面本部準備室のメンバー。12年前に事故死した天樹の妻・清の父でもある。清の司法解剖を担当し、その時にある重大な秘密が残っていたが、それを天樹に言えずにいる。

ゲスト
第1話「開戦」
桜田 春樹(元警視庁警備部第三機動隊 巡査部長・天樹悠の先輩で元相棒) - 横田栄司
丸山 政男(警視庁臨海警察署刑事課 刑事) - 小林隆
中林 輝元(シマノ化学第一工業 社長) - 斉藤陽一郎
新沼 孝(警視庁臨海警察署 署長) - 長谷川公彦
西島 伸樹(シマノ化学第一工業 社員) - 合田賢治
桜田の住んでいた団地の管理人 - 竹本純平
シマノ化学第一工業 社員 - 仲城煎時[82]
警視庁臨海警察署 鑑識員 - 小井土一章
和木(元刑事・桜田の相棒だったが襲撃され退官) - 和木亜央[83]
冒頭の強盗事件の逃亡犯 - 白井雅士
冒頭の強盗事件の逃亡犯 - 浜田大介
野本 浩司(シマノ化学第一工業 社員) - 保科光志
紀藤 和成(臨海クリーンサービス 社員) - 宮田博一
小泉 竜二(弁当宅配業者) - 赤池高行
桜田(桜田の妻・自宅の火災で死亡) - 箭内恵理子

第2話「最愛」
四谷 貴子(あすなろ介護相談センター 所長) - 筒井真理子
藍田 浩之(IT企業「ソーシャル・レーン」CEO) - 合田雅吏
五頭 伸治(東京拘置所 死刑囚) - 内野智
小川 零士(元アナーキスト・仙波法務大臣邸を占拠した4人のテロリストの1人) - 重松収
浜浦 文太(元暴力団員・仙波法務大臣邸を占拠した4人のテロリストの1人) - 吉澤健
広瀬 文子(元化学研究員・仙波法務大臣邸を占拠した4人のテロリストの1人) - 吉本選江
小野田 良夫(元エースエンジニア・仙波法務大臣邸を占拠した4人のテロリストの1人) - 一本気伸吾
仙波 清(第2次田中内閣 法務大臣・心臓に持病を抱えている) - 小須田康人
仙波 好江(清の妻) - 辻沢杏子
野村 修一(法務大臣邸 警戒員・巡査) - 松尾英太郎[84]
横光 利夫(IT企業「ソーシャル・レーン」元CEO・藍田の元共同経営者・3年前殺害) - 藤田信[85]
あすなろ介護相談センター 所員 - 田中里衣
「熟女再生工場」店長 - 河野直樹
組織の男(3年前 五頭を尾行) - 河野マサユキ

第3話「慈愛」
佐々木 奈月(真人の母・クリーニング店員) - 紺野まひる
大友 勝正(勝海警察署地域課 巡査部長・1週間後定年) - 梨本謙次郎
北川 誠一郎(大臣) - 橋爪淳[86]
工藤 正彦(第2の被害者・クドウ文具店 店主) - 須藤公一
岡部 省吾(第3の被害者・塾講師) - 安居剣一郎
小川 紗絵(第1の被害者・女子高生) - 内田愛[87]
武田 文雄(東京都教育委員会 学校支援係) - 真砂京之介
西本 雅也(第5の被害者・民友党 都議会議員) - 中倉健太郎
米沢 郁恵(私立国修院学園 学長) - 小野沢智子
金井 真由美(第4の被害者・池尻第一中学校 英語教師) - 辻本瑞貴
佐々木 真人(私立国修院学園中等部 元生徒・2年前 飛び降り自殺) - 設楽銀河[88]
北川 史也(北川の息子・真人をいじめていた同級生) - 寺井大治[89]
石川(西本雅也事務所 事務員) - 古川康[90]
山辺(勝海警察署 警察官・大友の同僚) - 石塚良博
北陽大病院 看護師 - 佐々木絵梨花[91]
大竹 静香(池尻第一中学校 バスケ部顧問) - 鈴木アメリ
北川の秘書 - 橋本拓也[92]
北陽大病院 医師 - 猪又太一
タクシードライバー - 恵有一

第4話「死味」
吉原 浩作(川上の元家庭教師・湾岸区役所職員) - 尾美としのり(17歳:大地伸永[93])
入川 裕二(先進工学研究センター 教授・産学連携のプロジェクトチームのリーダー) - 新井康弘
川上 勇人(先進工学研究センター 研究員・産学連携のプロジェクトチームのロボット技術の開発者) - 沖田裕樹[94]
川上 しのぶ(川上の妻) - 得田舞美
先進工学研究センター 研究員 - 諌山幸治
似顔絵捜査官 - 田中光[95]
西田 勝男(バー店員) - 吉川勝雄
救急隊員 - 田中智也
吉原(吉原の妻) - 白川朝海[96]
吉原(吉原の娘) - 石井友奈

第5話「追想」
馬場 節子(12年前に稲留が住んでいたアパートの近所の老女・視覚障害者) - 草村礼子
稲留 純一(12年前に火災事故で死んだはずの男・偽名「田中一郎」) - 綾田俊樹
福田 英明(帝耀地所 都市開発部 部長) - 石橋保
井上 浩史(帝耀地所 常務) - 並樹史朗
馬場 研治(節子の夫) - 大月秀幸
三好(安全安心ステーション スタッフ) - 鈴木一功
有川 陽子(東京都収用委員会 委員・弁護士・福田の愛人) - 大村彩子
吉岡(稲留が田中として働いていた職場の同僚) - 潟山セイキ
太田 聡(帝耀地所 顧問弁護士) - 松澤仁晶
喫茶店店員 - 西慶子
交番巡査(警視庁第11方面本部準備室に公園に捨てられていた携帯を届ける) - 川崎誠一郎
鑑識 - 片山謳歌[97]
研究員 - 太田順子
冒頭の警察官 - 知久継道[98]
少年 - 井ノ本尚汰[99]
少年 - 小島悠[99]
少年 - 関野龍[99]
久喜鉄平のケバブ屋の客 - コア寺松[100]
久喜鉄平のケバブ屋の客 - 渥美颯[101]

第6話「家路」
工藤 優樹(洋菓子屋店員・12年前の天樹清の不倫相手) - 黄川田将也[102][注 4]
楠城 誠也[注 5](チェロ奏者) - 唐橋充
牛島 繁利(建築現場作業員・マリンサイドスクエア改装崩落事故の証言者) - やべけんじ
古着販売店の店員(3年前 稲場愛香と古着販売店を開く) - 志田友美[103]
建築現場作業員 - 栗原寛孝
バーの歌手 - Choco[104]
警察官 - 渡部遼介
菅谷 美也子(ケバブ屋・久喜鉄平の恋人) - 和田麻菜[105]
楠城のマンションのコンシエルジュ - 那波隆史
金沢 由香(2005年7月25日失踪・ショートボブの女) - 幸野ゆりあ[106]
所轄刑事A - 田尻宰[107]
宮本あかりのストーカー - 玉置康二
稲場 愛香(2014年10月13日失踪・ショートボブの女) - 杉本知佳[108]

第7話「因縁」
川添 雄二(舞台「因縁」のオーディションを受けに来た男) - 北見敏之
泉 千穂(「シャインエージェント」所属女優・舞台「IKIRU」主演〈富樫弘美の代役〉・本名「下村秋絵」) - 青山倫子[109](中学生:池田朱那)
笹本 豊(辰川不動産 社員・弘美の元ストーカー) - 比留間由哲[110]
富樫 栄子(弘美の母) - 片桐夕子
下村 早苗(秋絵の母・「Flower shop 下村」店主) - 松井紀美江(若い頃:松橋純子[111])
富樫 弘美(舞台女優・舞台「IKIRU」主演・7年前に失踪し白骨死体で発見される) - 菅井玲[112]
岩瀬 厚一郎(舞台「IKIRU」スタッフ) - 石川禅
川添のアパート管理人 - 十貫寺梅軒
山路(辰川不動産 社員) - 山崎潤
篠原(「シャインエージェント」社員) - 田崎トシミ
舞台「因縁」演出家 - 奈良坂篤
居酒屋店員 - 海斗
歯科技工士会 職員 - 松尾竜兵
アクセサリー店員 - 住松侑佳[113]
「シャインエージェント」所属女優 - 宮崎杏樹
辰川不動産 社員 - 東エリナ[114]

第8話「悪女」
原 咲希(個人投資家) - 矢田亜希子
伊藤 真理子(「SAマーケティング」社長) - 山口香緒里
上戸 礼子(「SAマーケティング」社員) - 佐藤康恵
森谷 桃子 - 吉澤智美
井村 遼(咲希の婚約者) - 斉藤佑介

スタッフ
脚本 - 尾西兼一(第1・2シリーズ) / 坂田義和(第1シリーズ)、徳永富彦(第1シリーズ) / 田中孝治(第2・3シリーズ) / 福島治子(第2シリーズ) / 大石哲也(第2・3・4シリーズ・スペシャル第1弾・スペシャル第2弾・スペシャル第4弾) / 池上純哉(第1・3シリーズ・スペシャル第3弾) / 伊藤洋子(第1シリーズ・スペシャル第4弾)/ 森下直、山岡潤平、山本むつみ、真部千晶 (第4シリーズ)
音楽 - 吉川清之
監督 - 猪崎宣昭、麻生学、長谷川康 / 伊藤寿浩(第2シリーズ) / 七高剛、高橋浩(第3シリーズ)/兼崎涼介、濱龍也 、匂坂力祥(第4シリーズ)
プロット協力 - 武井彩(第1シリーズ・第6話)
ゼネラルプロデューサー - 松本基弘(テレビ朝日 / 第1シリーズ) / 佐藤凉一(テレビ朝日 / スペシャル第2弾 - 第4弾)、三輪祐見子(テレビ朝日 / スペシャル第2弾 - )
チーフプロデューサー - 佐藤凉一(テレビ朝日 / 第2シリーズ - スペシャル第1弾・第4シリーズ)
プロデューサー
テレビ朝日 - 三輪祐見子(第1シリーズ - スペシャル第1弾)、藤崎絵三(第4シリーズ)
東映 - 横塚孝弘(第1・2シリーズ) / 丸山真哉 / 和佐野健一(第3シリーズ - )
制作 - テレビ朝日、東映


各話あらすじ(2017年7月12日 - 9月13日 )全10話 平均視聴率 11.30%
第1話 25017年7月12日「警視庁最強のスペシャリストたちが帰ってくる…!」※初回15分拡大(21:00 〜 22:09)
 警視庁では片桐(吉田鋼太郎)の主導で、臨海エリアを担当する新たな方面本部の準備室が設置されることになり、12係の沙村(高嶋政宏)や元12係で機動捜査隊の天樹(東山紀之)らが再結集。そんな中、臨海部の倉庫で4人の他殺体が見つかる。現場に駆け付けた天樹はバイクで逃走した人物を追うが、逃げられてしまう。被害者は化学工業会社社員2人と清掃会社社員、自営の弁当業者と判明するが4人の接点は分からない。やがて、容疑者として天樹の以前の相棒で元機動捜査隊員の桜田(横田栄司)が浮上する。

第2話 2017年7月19日「法務大臣邸に爆弾テロ発生!敵の要求は“冤罪の死刑囚"の再審!?」※15分拡大(21:00 〜 22:09)
 介護センターに住む小野田(一本気伸吾)ら老人4人が、法務大臣の仙波(小須田康人)の自邸を占拠。仙波夫妻と介護センター所長・貴子(筒井真理子)を人質にして、東京拘置所の死刑囚69人の死刑執行の中止と再捜査、再審を要求する。捜査に乗り出した天樹(東山紀之)らは、風俗店で働いていた貴子の常連・五頭(内野智)が死刑囚の中にいると突き止める。貴子の関与を疑った天樹たちは、五頭の事件を改めて調べる。

第3話 2017年7月26日「真夜中の吸血鬼殺人事件!失踪した警察官に隠された謎…!」
 首の傷から血を抜かれる傷害事件が連続発生し、4人目の被害者で中学校教師の真由美(辻本瑞貴)が死亡する。堂本(北大路欣也)によると、首の傷口はスタンガンの痕で、そこから注射器で血が抜かれたという。被害者4人に接点は見つからないが、天樹(東山紀之)は被害者の一人で高校生の紗絵(小林里乃)が真由美の写真を見て動揺したことに気付く。そんな中、定年間近の警察官・大友(梨本謙次郎)が容疑者として浮かぶ。

第4話 2017年8月2日「遺体を見て笑う男の正体!?V字の傷痕の謎!!」
 ロボットの研究者・川上(沖田裕樹)が公園で殺された。第一発見者の吉原(尾美としのり)は、天樹(東山紀之)に犯人らしき男を見たと話す。吉原は、知人の川上から助けを求める電話があり、現場に駆け付けたという。捜査が進む中、川上の上司・入川(新井康弘)が容疑者として浮上。一方、川上の遺体にあった小さな刺し傷が気になる天樹が調べると、同じような傷がある変死体事件が過去に4件もあったことが分かる。

第5話 2017年8月9日「殺されたのは“死んだはずの男"!?整形に隠された12年前の真実」
 臨海エリアの再開発に取り残された一角で男性が刺殺される。堂本(北大路欣也)によると、被害者は末期がんを患っていて、顔を整形した痕跡があるという。復元した整形前の顔を顔認証システムにかけると、12年前の火災事故で死亡した男性と一致。天樹(東山紀之)らは、12年前の火災現場の近くに住む盲目の節子(草村礼子)に話を聞く。そんな中、沙村(高嶋政宏)らの捜査で不動産会社部長・福田(石橋保)が容疑者として浮かぶ。

第6話 2017年8月16日「シリーズ最大の謎…12年前の妻子死の衝撃真相!!これは復讐なのか」
 建設現場で作業員の牛島(やべけんじ)が転落死した。天樹(東山紀之)は、牛島が自分の妻と娘が死んだ12年前の事故の証言者だと気付き不審を抱く。堂本(北大路欣也)の検視で、牛島の遺体から毒物が検出され、他殺と判明。調べると、12年前、牛島は口座に大金を入れていた。一方、沙村(高嶋政宏)らは、12年前から臨海エリアで同じ特徴のある女性9人が失踪していると知る。所轄署はなぜか動いておらず、沙村らは捜査を始める。

第7話 2017年8月23日「生き返った白骨死体!?罪を犯しても隠したい“女優の黒いヒミツ"」
 天樹(東山紀之)は、地中から女性の白骨遺体が見つかった建設現場に駆け付ける。被害者は、7年前に失踪した女優志望の弘美と判明。7年前、遺書を残して姿を消した弘美は、自殺したとみなされていた。しかし、弘美が失踪の1週間前に大きな舞台のオーディションで主役を射止めていたことが分かる。弘美の代役には、無名だった女優・千穂が抜てきされていた。一方、天樹らは当時の弘美の交際相手の行方を捜すが…。

第8話 2017年8月30日「無差別殺人VS嘘まみれの女たちの危ない関係」
 天樹(東山紀之)らはパーティー会場で起きた毒殺事件を捜査。会社員の井村(斉藤佑介)が死亡、井村の会社の社長・真理子(山口香織里)と婚約者の投資家・咲希(矢田亜希子)は一命を取り留める。パーティーは井村の昇進を祝うもので、参加者はインターネットのSNSで募ったという。天樹と青山(塚本高史)はSNSから人間関係をたどる中で、事件直後に天樹が擦れ違った女性(佐藤康恵)を発見。彼女は井村の同僚で…。

第9話 2017年9月6日「最終決戦〜死刑囚脱走!!仲間の死衝撃の真実」
 依然として山下(片岡愛之助)の行方が分からない中、天樹(東山紀之)らは臨海エリアの薬物カルテルの摘発に着手。摘発は、山下の失踪にも関与していると思われる臨海エリアの大地主・馬久根(山本學)に対する片桐(吉田鋼太郎)からの宣戦布告だ。そんな中、天樹はMと名乗る人物からURLとパスワードが記された手紙を受け取る。さらに、青山(塚本高史)の情報源だった久喜(米村亮太朗)と彼の身重の妻が惨殺体で見つかる。

最終話 2017年9月13日「最終決戦 今夜、最愛の敵に挑む Mの正体!!」※15分拡大(21:00 〜 22:09)
 室長・片桐(吉田鋼太郎)の独断による指揮の下、馬久根(山本學)を追い詰める天樹(東山紀之)ら「第11方面本部準備室」。監察官・島村(久世星佳)は、その片桐の不透明な動きを暴こうとしていた。そんな中、拉致されて行方不明となっていた山下(片岡愛之助)の監禁場所が明らかになる。一方、馬久根の利権を狙う新勢力として「御厨」という男の存在が浮上する中、天樹や沙村(高嶋政宏)らの眼前で、馬久根が襲われる事件が発生する。

各話視聴率


番組公式サイト
刑事7人 - Wikipedia

『刑事7人 第3シリーズ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(1) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桜庭ななみ・山下リオのダブル主演のドラマ・リミット(テレビ東京のドラマ)を彷彿させる刑事ドラマだと云えます。
刑事7人とリミットが合体した新たなドラマ製作が望まれます。株式会社テレビ朝日・東映株式会社・株式会社テレビ東京・株式会社ビーエス朝日(BS朝日)・株式会社ビーエスジャパン(BS JAPAN)・テレビ朝日各系列局・テレビ東京系列局・日本経済新聞社・朝日新聞社・日刊スポーツ新聞社等が合同で製作委員会を立ち上げて、連続ドラマとして製作して頂く共に映画化も視野に入れて、検討すべきと考えます。
ドラマのタイトルは、刑事7人 リミットとして製作する事が望まれます。
出演者として、刑事7人(東山紀之他)のレギュラー陣とリミット(桜庭ななみ他)のレギュラー陣を各々起用して、本格的にドラマ製作(台本・撮影等)に着手すべきです。
異例とも云えますが、必ず素晴らしい作品になると信じています。
リミットの原作者に原案者(原作者)としてお願いする必要があります。
Posted by 名無しさん at 2017年09月07日 04:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年秋(10- 12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
50音検索