2016年11月16日

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 第8話

STORY #8「悦子VS部長の元カノ仕事も恋愛も全力には全力返し」2016.11.23

悦子(石原さとみ)は、恋愛小説家・桜川葵(伊藤かずえ)の小説の校閲を任される。茸原(岸谷五朗)は悦子に、葵は中途半端な仕事を嫌う厳しい人なので、いつも以上に全力で仕事をしてほしいと言う。

そんな中、校閲部に葵が訪ねてくる。茸原の姿を見つけ、いきなり彼に抱きつく葵。茸原と葵には、意外な過去があった。

仕事にも恋愛にも情熱的な葵に負けじと、悦子は全力で葵の小説を校閲する。一方、葵は悦子に指摘されたことを取り入れ、再校で大幅に内容を変える。

悦子は、また最初から校閲し直さなければならなくなるものの、めげずに取り組む。お互いの立場で激論を交わしながら、作品を作り上げていく悦子と葵。次第に、二人は意気投合するが…。

第1話 2016年10月5日「なんで私が校閲に?オシャレ校閲ガールが大暴れ!」
第2話 2016年10月12日「毒舌&型破りな校閲ガール!張り切り過ぎて大失敗」
第3話 2016年10月19日「毒舌&型破りな校閲ガール!理不尽ルールに物申す」
第4話 2016年10月26日「河野悦子 校閲VSパパラッチ女優の夢を壊す記者に本気ギレ」
第5話 2016年11月2日「型破り校閲ガール!カリスマスタイリストに物申す」
第6話 2016年11月9日「一晩で緊急校閲!集え!作家&編集&校閲涙の本作り」
第7話 2016年11月16日「幸人の衝撃の過去を校閲!事実確認すれば破局?」
第9話 2016年11月30日「校閲はなくてもいい仕事?緊急事態!悦子が地味に」

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 TOPへ
各話視聴率へ
2016年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 第8話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2016年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子「悦子VS部長の元カノ仕事も恋愛も全力には全力返し」
Excerpt: 悦子(石原さとみ)が、本郷(鹿賀丈史)にも、幸人(菅田将暉)との仲を認められ、喜ぶも、何日か会ってないことにジタバタする、コメディアンヌぶりが可愛かったです。主題歌を筆頭に、コミック・ティストな演出が..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2016-11-24 07:49

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 (第8話・2016/11/23) 感想
Excerpt: 日本テレビ系・水曜ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(公式) 第8話『悦子VS部長の元カノ仕事も恋愛も全力には全力返し』の感想。 なお、原作小説の宮木あや子氏『校閲ガ..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2016-11-24 08:35

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索