2016年11月03日

科捜研の女 第16シリーズ 第3話

第3話「夫婦問題カウンセラー殺人!死体が破いた離婚届の謎」2016年11月10日

 離婚に悩む夫婦の相談に乗る“夫婦問題研究所”のカウンセラー・下川真帆(魏涼子)が、自宅マンションで毒殺死体となって発見された。その夫婦問題研究所は、“離婚は地獄の入り口よ!”というキャッチフレーズでブレークしたカリスマカウンセラー・城ヶ崎渚(あめくみちこ)が所長を務めており、離婚は選択せず、とにかく夫婦愛を修復すべきという立場で、相談者に対して助言を行っていた。

 しかし、実は殺された真帆は夫と別居中で、離婚を考えていたことがわかる。夫によると、真帆からほかに好きな男性ができたと打明けられたという。

 現場には水の入ったタンブラーが残されており、榊マリコ(沢口靖子)ら科捜研が鑑定した結果、水からは毒物が検出されず、死の直前に口にした焼き菓子に毒物が仕込まれていたことが明らかになる。また、遺体の手には小さな紙片が握られていたが、それは離婚届の切れ端だったことが判明する。さらに、事件前日、真帆が階段から何者かに突き落されていた事実も浮上した。

 その矢先、同じく事件の前日、渚が“鉄輪の井戸”で熱心に祈っている姿が目撃されていたことがわかった。鉄輪の井戸とは、浮気している相手にこの井戸の水を飲ませると悪縁を断ち切ることができるとされるスポットだ。渚は、夫の充生(橋爪淳)に浮気されていたのだろうか…!? 調べると、充生が毎月20万円を真帆の口座に振り込んでいた事実が発覚する。真帆の交際相手は、充生なのか…!?

 そんな中、科捜研のメンバーと土門刑事(内藤剛志)は事件当日の午前中、マリコが夫婦愛修復セミナーに参加していたと聞いて驚愕する。一同は、マリコが元夫と復縁を考えているのではないかと騒然とするが…!?

第1話 2016年10月20日「美女誘拐!覆面犯を透視する0.2秒の微表情解析!!」
第2話 2016年11月3日「新幹線急加速…決死の人質救出作戦!!空飛ぶ巫女の謎」
第4話 2016年11月17日「マリコ決死のヤミ鍋鑑定!誕生日に殺された美女の謎」

科捜研の女 第16シリーズ TOPへ
各話視聴率へ
2016年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2016年秋ドラマ視聴率一覧へ

『科捜研の女 第16シリーズ 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2016年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

科捜研の女16期第3話 & ドクターX 外科医・大門未知子4期第5話 & Chef 三ツ星の給食第5話(11.10)
Excerpt: ・科捜研の女16期第3話 城ヶ崎渚(あめくみちこ)の夫婦愛修復セミナーに なぜか参加した榊マリコ(沢口靖子)、 だが別のカウンセラー下川真帆(魏涼子)が自宅で 何者かに毒殺されてしまう。 夫婦愛修復セ..
Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
Tracked: 2016-11-16 23:06

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
50音検索