2017年04月26日

警視庁捜査一課9係 Season12 第4話

2017年5月3日(水)よる9:00〜
第4話「ねらわれた監察医」

 監察医の真澄(原沙知絵)が遺体から発生した有毒ガスによって、意識不明となってしまった。遺体はIT企業の経理課長・柳沢(永井裕久)、発生したガスはコルセリンという物質であることがわかった。

 青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)はコルセリンが盗まれた町工場へ。現場の様子から工場の事情に詳しい人間による犯行と思われたが、コルセリンを管理していた担当者・古川(河西健司)は、犯人の心当たりはないという。

 青柳らは、その態度に不審感を抱くが、古川をよく知るパートの弘美(松下恵)からは、古川が最近生きがいを見つけたと話していたと聞く。

 黛(竹中直人)の解剖により、柳沢の死因が絞殺であることが判明。コルセリンは死後に注射されており、犯人は遺体を調べる監察医を狙った可能性が浮かび上がる。黛によると、死亡保険金を残すため他殺に見せかけた遺体を監察医が解剖で自殺と見抜き、関係者から逆恨みされたケースもあるとか。そこで、直樹(井ノ原快彦)は真澄が扱った過去の事件を調べる。

 そんな中、コルセリンの管理担当者だった古川が遺体で発見される。パソコンに遺書めいた言葉を残していたことから自殺らしい。

 古川が柳沢を殺害、コルセリンを注射することは可能だった事から、志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)は犯行の裏取りを始める。しかし、青柳には、生きがいを見つけたと話していた古川が自殺するとは考えられない。青柳と矢沢は弘美を訪ね、古川の“生きがい”について聞いてみると…。

 志保らは柳沢が勤務していたIT企業の社長秘書・富田(白洲迅)から古川が同社の未公開株を巡って柳沢殺害の動機があったことをつかむ。

 そんな折、直樹は「逆の構図」で事件を考え始め…。

第1話 2017年4月12日「かかし殺人事件」
第2話 2017年4月19日「消えた水死体」
第3話 2017年4月26日「殺人ピアノ曲」
第5話 2017年5月10日「殺しの刺しゅう」

警視庁捜査一課9係 TOPへ
各話視聴率へ
2017年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2017年春ドラマ視聴率一覧へ

『警視庁捜査一課9係 Season12 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2017年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

警視庁捜査一課9係season12 第4話
Excerpt: 監察医・真澄(原沙知絵)が解剖をしようとしていた遺体から有毒ガスが発生し、真澄は意識不明になってしまいます。 遺体はIT企業の経理課長・柳沢(永井裕久)で、発生したガスはコルセリンという物質だと..
Weblog: ぷち丸くんの日常日記
Tracked: 2017-05-04 07:28

警視庁捜査一課9係(12)第4話
Excerpt: 「ねらわれた監察医」内容遺体を解剖していた監察医の真澄(原沙知絵)が倒れ、意識不明に。遺体から、なんらかの有害物質が発生したようだった。 遺体は、埠頭で発見され、身元は柳沢栄治。黛(竹中直人)の解剖..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2017-05-04 20:15

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索