2016年11月20日

とげ 小市民 倉永晴之の逆襲 第8話(最終話)

最終話
2016年11月26日 放送
「晴之の決意、奇跡を起こすか?」
ラテ欄「勝算なき選挙戦…晴之は奇跡を起こすか?」

晴之、市議会議員に立候補する

 市役所を退職した晴之(田辺誠一)は街中でゴミ拾いをする日々。その姿を見た元部下の原山(内田滋)は、子供に「ゴミおやじ!」と呼ばれる晴之の哀れな姿に声もかけられない。そんな折、倉永家では晴之が離婚を覚悟で裕美(西田尚美)に、市議会議員に立候補したいと相談。驚く裕美だったが、離婚届を破り捨て晴之を応援することに。


晴之、立候補を発表!

 市役所に記者会見場の申し込みをしたことで、晴之が市議会議員に立候補することが公になり、市役所の面々は様々な思いに駆られていた。会見当日、汚れた作業服姿で会見場に現れた晴之は、熱意のこもった公約としがらみのない選挙活動を宣言。勝算のないその内容に、集まった記者たちは半ば呆れ顔。それでも、「奇跡を起こしてみせます」と言い切った晴之だったが…。


何か秘策でもあるのか?

 原山から見せられた市民相談室の報告書の中に、新たな落書き犯の犯行が記されていた。ひらめいた晴之は、報告書を借りて解読に乗りだす。その頃、晴之の大学の先輩・野添(梨本謙次郎)が、以前、モデルの男性が晴之に似ていると話した自殺防止ポスターがテレビCMで大々的に流れ、結果的に晴之の活動を後押しする形になった。それは、晴之の選挙ポスターの顔と、自殺防止ポスターとが、瓜二つのデザインで…。


奇跡は起きるのか!?

 ポスターによって、知名度が徐々に上がる中、晴之は落書きに記されたメッセージを解読。ついに連続落書き犯を捕まえた。新聞記者の八嶋(清水伸)からは、売名行為と揶揄されるが、市民と一緒に町づくりを始めるために当選したいと力強く答える。さらにわに公園で「児童センター建設反対」のプラカードを持って座り込みをしている白銀(木の実ナナ)や市民がのどかな時間を過ごす光景を見ながら、わにのくに市に暮らす全員が町を変える力を持っている、と、晴之は強く決意を新たにした。市議選の結果は?晴之の思いは届くのか?

第1話 2016年10月8日「倉永晴之、毎日 毎日 とげだらけ」ラテ欄「毎日毎日とげだらけ…不条理に立ち向かえ」
第2話 2016年10月15日「倉永晴之、職場に家庭にトラブル巻き込まれすぎ」ラテ欄「職場に家庭にトラブル巻き込まれすぎ…流石に参った」
第3話 2016年10月22日「ワニ騒動に夫婦ゲンカ。晴之のストレスはマックスに!!」ラテ欄「ストレスもはや限界!?晴之ついにキレる!」
第4話 2016年10月29日「こんなことで俺は負けんぞ、絶対に負けん!!」ラテ欄「市長の暴行と上司の圧力、妻の家出まで…俺は絶対負けない!」
第5話 2016年11月5日「倉永晴之vs常磐市長」ラテ欄「和解か?さらなる対立か?晴之VS市長再び」
第6話 2016年11月12日「倉永晴之を待ち受ける次の試練」ラテ欄「常磐市長出馬断念!運命の市長選の行方は?」
第7話 2016年11月19日「土地開発公社で晴之が知った疑惑とは?」ラテ欄「談合疑惑に収賄まで…不正に立ち向かえ!」

とげ 小市民 倉永晴之の逆襲 TOPへ
2016年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『とげ 小市民 倉永晴之の逆襲 第8話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索