2016年12月28日

奪い愛、冬 TOP

『奪い愛、冬』(うばいあい ふゆ)は、2017年1月20日から同年3月3日まで、テレビ朝日系の「金曜ナイトドラマ」枠(毎週金曜日23時15分 - 翌0時15分)で放送された。全7話。主演は倉科カナ。


概要
不倫と大胆な濡れ場の描写で大きな話題を呼んだ、2016年版ドラマ「不機嫌な果実」(同系)のスタッフが再集結し、人気放送作家・鈴木おさむが脚本を担当する攻めの恋愛ドラマ。主演に倉科カナ、その婚約者役に三浦翔平を迎えて、ドロドロしているけどキュンとする金曜の夜の“ドロキュン劇場”が幕を開ける。


ストーリー 
デザイン会社に勤める池内光(倉科カナ)は、持ち前のガッツと優秀な頭脳で仕事をしっかりとこなし、婚約者・奥川康太(三浦翔平)との結婚も間近に控え、充実した日々を送っていた。そんな折、彼女の前に、かつて死ぬほど愛した元彼が出現。自分には康太という婚約者、元彼には妻がいるにもかかわらず、光は“禁断の愛”へと走りだしていく。

康太は優柔不断な面もあるが、やりたいことを実現するため、親のコネで入った会社を辞めて再就職するといった気概の持ち主。そんな康太の意志の強さは光への揺るがぬ愛にも表れていたが、彼女の心が離れていくに連れてもう1人の康太が覚醒し、嫉妬のあまり嫌な男へと変ぼうを遂げていく。


キャスト
池内 光(いけうち ひかる)
演 - 倉科カナ
デザイン会社「アッパーワークス」のデザイナー。
正義感が強く、先が読めてデキる女。同じ会社で付き合っている、同い年だが後輩の男性・奥川康太にプロポーズされ、婚約することに。仕事場では康太にも厳しく接するが、プライベートでは結婚を目前にウキウキした日々を送る。しかしある日、かつて死ぬほど愛していた元彼と突然再会してしまう。

奥川 康太(おくがわ こうた)
演 - 三浦翔平
池内光の婚約者。アッパーワークスのアシスタントデザイナー。別会社を経営する母親に溺愛されており、裕福な家庭で大事に育てられてきたからか、優柔不断の癒し系男子。

森山 信(もりやま しん)
演 - 大谷亮平
デザイン会社「ウルトラデザイン」のデザイナー。
旧姓は尾田。光の元彼で光がかつて死ぬほど愛した男。訳あって光の前から一方的に姿を消す。

森山 蘭(もりやま らん)
演 - 水野美紀(幼少期:佐山未安 / 学生時代:庭野結芽葉)
信の妻。3年前、大学の仲間で幼馴染の信が通り魔にナイフで襲われそうになったのを庇い右足に重傷を負う。

アッパーワークス
豊野 秀子(とよの しゅうこ)
演 - 秋元才加
アッパーワークス社員。康太への好意から光と康太の仲を引き裂こうとする。

武田 玄(たけだ げん)
演 - 三宅弘城
アッパーワークス制作部部長。光の上司。

ウルトラデザイン
加藤 清(かとう きよし)
演 - 西銘駿
ウルトラデザインのアシスタントデザイナー。信の後輩。

斎藤 道彦
演 - ミスターちん
ウルトラデザイン制作部部長。信の上司。

主要人物の家族
池内 麻紀(いけうち まき)
演 - キムラ緑子
光の母。女手一つで光を育ててきた。定食屋「ココロ亭」店主。

奥川 美佐(おくがわ みさ)
演 - 榊原郁恵
康太の母。

その他
尾上 礼香(おのうえ れいか)
演 - ダレノガレ明美
康太の元カノ。後述するスピンオフドラマでは主役を務める。

高木
演 - 小須田康人
羽木建設社員。創業50周年プロジェクト「ブランドリニューアル」の担当者。

スタッフ
脚本 - 鈴木おさむ
音楽 - 沢田完
ゼネラルプロデューサー - 横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー - 川島誠史(テレビ朝日)、遠田孝一(MMJ)、八巻薫(MMJ)
演出 - 樹下直美、星野和成、小松隆志
制作 - テレビ朝日、MMJ

主題歌 - AAA「MAGIC」(avex trax)
オープニングテーマ - Aimer「凍えそうな季節から」(SMEレコーズ)


各話あらすじ(2017.1.20 - 2017.3.3)全7話 平均視聴率 6.46%
第1話 2017年1月20日「奪われたら奪い返せ」 視聴率 6.6%
 デザイン会社で働く光(倉科カナ)はある日、アシスタントで恋人の康太(三浦翔平)からプロポーズされ承諾する。かつて心の底から愛した信(大谷亮平)に突然別れを告げられ、絶望した光。その傷を癒やしてくれた康太の愛に包まれ、光は今の幸せをかみしめる。そんな中、光は会社を代表し、建設会社のロゴデザインのコンペに参戦することに。康太とその説明会に向かった光の前に、ライバル会社のデザイナーとして信が現れる。

第2話 2017年1月27日「結婚直前…裏切りのホテル」 視聴率 5.1%
 光(倉科カナ)は信(大谷亮平)と会ったことを康太(三浦翔平)に打ち明け、改めて康太が好きだと伝える。だが、信に抱き締められたことは言えないでいた。一方、蘭(水野美紀)は信が前夜、女性といたことを執念で突き止める。そんな中、康太の実家を訪れた光は、調査した美佐(榊原郁恵)から自分の両親の駆け落ちについて初めて知らされ戸惑う。康太は光とある場所を訪れ、蘭と出会う。

第3話 2017年2月3日「妻の復讐…熱海へ」 視聴率 5.8%
 同僚の秀子(秋元才加)から、光(倉科カナ)が信(大谷亮平)の誕生日である2月29日を何かの暗証番号にしているのではと言われた康太(三浦翔平)は、光がスマートフォンの暗証番号を打つたびに気になる。その一方、康太は仕事で煮詰まっている光と温泉旅行へ行き、愛を確かめ合う。だが、2人の前に、秀子から旅行のことを聞いた美佐(榊原郁恵)が現れ、光は戸惑う。一方、蘭(水野美紀)は通り魔に刺された場所に信を連れて行く。

第4話 2017年2月10日「波乱のWデート旅行」 視聴率 6.5%
 秀子(秋元才加)は、光(倉科カナ)のSNSに「泥棒」などの悪口を書いた犯人が蘭(水野美紀)だと察し、彼女に会う。蘭から、光と信(大谷亮平)のある写真を見せられた秀子は、光には天罰が必要だと提案。一方、康太(三浦翔平)の実家を訪れた光は、ついに美佐(榊原郁恵)から結婚を許され喜ぶが、そこへ光と信の写真を引き延ばしたパネルが届く。激情に駆られた康太はそのパネルを壊し…。

第5話 2017年2月17日「逆転…奪い返す日」 視聴率 6.1%
 信(大谷亮平)の思わぬ告白に驚く光(倉科カナ)と蘭(水野美紀)。そこへ現れた康太(三浦翔平)が暴れ出し、制しようとした光が転んで頭を打って病院へ。康太は警察に捕まる。その後、美佐(榊原郁恵)が迎えに来て解放された康太は、美佐から「したいようにすればいい」と言われ笑顔を見せる。そんな中、信が光とは会わないから何もするなと蘭に懇願し、姿を消す。蘭と秀子(秋元才加)は美佐の自宅を訪ね、共に光への憎しみをぶちまける。

第6話 2017年2月24日「妻の秘密…衝撃の結末!」 視聴率 7.1%
 秀子(秋元才加)から、縁切り神社で光(倉科カナ)と信(大谷亮平)が別れるよう神頼みすればと言われ、憤る康太(三浦翔平)。さらに、光のバッグに入れた盗聴器の受信機を見せられた康太は、秀子に襲い掛かり、ますます心が壊れていく。一方の蘭(水野美紀)も、不気味な人形で光を呪っていた。そんな中、光はけじめをつけようと、康太に婚約破棄を頼む。笑顔で承諾する康太だが、その後、縁切り神社を訪れ、同じ思いの蘭と出会う。

最終話 2017年3月3日「雪山で涙の最終決戦!」 視聴率 8.0%
 康太(三浦翔平)が蘭(水野美紀)の秘密を光(倉科カナ)や信(大谷亮平)らに暴露する。直後、信は倒れ、病院へ。信の病気のことを聞いた蘭は、秀子(秋元才加)の協力を得て、光が目を離した隙に信を自宅に連れ帰ろうとする。光と康太が追いつく中、目覚めた信は隠していたことを話してほしいと蘭に告げる。全てを告白し、そこまでして信を手に入れたかったと訴える蘭。蘭の行為が許せない光。2人を前にした信は、蘭の方へ歩み寄る。


番組公式サイト
奪い愛、冬 - Wikipedia
タグ:奪い愛、冬

『奪い愛、冬 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
2013年春( 4 - 6月期)
50音検索