2016年11月28日

カインとアベル 第8話

#8「忍びよる悪魔の誘い一瞬で奪われる幸せ」2016.12.05 on air 

 高田総合地所の取締役に就任した高田優(山田涼介)は、ますます仕事への意欲が増していく。一方、一時は仕事と家庭のどちらを選ぶかで悩んだ矢作梓(倉科カナ)は、隆一(桐谷健太)との“結婚=家庭”を選ぶことを決意。上司の団衛(木下ほうか)に退社を申し出た。

 貴行(高嶋政伸)と優の接近が面白くない隆一は、 黒澤幸助(竹中直人)から食事に誘われる。その席で、黒沢は優の台頭に焦りを感じているのではないかと、隆一の痛いところをストレートに突く。否定できない隆一。しかし、黒沢は、優は危うさも併せ持っている気がするとも告げた。

 隆一が家に帰ると梓がいた。隆一と梓の披露宴の進捗が気になる貴行が呼び出したのだ。そこに優も帰って来る。貴行から梓が結婚を機に退社すると聞いた優の様子が変わった。正直な気持ちではないと梓に迫る優。だが、梓は冷静に自分から望んだことだとたしなめられてしまう。

 翌日、梓の決断にいら立つ優は仕事で紛らわせようとするが、社員としては先輩の安藤充(西村元貴)を怒鳴りつけてしまう。休憩室で自己嫌悪になる優を慰めたのは、柴田ひかり(山崎紘菜)だった。

 その頃、高田総合地所には地方空港の開発プロジェクトの件が持ち上がっていた。参入を進める優に対して、隆一は慎重な態度を崩さない。だが、優と貴行は仕事上での親密化。隆一には二人の会話や考えが気になって仕方がなくなってくる。そして、隆一の焦燥は取り返しのつかない方向へと…。

第1話 2016年10月17日「僕とアニキの2つの三角関係」
第2話 2016年10月24日「ハートを掴め!!恋も仕事も驚きの大逆転」
第3話 2016年10月31日「超緊急事態!最大のピンチを乗り越えろ」
第4話 2016年11月7日「奇跡の大逆転!運命を変えたひらめき!」
第5話 2016年11月14日「裏切り?策略?愛?引き裂かれる2人!!」
第6話 2016年11月21日「嫉妬?欲望?転落?動き出す禁断の恋!!」
第7話 2016年11月28日「秘密!?激情!?策略!?迫り来る非常な運命」
第9話 2016年12月12日「衝撃!!裏切りの瞬間追い詰められる家族」

カインとアベル TOPへ
各話視聴率へ
2016年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2016年秋ドラマ視聴率一覧へ

『カインとアベル 第8話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2016年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

カインとアベル「忍びよる悪魔の誘い一瞬で奪われる幸せ」
Excerpt: たしかに、物語的には、「カインとアベル」になりつつあるのですが、前回が、高田優(山田涼介)のお仕事快挙!で面白かっただけに、強引な対立構造。強引な決断と悲劇。見ていてツッコミどころ満載。優も仕事に燃え..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2016-12-06 07:48

カインとアベル 第8話
Excerpt: 取締役に就任した優(山田涼介)が仕事への意欲を増して行く一方、仕事と家庭のどちらを選ぶかで悩んだ梓(倉科カナ)は、隆一(桐谷健太)と結婚して家庭を選ぶことを決めて、上司・団(木下ほうか)に退社を申し出..
Weblog: ぷち丸くんの日常日記
Tracked: 2016-12-06 09:44

カインとアベル (第8話・2016/12/5) 感想
Excerpt: フジテレビ系・月9『カインとアベル』(公式) 第8話『忍びよる悪魔の誘い一瞬で奪われる幸せ』の感想。 なお、原案:旧約聖書「創世記」第4章「カインとアベル」は未読。また、関連の..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2016-12-06 09:46

滅びに通じる道はなだらかで少し下っている(山田涼介)
Excerpt: カインとアベルは「聖書」の冒頭に近い。 そこでは「神の支配」の絶対性が語られている。 カインは弟の方が自分よりも神に愛されていることに絶望し、絶望から抜け出すために弟を殺害する。 つまり・・・神を愛す..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2016-12-06 16:25

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索