2017年06月27日

警視庁いきもの係 TOP

2017年7月9日より、フジテレビ系列で放送中。放送時間は毎週日曜21:00 - 21:54。主演は渡部篤郎。初回15分拡大。


原作概要
『警視庁いきもの係』(けいしちょういきものがかり)は、大倉崇裕によるミステリ小説。

警視庁いきもの係に所属する窓際警部補・須藤友三(すどう ともぞう)と動物大好き新米巡査・薄圭子(うすき けいこ)のコンビが、動物の生態をもとに事件解決に奔走するミステリーのシリーズ。動物シリーズ、「警視庁総務部動植物管理係」シリーズとも呼ばれる。


ドラマ概要
警視庁総務部総務課動植物管理係(通称・警視庁いきもの係)という架空の部署を舞台に、鬼警部補と新米巡査のコンビが、動物の生態を基に事件解決に奔走する異色のコメディーミステリー。大倉崇裕の原作を連続ドラマ化した本作で、主人公・須藤友三に扮するのは渡部篤郎。相棒となる動物マニアの新米刑事・薄圭子役を、橋本環奈が熱演する。


ストーリー 
警視庁捜査一課で“鬼の須藤”と恐れられた敏腕刑事の須藤友三(渡部篤郎)は、ある事件で銃弾を頭部に受けて負傷し、総務課動植物管理係に異動。そこは、逮捕・拘留された容疑者のペットを、一定期間保護する、通称“警視庁いきもの係”と呼ばれる部署で、動物飼育の専門家でもある新米巡査の薄圭子(橋本環奈)が、動物たちの世話をしていた。

そんな時、ある死体遺棄事件の容疑者が飼っているペットの保護の依頼があった。事件の概要を聞き、容疑者が住むタワーマンションへ向かった須藤と圭子だったが、室内を見ていた須藤が、ある違和感を抱く

キャスト
須藤 友三
演 - 渡部篤郎
元警視庁捜査一課の鬼刑事。ある事件で銃撃を受け負傷し、総務部総務課動植物管理係(通称・警視庁いきもの係)へ異動。“いきもの係”としての初仕事で圭子と出会い、圭子の動物に関する知識に助けられ事件を解決したことがきっかけで、再び仕事への情熱を持ち始める。

薄 圭子
演 - 橋本環奈
“いきもの係”所属の新米巡査。獣医学部卒の動物マニア。幼少期から動物に対しての異常な興味と天才的な記憶力・考察力を持つ。動物についての広く深い知識はもとより、飼育法や治療法にも詳しく、生物学やアニマルセラピーなどにも精通している。その深い愛情は動物にのみ注がれ、基本的に人や事件そのものにはあまり興味がない。

石松 和夫
演 - 三浦翔平
警視庁捜査一課所属の巡査部長。須藤のことを尊敬している後輩で、捜査一課時代の相棒だった。

四十万 拓郎
演 - 横山だいすけ

日塔 始
演 - 長谷川朝晴

三笠 弥生
演 - 石川恋

桜井 薫
演 - 清原翔

ナオミ
演 - ティティ(猫)

二出川 昭吉
演 - でんでん

鬼頭 勉
演 - 寺島進
警視庁捜査一課管理官で、須藤の元上司。ある考えのもと、須藤を“いきもの係”に異動させ、ひそかに期待を寄せている。

田丸 弘子
演 - 浅野温子
“いきもの係”所属の唯一の事務職員。捜査一課時代の須藤のことを知っており、何かと気遣う。

スタッフ
原作 - 大倉崇裕『小鳥を愛した容疑者』、『蜂に魅かれた容疑者 警視庁いきもの係』、『ペンギンを愛した容疑者 警視庁いきもの係』、『クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係』(講談社)
脚本 - 田中眞一
編成企画 - 渡辺恒也
プロデュース - 貸川聡子
演出 - 木下高男、松木創、石川淳一、菊川誠
制作 - フジテレビ
制作著作 - 共同テレビ

主題歌 - 超特急「My Buddy」


各話あらすじ
第1話 2017年7月9日「動物愛で謎を解け!十姉妹と秘密の鳥カゴ痛快刑事ミステリー」※初回15分拡大(21:00 〜 22:09)
 ある事件で負傷し、復帰した警視庁の鬼刑事・須藤(渡部篤郎)は捜査一課から総務課への異動を告げられる。事務員・弘子(浅野温子)に促され、立てこもり事件の現場へ向かうと、元相棒の石松(三浦翔平)ら一課の面々が犯人に投降を呼び掛けていた。そして、近くで配水管に挟まった猫を救出しようとしている巡査の圭子(橋本環奈)が、須藤の新相棒だった。須藤は異動先が、容疑者や行方不明者などのペットを保護する部署だと知る。

第2話 2017年7月16日「部屋とペンギンと私愛した容疑者は誰?」※ 前番組「カーズ2」(19:00 〜 21:04 )放送のため、開始時間変更(21:10 〜 22:04)
 食品会社会長・藤原が、自宅のペンギン飼育室で溺死しているのを、妻・亜紀子(幸田尚子)が発見。所轄も捜査一課も事故と見なす中、須藤(渡部篤郎)と共にペンギンの世話に出向いた圭子(橋本環奈)が殺人の可能性を指摘した。藤原の腕には餌やりの際に付くはずの傷がなく、飼育室で死んだのは不自然だというのだ。容疑者として自宅にいた亜紀子と彼女の兄・青木(勝矢)、藤原の秘書・久慈(小柳友)が浮上する。

第3話 2017年7月23日「知られざるヘビ愛の世界!驚きの逆転劇」
 須藤(渡部篤郎)と圭子(橋本環奈)は、千葉の海岸で投身自殺した山脇(日下部千太郎)のペットのヘビの世話を依頼される。室温29度に設定された部屋には2匹の蛇がいて、須藤は圭子から大きい方は飼育の申請が必要だと教えられる。山脇が蛇を残して自殺したことに疑問を抱く圭子は、飼育日誌の写真から‘蛇友’の存在を指摘。2人は、山脇が亡くなり発見されるまでの間に、部屋に入る男を隣人が目撃していたことを知る。

第4話 2017年7月30日「ヤギが食べた真相!?息子からの手紙、夏」
 ある夜、小学校で教頭・三好(高松克弥)が殺され、階段の下に倒れていた意識不明の津浜(志賀圭二郎)に容疑が掛かった。須藤(渡部篤郎)と圭子(橋本環奈)は、津浜が飼っている2匹のヤギの世話に赴く。ヤギたちは月に数回、校内で行われる課外授業「ふれあい教室」の主役だったが、三好は中止を検討し、2人はもめていたという。須藤らが津浜家のヤギ小屋にいると、小学生の健二(田中奏生)が現れ、津浜の無実を訴える。

第5話 2017年8月6日「サルを愛した容疑者…起こるはずのない殺人の真相」
 圭子(橋本環奈)がペットショップの常連仲間・五反田(鈴之助)から、リスザルについて相談され、マンションに同行すると、寝室で彼の恋人・名子(渡辺瞳子)が殺されていた。一報を受け、須藤(渡部篤郎)も現場に急行。その後、凶器の鉄亜鈴の指紋と、別れ話でもめていた事実から、五反田が逮捕されてしまう。リスザルの面倒を見ることになった須藤と圭子は、五反田が渡米中の叔父から、その世話を任されていたことを知る。

第6話 2017年8月13日「記憶の真実話します事件のカギは花言葉!?最も賢い鳥」
 「殺人現場に得体の知れない動物らしきものがいる」と、“いきもの係”に連絡が入った。悪魔のような唸り声がして、誰も手出しができないという。須藤(渡部篤郎)と圭子(橋本環奈)は現場に向かう。
 須藤と圭子が梶田(斉藤佑介)という被害者の家に着くと、日塔(長谷川朝晴)と桜井(清原翔)が、布がかかったケージの前で立ち尽くしていた

第7話 2017年8月20日「恐怖のピラニア殺人孤独な刑事とコイする動物オタク」
 「公園の子どもの声がうるさい」と区役所に苦情が寄せられた後、公園の池にピラニアが放流される騒動が起きる。しかし、通り掛かったペットショップのオーナー・草野(夕輝壽太)が回収し、事なきを得た。2週間後、公園近くの自宅で一人暮らしの川田(秋間登)が殺され、須藤(渡部篤郎)と圭子(橋本環奈)は彼のピラニアの世話をすることに。容疑者は川田の友人・戸村(坪谷隆寛)で、水槽の底には戸村の会社の社章があり…。

各話視聴率


番組公式サイト
警視庁いきもの係 - Wikipedia

『警視庁いきもの係 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
50音検索