2016年09月23日

カインとアベル TOP

『カインとアベル』は、2016年10月17日から同年12月19日まで、毎週月曜21:00 - 21:54に、フジテレビ系の「月9」枠で放送された。全10話。主演は山田涼介。初回15分拡大。


概要
カインとアベルとは、旧約聖書「創世記」第4章に登場するアダムとイヴの息子たちの名前。神・ヤハウェから寵愛を受ける弟のアベルとそれに嫉妬する兄・カインの物語を原案に、2016年の東京を舞台に移して展開するヒューマンラブストーリーで、Hey! Say! JUMPの山田涼介が月9初主演を飾る。

山田演じる主人公のサラリーマン・高田優が、“愛への渇望”“父に認められたい”という呪縛の中でもがきながら、家族や仕事、そして愛する人とのせめぎ合いや葛藤を通じ、“本当に大切なもの”をその手につかもうとする姿が描かれる。


ストーリー 
高田優(山田涼介)は、デベロッパー会社の社員。優の兄は幼い頃から成績優秀で、父親はそんな兄にひときわ目を掛けてきた。一方で優に対しては無関心だったため、優は「父に認められたい」という思いをずっと抱いている。

そんなある日、優は一人の女性と巡り会う。出会いは最悪だったが、徐々に彼女に恋愛感情を抱き始める優。しかし、皮肉にもその女性は兄の恋人だったと分かる。複雑な恋愛模様、兄と父親に対する葛藤の中で、度重なる危機に直面する優は、一人の男として、そして一人の人間として変貌を遂げるべく歩み始める。


キャスト
高田 優(たかだ ゆう)〈24〉
演 - 山田涼介(4歳幼少期:岩田琉聖、10歳幼少期:森田愛蓮)
本作の主人公。高田総合地所株式会社 営業部 5課 社員から取締役に。兄・隆一の恋人の梓に心惹かれ気になる存在へ、そして禁断の愛に揺れるようになっていく。兄とは比較されて育てられ、他の社員からも冷遇されていたが、ドレイモンドとのリゾートホテルの共同開発の事業のプレゼンが成功した事を切欠に、風向きが隆一から自分に変わるようになる。それまで父、貴行とは仲が悪かったが、それを切欠に一気に親密化し、仕事にも意欲的になるが、矢作から寿退職する事を聞いた結果、心のバランスを乱す。

高田 隆一(たかだ りゅういち)〈32〉
演 - 桐谷健太(幼少期:高山稜来、青年期:新川五朗)
優の兄。高田総合地所株式会社 副社長。矢作は恋人でもあり、婚約者。バンコクの都市開発の事業をトラブルがありながらも成功させようと頑張ったが、莫大な債務を抱えてしまい、ショックから引きこもる。その後も何とか立ち直そうと再起を試みたが、自分に向かっていた風向きが弟に変わった上に自身の不正を暴かれ、解雇される。

矢作 梓(やはぎ あずさ)〈28〉
演 - 倉科カナ
高田総合地所 横浜支社から本社に異動してきた社員。隆一の恋人だが、優に片思いされる。隆一と婚約を発表してから、仕事と家庭を両立すべきか悩んだ結果、家庭を優先し、退職する決意をする。

高田 貴行(たかだ たかゆき)〈55〉
演 - 高嶋政伸
優・隆一の父。高田総合地所株式会社 社長。兄弟では隆一だけを偏愛し育てていたが、優がリゾートホテルの共同開発の為のプレゼンをした結果、隆一より優に仕事を任せようとする。 

黒沢 幸助(くろさわ こうすけ)〈58〉
演 - 竹中直人(第4話 - )
桃子の婚約者。急に弟に事業を任せるようになった周りに焦る隆一に冷静にアドバイスを送る。

広瀬 早希(ひろせ さき)〈46〉
演 - 大塚寧々
小料理屋「HIROSE」の女将。

高田 桃子(たかだ ももこ)〈56〉
演 - 南果歩
優・隆一の伯母。貴行の姉で宗一郎の長女。高田総合地所株式会社 元専務。

高田 宗一郎(たかだ そういちろう)〈82〉
演 - 平幹二朗( - 第2話)→寺尾聰(第4話 - )
優・隆一の祖父。貴行と桃子の父。高田総合地所株式会社 会長。
※2話まで演じた平は2話放送の2日前となる10月22日に急逝し、本作が遺作となった。

高田総合地所 関係者
団 衛〈50〉
演 - 木下ほうか
営業部 部長から本部長へ昇進。

佐々木 肇〈50〉
演 - 日野陽仁
優の上司。営業部 5課 課長。

柴田 ひかり〈24〉
演 - 山崎紘菜
優の同期。営業部 5課。優の良き理解者であり、彼に入社直後から好意を寄せている。優の気持ちが自分に向いていないことにも気づいている。

安藤 充〈26〉
演 - 西村元貴
優の同僚。営業部 5課。

三沢 陽太〈25〉
演 - 戸塚純貴
優の同僚。営業部 5課。

青木
演 - 久ヶ沢徹
副社長秘書。

道端
演 - 外川貴博
海外事業部長。

土屋
演 - 河原雅幸
アウトレットプロジェクトチームの社員。

秘書
演 - 真木恵未
社長秘書。

秘書
演 - 宮本大誠
取締役秘書。

伊東
演 - 菊池敏弘
取締役秘書。

役員
演 - 若尾義昭

役員
演 - 野村信次

役員
演 - 戸沢佑介

その他
柏田 ふみ子
演 - 森澤早苗
高田家の家政婦。

後藤
演 - 今井朋彦
「ピッツェリア マッシモッタヴィオ」店主。

橋本 綾乃
演 - 宮地真緒
橋本の娘。

橋本
演 - 村井國夫
代議士。

田島 文彦
演 ‐ 須永慶
「よつ葉銀行」頭取。

エリック・トンプソン
演 ‐ Brett Coleman
「ドレイモンドリゾート社」社員。リゾート開発のクライアント。

大田原
演 ‐ 鶴田忍
民栄党代議士。

ゲスト
第1話
そば屋の主人
演 - 品川徹
「そば茶屋 九拾九坊」店主。

松野
演 - 夏川加奈子
売主。

第2話
長谷川 守
演 ‐ 小林隆
高田総合地所 設計部 設計担当。

神谷 仁
演 ‐ 竜雷太(特別出演)
建築家。わがままで癖が強い。昔から宗一郎とは知り合いだったが、孫である優には厳しく接する。

第3話
佐野
演 ‐ 田中幸太朗
「白河湖の環境を守ろうの会」代表。

兵頭 光一
演 ‐ イッセー尾形
「東白河商工会議所」会頭。

第5話
神父
演 ‐ Chris De Montalte
隆一・梓の挙式予定である教会の神父。

第6話
高山 晴子
演 - 川口春奈(『Chef〜三ツ星の給食〜』よりスペシャルゲスト)
ケータリングデリバリーの店員。

第7話
スティーブン・ホール
演 ‐ Richard E.Wilson
「ドレイモンドリゾート社」CEO。

通訳秘書
演 - みょんふぁ
スティーブン・ホールの通訳秘書。

第8話
エミリー・ウォーカー
演 - Cynthia Cheston
優のクライアント。

第9話
検察官
演 - 横塚真之介

スタッフ
原案 - 旧約聖書 創世記 カインとアベルより
脚本 - 阿相クミコ、山崎宇子
脚本協力 - 金沢達也(第1話)
デベロッパー監修 - 栗原知己
音楽 - 菅野祐悟
プロデュース - 羽鳥健一、池田拓也、西坂瑞城
演出 - 武内英樹、葉山浩樹、谷村政樹、洞功二
制作 - フジテレビドラマ制作センター

オープニング - ショスタコーヴィチ「交響曲第5番第4楽章」
主題歌 - Hey! Say! JUMP「Give Me Love」(ジェイ・ストーム)


各話あらすじ(2016.10.17 - 2016.12.19)全10話 平均視聴率 8.21%
第1話 2016年10月17日「僕とアニキの2つの三角関係」※初回15分拡大(21:00〜22:09)
 優(山田涼介)は、父の貴行(高嶋政伸)が社長を務める高田総合地所で働く平社員。幼い頃から成績優秀で完璧な兄・隆一(桐谷健太)は副社長を務めていて、隆一にばかり目をかける父に、優は複雑な感情を抱いていた。会社の創立50周年記念パーティーの日、会場に居づらくなり抜け出した優は、梓(倉科カナ)という女性と知り合う。後日、商業施設のコンペのためのプロジェクトチームに隆一の推薦で入った優は、そこで梓と再会する。

第2話 2016年10月24日「ハートを掴め!!恋も仕事も驚きの大逆転」
 アウトレットモールを設計する有名建築家・神谷(竜雷太)の担当になった優(山田涼介)と梓(倉科カナ)は、設計部の長谷川(小林隆)と神谷の元へ。だが、神谷は要望を一顧だにせず、好きなようにやると宣言。仕方なく辞去した後、長谷川の家に招かれた優らは、彼の家族に好感を抱く。一方、隆一(桐谷健太)は貴行(高嶋政伸)から見合いを迫られていた。数日後、完成した神谷の設計図はコストが掛かり過ぎで、優らは打開策を迫られる。

第3話 2016年10月31日「超緊急事態!最大のピンチを乗り越えろ」
 隆一(桐谷健太)の恋人が梓(倉科カナ)だと知った優(山田涼介)は、動揺しながらも2人を祝福する。貴行(高嶋政伸)も2人の仲を祝い、隆一が懸案のタイ・バンコクの都市開発を軌道に乗せられれば、次期社長として次の株主総会で推すという。一方、優と梓が携わるアウトレットモール計画では、施工を行うゼネコンの競争入札の準備が進んでいた。そんな中、社に建設地の地元有力者・兵頭(イッセー尾形)が現れ、提案を持ち掛ける。

第4話 2016年11月7日「奇跡の大逆転!運命を変えたひらめき!」
 隆一(桐谷健太)が会社を無断で休み、姿を消した。貴行(高嶋政伸)は、隆一が特命事項で動いていると役員たちにうそをつく。心配する優(山田涼介)は、隆一を捜して梓(倉科カナ)と神奈川・葉山の別荘に行き、彼の服とかばんを見つける。安心した梓は、隆一を傷つけたくないと言い、2人は彼に会わずに帰ることに。一方、優は隆一がタイ・バンコクの都市開発の件で銀行に追加融資を断られ、100億円用意できず苦しんでいたと知る。

第5話 2016年11月14日「裏切り?策略?愛?引き裂かれる2人!!」
 梓(倉科カナ)が隆一(桐谷健太)に100億円の出資は優(山田涼介)のおかげだと告げた。それは、隆一だけでなく頑張った優のためでもあったと言われた優の心は浮き立つ。一方、問題を解決したという隆一の言葉を頼もしく聞いた貴行(高嶋政伸)だが、日系ファンド社長・黒沢(竹中直人)の出資を取り付けたのが優だと桃子(南果歩)から聞く。そんな中、優は貴行の指名でリゾート会社社長との会食に列席。隆一は梓との結婚を急ぎ始める。

第6話 2016年11月21日「嫉妬?欲望?転落?動き出す禁断の恋!!」
 何か悩んでいる様子の梓(倉科カナ)と、対照的に結婚の準備で充実していると言う隆一(桐谷健太)の姿に戸惑う優(山田涼介)。そんな中、リゾート会社CEOへのプレゼンが2週間後に迫り、梓らプロジェクトメンバーとその準備に奔走する優は、働くことの楽しさを全身で感じる。そして梓も優と一緒に生き生きと働く。そんな2人の姿を目にした隆一は、改めて自分と結婚したら仕事を辞め、高田家に入ってほしいと梓に告げる。

第7話 2016年11月28日「秘密!?激情!?策略!?迫り来る非常な運命」
 ホテルを共同開発するリゾート会社CEO、スティーブン(リチャード・W)へのプレゼン初日。仲間の思いを背負って臨んだ優(山田涼介)は、梓(倉科カナ)の的確なサポートもあり、無事プレゼンを終える。が、スティーブンは顔色一つ変えず、手応えが得られない。一方、隆一(桐谷健太)はもし優が交渉に成功すれば会社の英雄になると貴行(高嶋政伸)に言われ、複雑な心境に。そんな中、優は梓が隆一との結婚を迷っていると知る。

第8話 2016年12月5日「忍びよる悪魔の誘い一瞬で奪われる幸せ」
 取締役に就任し、ますます仕事に入れ込む優(山田涼介)。周囲の態度も激変し、隆一(桐谷健太)は焦る。そんな隆一を支えると決意した梓(倉科カナ)は、寿退社の準備を進める。ある日、披露宴の準備で高田家を訪れた梓は、貴行(高嶋政伸)と優の前で仕事を辞めて家庭を守ると明言し、優に明かした迷いを否定。ショックを受けた優は仕事でもいら立ちを募らせ、先輩にまで声を荒げてしまう。一方、隆一は貴行と優の動向が気になり…。

第9話 2016年12月12日「衝撃!!裏切りの瞬間追い詰められる家族」
 優(山田涼介)は退職する梓(倉科カナ)を呼び出し、一緒に働こうと誘う。ところが、梓は拒絶し、全てを失った隆一(桐谷健太)と一緒に生きていくという。敗北感に打ちのめされる優。そんな時、貴行(高嶋政伸)から隆一が諦めた土地開発計画の存在を聞いた優は、競争心を駆り立てられ、黒沢(竹中直人)に連絡を取ってある政治家への仲介を依頼する。一方、梓は隆一が引きこもる別荘を訪れ、貴行から預かってきた万年筆を郵便受けに入れる。

最終話 2016年12月19日「山田涼介主演!激動の最終回!お前だけは許さない!」
 贈賄の疑いで警察に連行された優(山田涼介)を心配する隆一(桐谷健太)だが、貴行(高嶋政伸)は会社を守るため優に全責任を負わせることに。拘置所で心を閉ざす優に、面会に来た誘致相手の店主・後藤(今井朋彦)が、ここを出たらピザを食べに来いと言う。程なく、優は不起訴で釈放される。後藤の店に行き、仕事を楽しんでいた頃を思い出した優は自分を取り戻す。そして、政治家・大田原(鶴田忍)のわなにはめられたと気付く。

各話視聴率


番組公式サイト
カインとアベル (2016年のテレビドラマ) - Wikipedia

『カインとアベル TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
50音検索