2016年12月29日

A LIFE〜愛しき人〜 TOP

『A LIFE〜愛しき人〜』(ア ライフ いとしきひと)は、TBS系「日曜劇場」枠(毎週日曜21時 - 21時54分に)で2017年1月15日から放送中。主演は木村拓哉。初回25分拡大放送。


概要
かつて病院を追われた一人の外科医を中心に、愛しき人のたった一つの命とかけがえのない人生を描く、骨太なヒューマンラブストーリー。主人公の外科医・沖田一光を、約3年ぶりに同枠で主演を務める木村拓哉が演じる。

沖田は、超一流の手術の腕を持つが、決して華々しいスーパードクターではなく、実直で無限の努力を重ねる職人外科医。患者を救うことを絶対に諦めない強い意志を持ち、不器用ながら一途に命と向き合う沖田の姿とともに、さまざまな思惑、愛憎と欲望が渦巻く病院内の人間模様を映し出す。

共演には、竹内結子、松山ケンイチ、木村文乃、菜々緒、及川光博、浅野忠信ら豪華な顔ぶれが集結。脚本は、橋部敦子のオリジナルストーリー。


ストーリー 
医師として駆け出しの頃、壇上記念病院を追われ、恋人を置いて単身アメリカに渡った外科医・沖田一光(木村拓哉)は、ひたすらオペ経験を積んで職人外科医となった。10年後、恩師である院長の命を救うために日本に戻ってきたが、院長の娘で元恋人の壇上深冬(竹内結子)は、現在副院長を務める壇上壮大(浅野忠信)と結婚していた。

実は、10年前に沖田を病院から追い出したのは、彼の幼なじみで親友でもあった壮大だった。それを知らない沖田は、さまざまな思惑がうごめく病院内で、医師として目の前の命を救おうと、患者に向き合っていく。


キャスト
沖田 一光(おきた かずあき)
演 - 木村拓哉
アメリカでオペ経験を積んだ職人外科医。かつて自身を追った壇上記念病院に復帰し、恩師である院長の命を救おうとする。目の前の患者と向き合う誠実な医師だが、やがてさまざまな思惑に巻き込まれる。

壇上 深冬(だんじょう みふゆ)
演 - 竹内結子
壇上記念病院の小児外科医。院長の娘で、沖田の元恋人だった。現在は副院長の壮大の妻だが、沖田が現れたことで動揺する。

井川 颯太(いがわ そうた)
演 - 松山ケンイチ
壇上記念病院の心臓血管外科医。関東外科医学会会長の父を持ち、ゆくゆくは満天橋病院を継ぐ2世医師。アメリカ帰りの沖田に対抗心を燃やす。

柴田 由紀(しばた ゆき)
演 - 木村文乃
壇上記念病院のオペナース。外科医をしのぐほどの知識を持ち、オペのアシスタントをする外科医を自ら選ぶほどの立場にある。沖田に興味を持つ。

榊原 実梨(さかきばら みのり)
演 - 菜々緒
壇上記念病院の顧問弁護士。美貌を生かし、政財界に強いパイプを持つやり手。壮大と男女の仲にある。

羽村 圭吾(はむら けいご)
演 - 及川光博
壇上記念病院の第一外科部長であり心臓血管外科専門の医師で深冬の夫。

壇上 壮大(だんじょう まさお)
演 - 浅野忠信
壇上記念病院の副院長で、脳外科医。沖田の幼なじみで親友だったが、ライバル意識を燃やし、10年前に彼を病院から追いやった。現在は深冬と結婚し、入り婿として病院経営の中心を担う。

壇上 虎之助(だんじょう とらのすけ)
演 - 柄本明

沖田 一心(おきた いっしん)
演 - 田中泯

真田 隆之(さなだ たかゆき)
演 - 小林隆

スタッフ
脚本:橋部敦子
音楽:佐藤直紀
企画:植田博樹
プロデュース:瀬戸口克陽、東仲恵吾
演出:平川雄一朗、加藤新、木村ひさし
製作著作:TBS


各話あらすじ
第1話 2017年1月15日「帰ってきた職人外科医!!宿命の再会」 ※初回25分拡大(21:00 〜 22:19)
 職人気質の外科医・沖田(木村拓哉)は「壇上記念病院」院長で恩師の虎之介(柄本明)に呼ばれ、米国から10年ぶりに帰国する。虎之介は重い心臓病を患っており、沖田を担当医に指名したのだ。虎之介の娘で外科医の深冬(竹内結子)と、その夫で副院長を務める沖田の幼なじみ・壮大(浅野忠信)は、複雑な心境で彼を迎える。沖田は虎之介の容体を確認し、手術を即断。だがリスクが高く、外科部長・羽村(及川光博)らは猛反対する。

第2話 2017年1月22日「俺の患者!!譲れない医師の信念」※15分拡大(21:00 〜 22:09)
 壮大(浅野忠信)は沖田(木村拓哉)に、深冬(竹内結子)の脳にある腫瘍のことを伝える。大きな自覚症状はないものの、このままでは命が危ないという。深冬の主治医に任命された沖田だが、彼女に病気を告げることができず、苦悩する。一方、井川(松山ケンイチ)が、虎之介(柄本明)の友人で和菓子職人・森本(平泉成)の担当医に立候補する。診察の結果、井川は通常の開胸オペではない方法を選択。沖田は、強気な井川の様子が気に掛かる。

第3話 2017年1月29日「決断!!患者の未来をかけた戦い」
 深冬(竹内結子)が7歳の友梨佳(石井心咲)の担当医になる。母の美保(紺野まひる)によると、1年前に腹部の手術を受けている友梨佳は、半年ほど前から夜に時々起きる腹痛に苦しんでいた。前の病院では、小児外科治療学会のトップ・蒲生が心因性の症状と断定。蒲生の診断を覆すと圧力をかけられる可能性が高い。他の医師が二の足を踏む中、沖田(木村拓哉)が友梨佳を共に診ると言い、育児中の深冬に代わって当直につく。

第4話 2017年2月5日「ナースのプライド」
 沖田(木村拓哉)は壮大(浅野忠信)から、ある病院に出向いて手術をしてほしいと頼まれる。そこは、壮大が虎之介(柄本明)に内緒で提携話を進めている病院だった。難しい手術のため、沖田はオペナースに由紀(木村文乃)を指名。ところが手術中、同病院の院長・片山(鶴見辰吾)の息子で心臓血管外科医・孝幸(忍成修吾)が、由紀の指摘にへそを曲げる。そして手術は成功するが、片山は提携話を盾に取り、由紀を外すよう迫る。

第5話 2017年2月12日「恩師の医療ミス」
 深冬(竹内結子)が仕事中に倒れる。深冬の病状をこれ以上隠せないと焦る壮大(浅野忠信)は、告知を巡って沖田(木村拓哉)と言い合いになる。一方、羽村(及川光博)が医師会の事故調査委員に選出される。事故の疑いがある医療行為を外部メンバーとして調査する役目で、羽村はそれを自慢げに同僚たちに打ち明ける。だが、羽村の元に持ち込まれた依頼は、彼と壮大の恩師である心臓外科の権威・山本が行った手術の調査だった。

第6話 2017年2月19日「究極のモンスターペイシェント」
 沖田(木村拓哉)の告知の前に、深冬(竹内結子)が自分の脳腫瘍のことを知ってしまう。壮大(浅野忠信)は動揺して沖田を責め立てる。一方、深冬は沖田に、腫瘍のことを虎之介(柄本明)には黙っていてほしいと頼む。そんな中、病院の顧問弁護士・実梨(菜々緒)の父・榊原が病院に運び込まれる。榊原は15年前に妻と実梨を残して別の女性の元に走り、以来音信不通だったという。榊原を憎む実梨は彼の手術への同意を拒む。

第7話 2017年2月26日「最後の患者は14歳の乳がん!?」
 沖田(木村拓哉)は、深冬(竹内結子)の有効な手術法を見つけられずにいた。もう長く持たないと確信した深冬は、神経を犠牲にしてでも脳腫瘍を切除して生きたいと沖田に訴える。沖田は高いリスクを伴う手術を拒むが、深冬の決意は固い。深冬は自分が診察した14歳の茜の手術を沖田に託し、今後は外来患者の担当を外してほしいと同僚たちに伝える。一方、壮大(浅野忠信)が進めていた別病院との提携が正式に決定する。

第8話 2017年3月5日
 会議の場での実梨(菜々緒)の発言により、医師たちに深冬(竹内結子)の脳腫瘍のことを知られてしまう。沖田(木村拓哉)と壮大(浅野忠信)は、激高する虎之介(柄本明)に経緯や詳しい病状を説明し、必ず深冬を救うと約束する。そんな中、沖田の父・一心(田中泯)が倒れる。手術は羽村(及川光博)が担当する予定だったが、一心は息子にやってほしいと言いだす。身内への手術は冷静な判断が難しく、沖田は手術を承諾するべきか迷うが…。

各話視聴率


番組公式サイト
A LIFE〜愛しき人〜 - Wikipedia

『A LIFE〜愛しき人〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
2013年春( 4 - 6月期)
50音検索