2017年06月11日

屋根裏の恋人 第3話

第3話 母親という雌
2017年6月17日 放送

 帆花(大友花恋)の恋人への一途な想いは、18年間心の奥底に閉じ込めていた気持ちを衣香(石田ひかり)に思い出させた。屋根裏で見つめ合う二人。しかし、瀬野(今井翼)は「地獄に堕ちる覚悟はあるのか?」と問いかけ、衣香は答えに窮する。5歳のときに母親が愛人と駆け落ちした記憶を思い出し、子供たちにもあの時の自分と同じ気持ちを抱かせてしまうと、思いとどまるのだった。

 休日のある日、千鶴子(高畑淳子)が衣香に虐待をしていないかと聞く。勇人(橋楓翔)の腕の痣を見たのだという。母親として気づかないのも虐待と同じだと言われた衣香は、勇人の部屋で大量のゲームソフトがあるのを見つけ、勇人を問い詰めた。しかし、勇人は激しい口調で衣香を突き放して…。

 後日、衣香は優等生風の男子生徒たちに勇人がいじめられているところを目撃。勇人は彼らに強要され、ゲームソフトを万引きしてネットで売っていたのだった。衣香は、男子生徒たちを一喝し、誠(勝村政信)にも相談するが、よくある男の子の世界だからと相手にしてくれない。
 
 結局、勇人を助けたのは瀬野だった。感謝しながらも、母親として生きる覚悟を決めたと話す衣香の前から、瀬野は姿を消した。

 心に穴の開いた衣香のもとに再度、刑事の和田(松澤一之)が訪れる。和田は、殺された井沢と瀬野の関係について話す。瀬野が18年前消えた真相を知った衣香は、想いを押さえられず、瀬野の行方を追って家を飛び出すのだった…。

第1話 2017年6月10日「嘘をつく女」
第2話 2017年6月10日「娘に嫉妬するとき」
第4話 2017年6月24日「憎悪のキス」

屋根裏の恋人 TOPへ
2017年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2017年春ドラマ視聴率一覧へ

『屋根裏の恋人 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2017年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

屋根裏の恋人 「母親という雌」
Excerpt: 警察に疑われつつ、屋根裏の瀬野(今井翼)を隠す、衣香(石田ひかり)でも、今回、勇人(橋楓翔)のイジメ問題に関して、頼りにならない夫、助けてくれた彼氏。お姑さん・千鶴子(高畑淳子)とも、険悪な雰囲気に..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2017-06-18 08:50

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
50音検索