2016年09月23日

逃げるは恥だが役に立つ TOP

『逃げるは恥だが役に立つ』(にげるははじだがやくにたつ)は、2016年10月11日から同年12月20日まで、TBS系「火曜ドラマ」枠(毎週火曜 22:00〜22:54)にて放送された。全11話。主演は新垣結衣。


原作概要
『逃げるは恥だが役に立つ』(にげるははじだがやくにたつ、Szégyen a futás, de hasznos.)は、海野つなみによる日本の漫画作品。『Kiss』(講談社)にて2012年22号より連載され、同誌は2013年5月号より月刊誌となり、6月号より毎号連載されている。単行本は2016年6月現在既刊7巻。略称は『逃げ恥』(にげはじ)。

『回転銀河』以来の現代もので、契約結婚をテーマとしている。タイトルの「逃げるは恥だが役に立つ」は、ハンガリーのことわざで、各話サブタイトルもことわざである。2015年、第39回講談社漫画賞・少女部門受賞。


ドラマ概要
海野つなみの同名漫画をドラマ化した社会派ラブコメディー。新垣結衣が“仕事としての結婚”に踏み切る25歳の女性・森山みくりを演じる。

大学院を卒業したのに内定ゼロで、派遣社員になるも契約を打ち切られたみくりが、星野源が演じる独身サラリーマン・津崎平匡の家事代行として働き始め、“契約結婚”することになるストーリー。

同じ屋根の下で生活をスタートさせ、徐々にお互いを意識し始めた“妄想女子”のみくりと、35年間恋愛経験がなく、どこまでも“ウブ男”な津崎の姿をコミカルに描く。


ストーリー 
大学院を卒業したのに内定ゼロで、派遣社員になるも派遣切りにあった森山みくり(新垣結衣)。そんな娘の姿を見かねた父の計らいで、みくりはウブな独身会社員の津崎平匡(星野源)の家事代行として働き始める。

かゆいところに手が届く献身的な働きぶりで津崎の信頼を勝ち取ったみくりだが、ある出来事がきっかけで、その仕事も失いそうになってしまう。そんな中、みくりは津崎に「就職という意味で結婚するのはどうか」と事実婚としての“契約結婚”を持ちかけ、津崎が雇用主、みくりが従業員として新婚生活をスタートさせることになる。


キャスト
森山 みくり〔25→26〕
演 - 新垣結衣
1990年9月8日生まれ。真面目で頑張り屋な性格。家事全般が得意なのは掃除のパートで働いていた母譲りのところがある。

津崎 平匡〔35→36〕
演 - 星野源
1980年11月9日生まれ。 IT企業「3Iシステムソリューション」に勤務。山口出身。京都大学卒業。本人曰く「プロの独身」。人付き合いが得意でなく一人でいるのが気楽な性格だが、みくりの距離感をわきまえた態度と仕事ぶりを認めている。

風見 涼太〔32〕
演 - 大谷亮平(中学時代:青木綾平)
津崎の後輩。自分の時間を大切にする性格のため、結婚には否定的。みくりからは「自分の時間だけでなく、相手の過ごす時間もしっかり考えられるタイプ」と言われている。

土屋 百合〔49〕
演 - 石田ゆり子
みくりの伯母で桜の姉。通称「百合ちゃん」。外資系の化粧品会社「ゴダールジャパン」に勤務。20歳位の頃、幼い頃のちがやに「一生結婚出来ない」と言われ、現在に至るまでずっと独身のキャリアウーマン。

沼田 頼綱
演 - 古田新太
IT企業「3Iシステムソリューション」に勤務(津崎の上司)。百合とは飲み仲間。クックパッドでは「ハートフル坊主」という名前でレシピを投稿している料理上手。地獄耳。

3Iシステムソリューションズ
日野 秀司〔40〕
演 - 藤井隆
津崎の同僚。明るく常識的な性格で妻子持ちであり、休日には家族サービスを欠かさない2人の子どもを持つ父。

ゴダールジャパン 
梅原 ナツキ
演 - 成田凌
百合の部下。同僚の柚とは犬猿の仲であったが、彼女が帰国子女であり、更にそれを言い訳にせず仕事に取り組んでいることを知って彼女を認めるようになった。

堀内 柚
演 - 山賀琴子
百合の部下。恋に仕事に一生懸命で若いうちにたくさんの男と付き合いたいと思っているイマドキ女子。第7話で帰国子女であることが判明した。

みくりの家族
森山 栃男
演 - 宇梶剛士
みくりの父。定年退職し現在は妻・桜と一緒に館山の古民家に住んでいる。

森山 桜
演 - 富田靖子
みくりの母。百合の妹。23歳の時にみくりを産んだ。

森山 ちがや
演 - 細田善彦(第2・8話)
みくりの兄。妹と違い、言動に配慮がない。

森山 葵
演 - 高山侑子(第2・8話)
みくりの義姉(ちがやの妻)。

平匡の家族
津崎 宗八
演 - モロ師岡(第2・5話)
平匡の父。

津崎 知佳
演 - 高橋ひとみ(第2・4・5・8話)
平匡の母。

その他
田中 安恵
演 - 真野恵里菜
みくりの親友。元ヤンキーで一児の母。愛称は「やっさん」。

山さん
演 - 古舘寛治
沼田の行きつけのバーのマスター。

竹中 道彦
演 - 高橋洋
渡辺 一馬
演 - 葉山奨之

星 怜二
演 ‐ 清水優

茉菜
演 - 古畑星夏

田島 良彦
演 ‐ 岡田浩暉(第3・4・9・10話)
ゴダールジャパンの取引先(百合の大学時代のゼミの同期)。イケメン。

里中 仁美
演 ‐ 中島ひろ子(第6・9話)
「ゴダールジャパン」のコンプライアンス部所属の社員(百合の同期)。既婚者。

仲居さん
演 - 宍戸美和公(第6話)
みくりと平匡が泊まった修善寺温泉の旅館の仲居。

旅館のフロントマン
演 - 高崎二郎(第6話)
みくりと平匡が泊まった修善寺温泉の旅館のフロント。

カヲル
演 - 小柳友(第6話)
みくりが高校時代につきあっていた元彼。

リリカ
演 - 美沙玲奈(第6話)
カヲルの現在の彼女。

田中 多恵子
演 ‐ 小貫加恵(第7話)
安恵の祖母(八百屋「八百安」経営)。

神原
演 ‐ 横田栄司(第8・9話)
「3Iシステムソリューションズ」社長。

五十嵐 杏奈
演 - 内田理央(第9・10話)
津崎が勤める会社の取引先で働いているOL。

加茂中
演 ‐ 橋爪淳(第9話)
「ゴダールジャパン」首都圏本部長。

重森部長
演 ‐ 日向丈(第9話)
加茂中の部下。

スタッフ
原作 - 海野つなみ(講談社『Kiss』掲載)
脚本 - 野木亜紀子
エンディング振付 - MIKIKO(ELEVENPLAY)
プロデューサー - 那須田淳、峠田浩、宮崎真佐子
演出 - 金子文紀、土井裕泰、石井康晴
音楽 - 末廣健一郎、MAYUKO
特別協力 - 横浜市、JR東日本リテールネット、クックパッド株式会社
製作著作 - TBS

オープニングテーマ - チャラン・ポ・ランタン(avex trax)
主題歌 - 星野源「恋」(スピードスターレコーズ)


各話あらすじ(2016.10.11 - 2016.12.20)全11話 平均視聴率 14.47%
第1話 2016年10月11日「 私を妻として雇って下さい!契約結婚から生まれる愛!?」※初回15分拡大(22:00〜23:09)
 主人公・森山みくり (25歳) は、彼氏なし、院卒だけど内定ゼロ、派遣社員になるも派遣切り、そしてただ今求職中。「誰からも必要とされない辛さ」 を日々感じている。そんなみくりを見かねた父親のはからいで、独身の会社員・津崎平匡 (35歳) の家事代行として働き始めることに。かゆいところに手が届く働きぶりで津崎の信頼を勝ち取ったみくり。しかし、あるキッカケでその仕事も失いそうになる。将来に不安を抱え追いつめられたみくりは、ひょんな会話の流れから津崎に 「就職という意味で結婚するのはどうですか?」 と提案してしまう。

第2話 2016年10月18日「秘密の契約結婚波乱の両家顔合わせ」
 みくり(新垣結衣)と津崎(星野源)は契約結婚に合意。周囲には普通の結婚と伝えつつ、実際には婚姻届を出さず事実婚という形で「専業主婦としての雇用関係」を結ぶ。迎えた両家顔合わせの日。結婚式をしないと宣言した2人に双方の両親は難色を示すが、みくりの良き理解者である伯母・百合(石田ゆり子)が賛成したため、話がまとまる。そんな折、津崎の同僚・沼田(古田新太)らが、みくりと会ってみたいと言い出す。

第3話 2016年10月25日「一番好きです!契約妻の突然の告白」
 沼田(古田新太)と風見(大谷亮平)が家に1泊して以来、みくり(新垣結衣)と津崎(星野源)は適切な距離感をつかめず、ぎくしゃくした関係に。事態打開のため、津崎は互いの個室がある広い部屋への引っ越しを提案するが、みくりは彼が心を閉ざし始めたことに不安を感じていた。そんな中、みくりは津崎の母・知佳(高橋ひとみ)から、津崎が‘彼女いない歴35年’だと聞く。一方の津崎は、みくりと風見の親しさに心が騒ぐ。

第4話 2016年11月1日「私、恋人を作ろうと思います!」
 風見(大谷亮平)は津崎(星野源)に、家事代行としてみくり(新垣結衣)を週1回ほど‘シェア’させてほしいと提案。シェアという言葉を不快に思う津崎は、みくりにその提案を言い出せない。一方、みくりは風見から先に話を聞いてしまい、津崎が切り出すのを待っていた。しびれを切らしたみくりは、ついに津崎にシェアの真意を聞く。そして、ちょうど歯の高額な治療費に悩んでいたため、風見の下で週2回の‘副業’を始める。

第5話 2016年11月8日「ハグの日始めました!」
 みくり(新垣結衣)は津崎(星野源)に「恋人になってほしい」と申し出る。心の壁を取り払おうと考えた末の提案だったが、恋愛方面に自信のない津崎は困惑するばかり。そんなある朝、出勤中の百合(石田ゆり子)は、風見(大谷亮平)に忘れ物を届けるみくりを目撃。2人が不倫関係にあると誤解し、風見に詰め寄る。風見からそのことを聞いた津崎は、百合の疑いを晴らすため、みくりの‘恋人’の提案を受け入れることにする。

第6話 2016年11月15日「温泉一泊旅行にまつわるエトセトラ」
 みくり(新垣結衣)と津崎(星野源)は百合(石田ゆり子)の計らいで、新婚旅行として温泉地へ行くことになった。女性と同じ部屋で寝た経験がない津崎は先行きに不安を覚えるが、‘社員旅行’だと自分に言い聞かせる。旅行当日。旅館に到着した2人は、宿泊する部屋を見て驚く。百合が気を回して、ツインからダブルベッドの部屋に予約が変更されていたのだ。そんな中、みくりは旅館のロビーで偶然、高校時代の恋人に会う。

第7話 2016年11月22日「あのキスのあとさき」
 新婚旅行の帰りの列車で、みくり(新垣結衣)は津崎(星野源)から突然キスをされる。だがそれ以来、津崎はキスの件に全く触れようとせず、真意が分からないみくりはやきもきする。一方の津崎は、みくりが怒っていると勘違いし、今までの関係が崩れることを恐れていた。そんな中、津崎はみくりの誕生日が1カ月前に過ぎていたことに気付く。そこで、プレゼントを選ぼうとするが、何を買えばいいのかさっぱり分からない。

第8話 2016年11月29日「離婚と実家と運命の相手」 ※「Jリーグチャンピオンシップ2016決勝」(19:00 〜 21:19)放送のため、開始時間変更(22:23 〜 23:17)
 母・桜(富田靖子)が骨折したとの連絡を受けたみくり(新垣結衣)は、津崎(星野源)に状況を知らせるメモを残してマンションを出て、実家へ向かう。実家では、父・栃男(宇梶剛士)が全く家事ができず、桜はいら立ちを募らせていた。百合(石田ゆり子)や風見(大谷亮平)は、戻らないみくりのことを気に掛ける。一方、津崎は日野(藤井隆)に呼び出されて参加した会社の飲み会で、風見とぶつかり合った揚げ句、泥酔してしまう。

第9話 2016年12月6日「あの人に好きだよと言われる3日前」
 みくり(新垣結衣)を迎えに行ったものの擦れ違いになり、そのまま仕事に忙殺されていた津崎(星野源)。数日後にようやく再会し、どちらからともなくハグをする。早速、契約内容の見直しを言い出した津崎に対し、みくりは彼が自分のことを好きなのかどうか分からず困惑。津崎もまた、みくりの本意がつかみきれずにいた。一方、会社の危機を知った沼田(古田新太)は、リストラ候補を探るため、社員の調査をしていて…。

第10話 2016年12月13日「15分拡大SP! 恋愛レボリューション2016」 ※15分拡大(22:00 〜 23:09)
 お互いに気持ちを伝え合ったみくり(新垣結衣)と津崎(星野源)。「朝まで一緒にいよう」と言ったものの、交際経験がなく女性に対し壁を築いてきた‘プロの独身’の津崎は、途中でみくりを残し、家から逃げ出してしまう。一方、風見(大谷亮平)は五十嵐(内田理央)の強引な誘いに乗り、一緒に展覧会へ。そこで、田島(岡田浩暉)と来ていた百合(石田ゆり子)に再会する。そんな中、休日に沼田(古田新太)が津崎を訪ねてくる。

最終話 2016年12月20日 最終回SP「夫婦を超えてゆけ」 ※15分拡大(22:00 〜 23:09)
 みくり(新垣結衣)へ突然プロポーズをした津崎(星野源)。しかし、その行動に津崎のリストラが影響していることを知ったみくりは複雑な気持ちでいた。 また、親友の安恵(真野恵里菜)の誘いで副業をはじめたことにより、次第に本職である主婦の仕事が手につかなくなってしまったみくり。心の余裕の無さから、優しい気遣いを見せる津崎にもきつくあたってしまう。

各話視聴率


番組公式サイト
逃げるは恥だが役に立つ - Wikipedia

『逃げるは恥だが役に立つ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

【逃げるは恥だが役に立つ】第1話 「プロの独身男と秘密の契約結婚」 感想
Excerpt: 彼女にとって、これは臨時の仕事にすぎない。 週に一度、3時間。月収に換算するとわずか2万4000円。 この仕事を続けたところで彼女の希望が叶うわけではない。 なのに なぜ彼女は懸命に働くのだろう? 逃..
Weblog: ドラマ@見とり八段
Tracked: 2016-10-12 05:37

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
2013年春( 4 - 6月期)
50音検索