2017年04月02日

リバース TOP

2017年4月14日から同年6月16日まで、TBS系「金曜ドラマ」枠(毎週金曜 22:00〜22:54)にて放送された。全10話。主演は藤原竜也。初回15分拡大。


原作概要
『リバース』は、湊かなえによる推理小説。2013年11月号から2014年12月号まで雑誌『小説現代』に連載され、2015年5月19日に講談社から単行本が刊行された。第37回吉川英治文学新人賞の候補作。2017年3月15日には講談社文庫版が刊行された。


ドラマ概要
人気作家・湊かなえの同名小説を原作に、「夜行観覧車」「Nのために」(ともに同系)のスタッフが藤原竜也主演でドラマ化。10年前に旅先で起きた親友の不審な事故死に向き合う主人公のサラリーマン・深瀬和久を藤原が演じる。

深瀬の恋人でパン屋に勤める越智美穂子を戸田恵梨香、旅行を共にしたゼミ仲間らを玉森裕太、三浦貴大、門脇麦、市原隼人が演じるほか、YOU、志賀廣太郎、片平なぎさらが共演。元刑事のフリージャーナリストで10年前の事故の真相を追う小笠原俊雄に武田鉄矢が扮するなど、豪華キャスト総出演で、友情、贖罪(しょくざい)、美しい愛を描いた極上のミステリーを紡ぐ。


ストーリー 
大学生だった10年前、ゼミ仲間とのスノーボード旅行中に親友・広沢由樹(小池徹平)を失った深瀬和久(藤原竜也)は、地味でさえないサラリーマン人生を送っていた。ある日、行きつけのコーヒー店で越智美穂子(戸田恵梨香)と運命的な出会いをし、頼りない自分に明るく接する彼女に強く惹かれていく。

そんな中、大学時代の教授の退官祝賀会で、かつて旅行を共にしたメンバーで現在は高校教師の浅見康介(玉森裕太)や、県議会議員秘書の村井隆明(三浦貴大)、大手商社マンの谷原康生(市原隼人)らと再会する。すると、彼らを待ち受けていたかのように、10年前の事故の真相を追うフリージャーナリストの小笠原俊雄(武田鉄矢)が現れる。


キャスト
深瀬和久〈32〉
演 - 藤原竜也
主人公。有名大学を卒業するも、自分には価値がないとコンプレックスを抱き、美味しいコーヒーを淹れることだけが取り柄の冴えない人生を送ってきた。お人良しで涙もろく間が悪い。見なくてもいい場面を目にすると浅見・隆明・康生から評される。

元々人付き合いが苦手で大学時代まで友人と呼べる存在がなく常に孤立していた。大学4年のとき同じゼミ生だった広沢と初めて親友になるが、卒業旅行で彼を失う。ニシダ事務機に勤務。転職先を探しているが、勤務先が突然倒産した。

越智美穂子(旧姓:河部)〈30〉
演 - 戸田恵梨香
深瀬の恋人。パン屋で働く。ストーカー被害に遭うが犯人は逮捕された。彼女曰く「心が狭い」性格が災いし、人間関係に苦労している。入院中の母の看護を機会に実家の大阪へ戻ることを考える。

広沢の恋人。広沢の高校の2学年下の後輩で、短大進学のため上京した際に大学3年の広沢と再会して交際に発展する。しかし父の不労により両親が離婚したため、大学4年になっても卒業後の進路をはっきりさせない広沢に不信感を抱き距離を置く。

事故から10年が経ち引っ越し準備の際に、かつて広沢から届いた卒業旅行時のお土産の手紙を読んで、彼が最期を共にしたゼミ仲間らに会ってみたいと思うようになる。彼らに良い印象を持ち、中でも広沢と親しかった深瀬には好意を抱くが、しだいに彼らは広沢の死を反省していないと感じるようになる。そこでストーカーが深瀬宅にした「人殺し」の張り紙を見て、深瀬たちに告発文を送りつけることを思いつく。

浅見康介〈32〉
演 - 玉森裕太(Kis-My-Ft2)
深瀬のゼミ仲間。高校の社会科担当の真面目な熱血教師。ある朝、自車に「浅見康介は人殺し」という告発文を貼られて、それを拡散されたことから生徒達に疑いの目を向けられる。広沢の飲酒運転を悔いて禁酒しており、サッカー部の飲酒沙汰を追及する。その後「有給休暇」として生徒達と距離を置くよう校長らから指示される。

10年前の事故現場で隆明に似た人影を目撃しており、彼が広沢の事件に関わっているのではと疑っている。一方で康生とともに自身も事故現場の血痕を隠蔽していた。

広沢由樹〈享年22〉
演 - 小池徹平
深瀬の親友でゼミ仲間。野球が得意で何をやらせても卒なくこなす。孤立している人を見ていられず手を差し伸べる心優しい性格で、断ることがなかなかできないため周囲から誤解を受けることもあった。卒業後は就職せず海外に行きたいと話していた。10年前の旅行中行方不明となり、半年後に白骨遺体が見つかった。旅行当日は運転免許取得から日が浅い上に飲酒運転だった。

彼の白骨遺体が発見された地点と、広沢が運転していたとされる車の事故現場が10kmほど離れていたことから、警察関係者の中には「事故に見せかけた殺人事件」を疑う者もいたが、捜査は突然打ち切られ広沢の死因は「事故死」と結論づけられた。彼の飲酒運転を知っているのはゼミ仲間の深瀬ら5人だけ。遺族と対面した深瀬たちは口裏を合わせていた訳ではなかったものの彼の飲酒のことを話さなかった。

村井隆明〈32〉
演 - 三浦貴大
深瀬のゼミ仲間。県議会議員である父の第二秘書として働く。有力議員の娘である香織と政略結婚させられ、夫婦生活は破綻している。議員の沼淵ことはと不倫していたが、関係が公となったため彼女に別れを告げた。その後香織に離婚届を手渡した。

10年前に深瀬達に旅行を提案した張本人だが、旅行の前日に事故を起こし当日の集合時間に遅刻していた。妹・明日香と一緒に宿泊先近くの駅まで電車で向かい、車で送迎に来るよう深瀬達に電話で一方的に呼び掛けた。タクシーをつかまえるが、広沢が飲酒運転だったという浅見からの電話を受け途中下車し、広沢が運転していたとみられる車が川で爆発炎上するのを見た。その後広沢の車の事故現場で何かを隠蔽する浅見と康生を目撃した。

村井明日香 → 谷原明日香〈27〉
演 - 門脇麦
隆明の妹。康生の妻。兄の同級生・広沢に高校生のころ片思いしており、10年前の旅行に同行した。またこのころから康生に見初められており、彼が広沢を快く思わない原因となっていた。

谷原康生〈33〉
演 - 市原隼人
深瀬のゼミ仲間。大手商社に入社し、学生時代から好きだった明日香と結婚し一児をもうけた。上司からパワハラを受けて本社勤務を外されたことを周囲に言えずにいた。草野球の帰りに駅のホームから突き落とされて意識不明の重体に陥る。回復後は家族のため本社復帰を目指して前向きに働く。

乾恭子〈48〉
演 - YOU
クローバーコーヒーのマスターの妻。お人良し。深瀬と美穂子の交際を後押しする。深瀬に教わってからコーヒーに蜂蜜を入れるのにハマっている。

広沢忠司〈65〉
演 - 志賀廣太郎
広沢の父。愛媛でみかん農家を営む。

広沢昌子〈57〉
演 - 片平なぎさ
広沢の母。息子の事故死を受け入れられず、小笠原と接触する。息子のいた神奈川や、事故現場の長野にしばしば訪れる。

小笠原俊雄〈65〉
演 - 武田鉄矢
ジャーナリスト。長野県警の元刑事で、広沢失踪事件の担当だった。失踪事件の翌春、事件が「事故」として処理されて、また運転免許センターへの異動の内示が出されたことで上司に激しく反発し退職。それ以来妻子とは別れている。

村井明正県議の不正を調べる中、10年前の広沢失踪事件の関係者である隆明の名前を見つけ、彼やゼミ仲間らが広沢失踪事件の「真相」を知っているのではないかと目をつけ、4人の前に頻繁に現れるようになる。広沢の飲酒運転を告白した深瀬と協力関係になるが、事件を公にされることを危惧した甲野による指示でチンピラに襲撃される。

その他
森下泉〈23〉
演 - 藤本泉
浅見のクラスの副担任。国語教師。浅見を慕い、出入り業者だが彼の知人という深瀬にも親しく話す。

藤崎莉子〈17〉
演 - 山口まゆ
浅見の生徒。浅見を信頼しており、サッカー部の飲酒沙汰で浅見が「有給休暇」を取らされたことに納得していない。浅見を「あさみん」と呼んで慕っている。深瀬にサッカー部の飲酒を目撃させる。

相良了平〈17〉
演 - 鈴木仁
浅見の生徒。サッカー部キャプテン。部全体で飲酒沙汰を起こすが、処分を免れるため飲んでいたのはノンアルコールだと主張する。部の伝統である飲酒を理由とした大会出場停止に納得できないでいる。

村井明正〈70〉
演 - 村井國夫
隆明・明日香の父。神奈川県議会議員。不正融資疑惑で週刊誌に追われている。いまだ頼りない息子に苛立つ。10年前、広沢の飲酒運転を相談してきた隆明に、車を爆破して証拠を隠滅するよう指示し、警察捜査の早期終了を根回しした。

甲野伸之〈52〉
演 - 山崎銀之丞
村井の第一秘書。第二秘書である隆明に不満を抱いており、県議の地盤を継ぐのは自分だと考えていた。広沢の事故がスキャンダルとして公になるのを恐れるあまり独断で関係者の口封じを行い、村井県議からクビを言い渡される。

村井香織〈26〉
演 - 趣里
隆明の妻。過去に大臣も務めた有力議員の娘。彼が国会議員になることを見込んでお見合い結婚したが、姉妹の夫より劣る地位で覇気や出世欲が感じられない隆明に失望している。家事はせず家はゴミが散乱している。

沼淵ことは〈42〉
演 - 篠原ゆき子
隆明と不倫関係。神奈川県議会の女性議員。心身ともに夫のモラハラを受け疲弊していたとき隆明とは知り合い、惹かれていった。不倫が報道されて隆明から別れを告げられたため、マスコミの前で不倫関係は事実無根であると釈明した。

谷原七海〈3〉
演 - 古田結凪
康生・明日香の娘。パパが大好き。深瀬を呼び捨てにする。

乾圭介〈48〉
演 - バッファロー吾郎A
クローバーコーヒーのマスター。恭子の夫。

古川大志
演 - 尾上寛之
広沢の高校時代の親友。漁協で働く。広沢を親友だと思っていたが、自分は彼に釣り合う人間ではないと感じて一方的に絶縁した。

松永陽一
演 - 山崎裕太
広沢の幼馴染。深瀬と浅見のため地元の友人を集める。気さくで子煩悩。

川本友里
演 - 夏菜
八王子記念病院の看護師。愛称は「カワちゃん」。広沢の高校の後輩で元恋人。告白されたら断れない性格の広沢に嫌気がさして別れた。

越智浩子
演 - いしのようこ
美穂子の母。大阪記念病院に入院している。

窪田正孝
杉咲花

スタッフ
原作 - 湊かなえ『リバース』(講談社)
脚本 - 奥寺佐渡子、清水友佳子
音楽 - 横山克
演出 - 塚原あゆ子、山本剛義、村尾嘉昭
プロデューサー - 新井順子
制作 - ドリマックス・テレビジョン、TBS

主題歌 - シェネル「Destiny」(作詞:松尾潔、作曲:川口大輔)


各話あらすじ(2017.4.14 - 6.16)全10話 平均視聴率 8.77%
第1話 2017年4月14日「親友の死に隠された秘密…復讐は十年後に始まった」 ※初回15分拡大(22:00 〜 23:15)
 深瀬和久(藤原竜也)は、冴えない男だ。有名大学を卒業しながらも、地味でつまらないほど普通の人生を送ってきた。唯一の彼の取り柄は、美味しいコーヒーを淹れること。そしてその度に彼の頭をよぎるのは、たった一人の親友・広沢由樹(小池徹平)を失ったことだった。それは10年前、大学のゼミ仲間5人とのスノボ旅行中に起きた悲しい事件、それは――。

第2話 2017年4月21日「罪の告白…十年前に起こった雪山の悲劇」
 深瀬(藤原竜也)は美穂子(戸田恵梨香)に10年前のことを語る。大学時代の深瀬、広沢(小池徹平)、浅見(玉森裕太)、谷原(市原隼人)は、長野にある村井(三浦貴大)の別荘へ遊びに行く。その後、村井と妹・明日香(門脇麦)が別荘の最寄り駅に遅れて到着。村井は車で迎えに来るよう強い口調で迫るが、外は大雪で4人は困惑する。やがて、酒を口にしていた広沢が、自分が行くと手を挙げる。だが、広沢が駅にたどり着くことはなく…。

第3話 2017年4月28日「ついに犠牲者が…!迫りくる告発犯の影」
 深瀬(藤原竜也)は小笠原(武田鉄矢)から、広沢(小池徹平)の件について今まで考えもしなかった可能性を示され、驚く。さらに小笠原は、事故現場の第一発見者は谷原(市原隼人)だと告げ、初めて知る事実に深瀬は混乱する。一方、浅見(玉森裕太)、谷原、村井(三浦貴大)にも「人殺し」と糾弾する紙が届き、相談のため集まった4人。事故の件を谷原から思うように聞き出せない深瀬だが、帰り際、村井が深瀬に声を掛ける。

第4話 2017年5月5日「犯人は女?ホーム転落…次の犠牲は誰だ」
 谷原(市原隼人)が草野球の帰りに駅のホームから転落した。現場では「人が突き落とされた」という叫び声を駅員が聞いていたが、目撃者は皆無。一方、谷原が転落前に飲酒していたことから、警察は事件と事故双方の線で捜査を進める。深瀬(藤原竜也)、浅見(玉森裕太)らは、告発文を送ってきた人物の仕業ではないかと考える。そんな中、谷原が参加していた草野球の写真を見た深瀬は、観客席にいる中年女性に目を付ける。

第5話 2017年5月12日「彼女に襲いかかる魔の手…そしてまた一人が消える!」
 村井(三浦貴大)と県議会議員・ことは(篠原ゆき子)のダブル不倫がスクープされる。村井は県議会議長の父・明正(村井國夫)から身を隠せと指示され、深瀬(藤原竜也)のアパートに転がり込む。一方、深瀬は美穂子(戸田恵梨香)が何者かに追われていると知り、気が気でない。そんな中、深瀬のアパートを訪れた浅見(玉森裕太)が、広沢(小池徹平)の件について「最後に広沢を見たのはおまえじゃないのか」と村井を問い詰める。

第6話 2017年5月19日「第2章開幕…新たな容疑者!愛媛に隠された親友の謎」
 村井(三浦貴大)や谷原(市原隼人)を心配する深瀬(藤原竜也)は、谷原の病室に明日香(門脇麦)を訪ねる。広沢(小池徹平)の死への村井の関与を疑う明日香は、当時の兄の行動を深瀬に伝える。一方、小笠原(武田鉄矢)からの情報で、美穂子(戸田恵梨香)をつけ回す男の正体が判明。そんな中、改めて10年前のことを知りたいと願う深瀬と浅見(玉森裕太)は再び長野へ。その後、広沢の母・昌子(片平なぎさ)を訪ね、愛媛に行く。

第7話 2017年5月26日「ラスト7分衝撃の展開!告発犯の正体が明らかに…!」
 深瀬(藤原竜也)は広沢(小池徹平)の故郷・愛媛で、自分たちに告発文を送った犯人が、広沢が付き合っていた恋人ではないかという情報を得る。東京に帰った深瀬は、生徒のトラブルで一足先に戻っていた浅見(玉森裕太)と共に、谷原(市原隼人)の見舞いに。意識を取り戻した谷原は深瀬らに改めて10年前のことを尋ねられ、事故現場で見たことを思い出す。一方、明日香(門脇麦)は谷原の隠し事に不安を感じていて…。

第8話 2017年6月2日「最悪の復讐劇…告発犯の真の目的とは!?」
 深瀬(藤原竜也)は美穂子(戸田恵梨香)に何度も電話をかけ、捜し回るが、彼女と連絡が取れなくなってしまう。深瀬の家に集まっていた4人は、広沢(小池徹平)の恋人の正体を知り、彼女と話し合おうと決めるが、村井(三浦貴大)は逃げるようにその場を立ち去る。その後、自宅に戻った谷原(市原隼人)は、明日香(門脇麦)に心配をかけたことをわびる。谷原の話を聞いた明日香は村井を訪ね、10年前に何があったかを問いただす。

第9話 2017年6月9日「ついに明かされる真犯人!親友を殺したのはアイツだ」
 告発文の犯人は判明したが、深瀬(藤原竜也)の元には「10年前の事件を追いかけるな。警告を無視すれば次の犠牲者が出る」という脅迫メールが届く。そんな中、深瀬は広沢(小池徹平)の恋人だった美穂子(戸田恵梨香)と再会するが、「もう会いたくない」と突き放され、言葉を失う。過去と向き合いながら、前に進み始めた深瀬たち。弱い自分を変えたいと願う村井(三浦貴大)は脅迫メールの送り主に心当たりがあると深瀬に話す。

最終話 2017年6月16日「誰も知らない本当の結末…今夜すべてが明かされる」
 深瀬(藤原竜也)が突然、音信不通になってしまう。浅見(玉森裕太)、村井(三浦貴大)、谷原(市原隼人)らは深瀬のことを心配するが、時間がたっても連絡は取れないままだった。一方、美穂子(戸田恵梨香)は広沢(小池徹平)の事件を忘れさせないため、そして、今までに自分がしてきたことを謝罪しようと、浅見たち3人のほか、明日香(門脇麦)らと接触する。そんな中、調査を進めていた小笠原(武田鉄矢)は、新たな事実を知る。

各話視聴率


番組公式サイト
リバース (湊かなえの小説) - Wikipedia
タグ:リバース

『リバース TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
50音検索