2017年04月02日

ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜 TOP

『ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜』(ツバキぶんぐてん〜かまくらだいしょやものがたり〜)は、NHK総合「ドラマ10」枠(毎週金曜 22:00〜22:50)にて2017年4月14日から放送中。全8回予定。


原作概要
『ツバキ文具店』(ツバキぶんぐてん)は、小川糸の小説。季刊文芸誌『GINGER L.』(幻冬舎)への連載を経て、2016年4月21日に幻冬舎より刊行された。2017年本屋大賞候補作品。2017年4月にNHKラジオ第1「新日曜名作座」にてラジオドラマ化された。


概要
2017年の本屋大賞にノミネートされた小川糸のベストセラー小説「ツバキ文具店」を原作に、多部未華子主演でドラマ化。古都・鎌倉を舞台に、バリからふるさとに帰ったばかりの主人公・雨宮鳩子(多部)が、亡き祖母から文具店を受け継ぎ、手紙の代筆をなりわいとする“代書屋”として成長していく姿を描く。

鳩子は依頼者の思いもくみ取り、手紙を一から考えて代筆する日々の中で、風変わりな人々と触れ合い、日常の小さな幸せを感じていく。


ストーリー 
雨宮鳩子(多部未華子)は、「ツバキ文具店」を営んでいた祖母・カシ子(倍賞美津子)が亡くなり、その葬式に出るために8年ぶりにふるさとの鎌倉に戻った。文具店とは名ばかりで、カシ子は客の依頼を受けて手紙を代筆する“代書屋”を本業としており、鳩子も幼い頃に代書の手ほどきを受けていたが、厳しい指導に反発し、家を出ていた過去があった。

残された店舗兼住居を売却しようとしていた鳩子だったが、「ツバキ文具店」は代書屋として地元の人々に愛されており、引き継ぐことを余儀なくされる。新米の代書屋となった鳩子は、手紙の依頼に応えるうちに、さまざまな人々と心を通わせていく。


キャスト
雨宮 鳩子 - 多部未華子
カシ子の孫。かつては祖母と一緒に住み、代書の厳しい指導を受けていた。それに反発して高校卒業とともに上京し、就職活動に失敗して海外に出ていた。あだ名はポッポ。

白川 清太郎 - 高橋克典
鎌倉の観光ガイド。「ツバキ文具店」に顔を出し、カシ子の身の回りの手伝いをしていた。かつては東京の一流商社に勤めていた。

守景 蜜朗 - 上地雄輔
鎌倉の「むぎカフェ」の店主。一人娘の陽菜と暮らしている。

楠 帆子 - 片瀬那奈
新津ちせ

バーバラ婦人 - 江波杏子
雨宮家の隣に住む婦人。生前のカシ子と親しくしていた。鳩子を温かい目で陰ながら見守っている。

男爵 - 奥田瑛二
鎌倉の人々から「男爵」と呼ばれている男性。カシ子の葬儀に顔を出し、鳩子のことも昔から知っている様子。

雨宮 カシ子 - 倍賞美津子
鳩子の亡き祖母。鎌倉で「ツバキ文具店」を営み、客に頼まれると美しい文字で手紙を代筆していた。

スタッフ)
原作 - 小川糸『ツバキ文具店』
脚本 - 荒井修子
音楽 - 白石めぐみ
制作統括 - 内田ゆき(NHKエンタープライズ)、中村高志(NHK) 
演出 - 黛りんたろう、榎戸崇泰、西村武五郎

主題歌 - 絢香「コトノハ」 


各話あらすじ 平均視聴率 5.15%
第1話 2017年4月14日「奇妙なお悔やみ状」 視聴率 5.7%
 鳩子(多部未華子)は8年ぶりに故郷・鎌倉へ戻る。「ツバキ文具店」という小さな文具店を営んでいた祖母・カシ子(倍賞美津子)が亡くなったのだ。ツバキ文具店は、依頼者が書けない手紙を本人に成り代わって書く店だった。幼い頃、母に捨てられ、厳しいカシ子に反抗して家を飛び出した鳩子は、店を継ぐ気はない。そんな中、カシ子が亡くなる直前、彼女に手紙の代筆を依頼したという客・マダムサイダー(冨士眞奈美)が現れる。

第2話 2017年4月21日「幸せの修了証書」 視聴率 4.6%
 新米の‘代書屋’となった鳩子(多部未華子)の元に、三津田(高橋和也)という男性から離婚を知らせる手紙の依頼が持ち込まれる。妻に好きな人ができたのが離婚の原因だという。三津田は妻の唯一の要望である、封ろう用のシーリングスタンプを渡す。円満離婚を強調する三津田に、鳩子は違和感を抱く。鳩子は手紙のヒントを得ようと三津田を訪ねるが、話すうちに三津田は動揺し、離婚の知らせを出すかどうか迷い始める。

第3話 2017年4月28日「けじめの断り状」
 ツバキ文具店を鳩子(多部未華子)の元恋人・武田(松澤傑)が訪ねてきた。出版社で編集者として働く彼は、有名エッセイストに送る執筆依頼を代わりに書いてほしいという。安易な依頼に気分を害した鳩子は断り、武田を追い返す。そんな中、鳩子は男爵(奥田瑛二)に、友人からの借金の依頼を断る手紙の代筆を頼まれる。男爵が苦手な鳩子は戸惑うが、次第に彼の優しい一面を知る。男爵の断り状に取り組むうちに、武田のことを考え直した鳩子は、ある方法を思い付く。


番組公式サイト
ツバキ文具店 - Wikipedia

『ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜 「奇妙なお悔やみ状」
Excerpt: 原作、『ツバキ文具店』(ツバキぶんぐてん)は、「食堂かたつむり」などの、小川糸の小説。2017年本屋大賞候補作品個人的には、多部未華子目当てだったのですが、とても丁寧に描かれた丁寧なドラマでした。先祖..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2017-04-17 13:03

ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜 「幸せの修了証書」
Excerpt: やはり、舞台になってる鎌倉や横浜が風情ですね。なにげに、かなり渋い豪華キャスティング。今回の依頼は、離婚による「幸せの修了証書」 それと、雨の中(プロポーズをうける)手紙が届くのを阻止して欲しい、と頼..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2017-04-22 06:28

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
2013年春( 4 - 6月期)
50音検索