2017年04月04日

ボク、運命の人です。 TOP

『ボク、運命の人です。』(ぼく、うんめいのひとです。)は、日本テレビ系で2017年4月15日から同年6月17日まで、22時 - 22時54分に放送された。全10話。主演は亀梨和也。初回14分拡大。


概要
土曜夜9時のドラマ枠が10時に移動し、「土10ドラマ」第1弾となるラブコメディー。運命を信じた男とそれをかたくなに拒否する女、そして運命を説く謎の男を軸に物語が展開する。

主人公となる平凡な会社員・正木誠を亀梨和也、誠の運命の女性・湖月晴子に木村文乃、誠の前に突然現れて“運命の恋”を説く謎の男に山下智久が扮する。

亀梨と山下は、今作のためにスペシャルユニット「亀と山P」を結成し、主題歌も担当。2人は2005年の同系ドラマ「野ブタ。をプロデュース」から誕生したユニット「修二と彰」としても主題歌を歌い、大ヒットさせている。


ストーリー 
正木誠(亀梨和也)は29歳の会社員。平凡な毎日を送っていたある日、彼の前に“神”を名乗る謎の男(山下智久)が現れ、「君はまだ気付いていないけれど、壁一枚隔てた隣のオフィスに絶対に恋に落ちなくてはいけない女性が働いている。そう、彼女こそが君の“運命の人”だ」と告げる。

その言葉を信じてみることにした誠は、隣のオフィスで働く、同じく29歳の湖月晴子(木村文乃)に告白するが、彼女は運命など全く信じていない現実的な女性。盛大にフラれてしまい失敗に終わるが、その後も誠が愚直にアタックし続け、“運命の恋物語”の幕が開ける。


キャスト
正木 誠(まさき まこと)〈29〉
演 - 亀梨和也
主人公。恋に不器用であるが、謎の男と出会い、晴子を運命の人と信じるようになる。ウェルカムウォーター社でウォーターサーバーの営業をしている。

湖月 晴子(こげつ はるこ)〈29〉
演 - 木村文乃
誠の隣の会社・スワローマーケティングス社で働く女性。現実的で運命を信じぬ性格。

定岡 光圀〈29〉
演 - 満島真之介
晴子の同級生。紅友物産の社員として晴子と数年ぶりに再会する。

四谷 三恵〈29〉
演 - 菜々緒
晴子の親友で同僚。

葛城 和生〈30〉
演 - 澤部佑
誠の同期。

鳩崎 すみれ〈48〉
演 - 渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹)
晴子の会社の社長。

宇久森 みどり〈24〉
演 - 岡野真也
誠の同僚。

関原 卓〈42〉
演 - 大倉孝二
誠の同僚。

園田 双六
演 - 村杉蝉之介
晴子達の通っている居酒屋「エデン」の店長。

湖月 善江〈54〉
演 - 石野真子
晴子の母。

烏田 翔吉〈49〉
演 - 田辺誠一
誠の上司。

湖月 大地〈55〉
演 - 杉本哲太
晴子の父。ヨツバ化成 総務部 施設管理担当課長。

正木 一郎 / 謎の男
演 - 山下智久
誠の前に突然現れた自称・神様。晴子を誠の「運命の女性」と定め、その恋が地球に不可欠なものだと告げる。誠の恋を楽しんでいるようだが何を考えているかは不明。

富田
演 - あかつ
ちゃんこ「富田」の店主。

ゲスト
大寒山関
演 ‐ HIRO (安田大サーカス)(第5話)
元小結。

国枝節郎
演 ‐ 加藤諒 (第8話)
ヨツバ化成 総務部 施設管理担当社員。湖月大地の部下。「中澤ボクシングジム」練習生。

中澤
演 ‐ 渡辺哲 (第8話)
「中澤ボクシングジム」会長。

スタッフ
脚本 - 金子茂樹
演出 - 佐久間紀佳、小室直子、猪股隆一、高橋朋広
音楽 - 林ゆうき
チーフプロデューサー - 西憲彦
プロデューサー - 福井雄太、下山潤(日活)
制作協力 - 日活
製作著作 - 日本テレビ

主題歌 - 亀と山P「背中越しのチャンス(ジェイ・ストーム)


各話あらすじ(2017.4.15 - 6.17)全10話 平均視聴率 9.49%
第1話 2017年4月15日「壁越しの運命。見知らぬ二人、奇跡の恋開幕」※初回14分拡大(22:00 〜 23:08)
 静岡から東京勤務になった‘女運’のない会社員・誠(亀梨和也)の部屋に、‘神’を名乗る謎の男(山下智久)が現れ「年内に結婚して、来年には子どもを産まないと、地球が大変なことになる」と告げる。相手となる晴子(木村文乃)は壁1枚隔てた隣のオフィスにいるらしい。半信半疑の誠は翌日、彼女の存在を確かめに行くが、声は掛けられない。すると、その夜も待ち受けていた男が、誠と晴子には人生で何回も接点があったと言う。

第2話 2017年4月22日「恋のライバル急接近勝利の為に金稼げ!?」
 帰社した誠(亀梨和也)は、オフィスビルの前で定岡(満島真之介)と話す晴子(木村文乃)を目撃する。定岡は晴子の高校時代の同級生であり、夏の甲子園の県予選で、誠からさよならヒットを打った人物だ。向かいのビルの商社に転職してきた定岡は、晴子とは数年ぶりの再会で、思わず声を掛けた誠のことも覚えていた。その夜、現れた謎の男(山下智久)から、定岡に勝つために必要なのは‘お金’だと言われた誠は、翌日から営業に精を出す。

第3話 2017年4月29日「恋敵がプロポーズ!?奇跡呼ぶ魔法の音楽」
 晴子(木村文乃)に同僚の三恵(菜々緒)が、定岡(満島真之介)と誠(亀梨和也)のどちらが晴子にふさわしいか見極めてあげると提案。そして、4人で居酒屋に行くが、三恵は誠をばっさり切り捨てる。謎の男(山下智久)は、落ち込む誠に「クラシック名曲100選」のCD全曲を覚えたとき、晴子がどちらを選ぶか導き出されると、謎めいたことを言う。しかし、連絡先すら晴子に渡せずにいる誠に対し、定岡が晴子にプロポーズすると明かして…。

第4話 2017年5月6日「恋のニンジン大作戦 成功率0%の告白!?」
 誠(亀梨和也)は晴子(木村文乃)を食事に誘うが、当日、店で待っていたのは三恵(菜々緒)一人だけで、そこになぜか定岡(満島真之介)もやって来る。三恵は晴子に代わり、恋愛する意思がないことを2人に伝えに来たという。すると、定岡が諦めると即答。切り替えの早さに驚く誠は、諦めるつもりはないと宣言する。謎の男(山下智久)はそんな誠に、ニンジンが大の苦手の部長・烏田(田辺誠一)に、ニンジンを食べさせるよう、謎の指示を出す。

第5話 2017年5月13日「まさかの急接近!初デート&初○○…?」
 晴子(木村文乃)に「嫌いではない」と言わせた誠(亀梨和也)は、友人の富田(あかつ)が営むちゃんこ鍋店に誘う。そこに、引退したばかりの大寒山(HIRO)が現れた。晴子が大寒山の大ファンだと知った富田は「断髪式」への出席を提案し、晴子は大感激。一方、謎の男(山下智久)は、晴子が大寒山に恋をする可能性を指摘し、腕相撲で大寒山に勝てば、晴子の思いは一気に誠に傾くと断言。定岡(満島真之介)をトレーナーにしろと言い出す。

第6話 2017年5月20日「二人きりの部屋。涙する彼女。彼の決断」
 誠(亀梨和也)と居酒屋に行った関原(大倉孝二)と和生(澤部佑)が、部屋に上げろと言い出し、誠は謎の男(山下智久)と鉢合わせしないかと気が気でない。そんな中、和生に促され、2人が2年前に街頭インタビューを受けたニュース映像を見返したところ、誠はまたしても‘運命’に気付く。一方、謎の男は晴子(木村文乃)を部屋に招くよう指示。数日後、誠と晴子の会社の飲み会が開かれ、その席上、関原が誠の同棲疑惑を口にする。

第7話 2017年5月27日「起こせサプライズ!奇跡の指輪の渡し方」
 晴子(木村文乃)とついに交際することになった誠(亀梨和也)は大満足。ところが、謎の男(山下智久)は、この1カ月で結婚までもっていかないと「地球は滅亡する」とせき立てる。そして、1カ月遅れのバースデープレゼントとして、指輪を渡すよう指示。本人にサイズを聞いてしまったらサプライズにならないと言われた誠は、早くも三恵(菜々緒)に指輪を贈ったという定岡(満島真之介)から、サイズを見分ける特訓を受けることになる。

第8話 2017年6月3日「彼女の父が大激怒!?目指せ結婚逆王手!」
 誠(亀梨和也)は同僚と行った居酒屋で大地(杉本哲太)と遭遇。善江(石野真子)から晴子(木村文乃)と誠の仲を知らされたばかりの大地は、喜びを口にする。しかし、同席する関原(大倉孝二)や和生(澤部佑)が誠の女運の悪さに触れたことから、事態は一転。大地は「娘から手を引け」と告げて立ち去った。謎の男(山下智久)は、かつて大地に嫌われていながら今ではお気に入りの地位を確保している三恵(菜々緒)に指示を仰げと言う。

第9話 2017年6月10日「さよなら神様…。僕と彼女の最終試験」
 晴子(木村文乃)と誠(亀梨和也)の仲を認めた大地(杉本哲太)が、2人に温泉地にある会社の保養所行きを勧めてくれた。それを聞いた三恵(菜々緒)は、晴子に初旅行のアドバイスを。烏田(田辺誠一)も誠に自身の体験を話す。一方、謎の男(山下智久)は、この旅行が‘最終試験’で、これをクリアしないと結婚までたどり着けないと断言。さらに、子どもにはどんな名前を付けるのかと尋ね、適当に答えた誠に、思いがけないことを明かす。

最終話 2017年6月17日「全ての奇跡はこの日の為に!運命の結末」
 自らの驚くべき正体を明かした謎の男(山下智久)が去り、誠(亀梨和也)の記憶から男の存在は消えた。そんな中、誠は烏田(田辺誠一)から、晴子(木村文乃)へのプロポーズのタイミングと婚約指輪について助言され、ジュエリーショップで指輪を予約する。ところが、直後から運が急降下してしまう。その頃、謎の男は定岡(満島真之介)に「誠のことをよろしく頼む」と告げ、30年後の再会を約束していた。一方、晴子と三恵(菜々緒)が大阪へ出張に。誠は、ある目的で大阪に行くという定岡に同行しようとするが…。

各話視聴率


番組公式サイト
ボク、運命の人です。 - Wikipedia

『ボク、運命の人です。 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年秋(10- 12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
50音検索