2016年09月08日

はじめまして、愛しています。 第9話(最終話)

2016年9月15日放送
第9話(最終回)「2人の母本当の親は、誰?」

 梅田美奈(尾野真千子)と信次(江口洋介)の二人は、自分たち夫婦の方がハジメ(横山歩)を養育するのに適していると、家庭裁判所に監護者指定を申し立てる。堂本真知(余貴美子)から「勝つ確率はゼロに近い」と言われても、二人の気持ちは変わらない。ハジメと再び暮らせるようになるまで何があってもあきらめない、そう二人は決めたのだ。

 それからの二人は、自分たちの愛をすべての人に伝えようとの思いで、周囲の人々と向き合っていく。信次は母親に、美奈は父親に、これまでのわだかまりを捨て初めて愛の言葉を伝える。また、美奈はハジメを生んでくれた黒川泉(志田未来)にも思いを込めて手紙を書くのだが…。

 監護者指定の申し立ては真知の予想通り却下される。美奈たちは高等裁判所への上訴をすぐさま決断。そんな中、泉が「死なせてほしい」との遺書を残して姿を消す!

 泉はどこへ行ってしまったのか? ハジメ出生の真実は明かされるのか? そして美奈、信次、ハジメの3人は本当の家族になることができるのか?

 最後に誰も予想できない奇跡が起こる…!?

第1話 2016年7月14日「夫婦は捨てられた子の本当の家族になろうと思った」
第2話 2016年7月21日「あなたの手は、離さない」」
第3話 2016年7月28日「あなたの、あいを、ためします」
第4話 2016年8月4日「5才の産声初めてしゃべった日」
第5話 2016年8月11日「生まれて初めて書いた手紙」
第6話 2016年8月18日「実母の影」
第7話 2016年8月25日「実母の正体」
第8話 2016年9月8日「本当の親子になるために」

はじめまして、愛しています。 TOPへ
各話視聴率へ
2016年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2016年夏ドラマ視聴率一覧へ

『はじめまして、愛しています。 第9話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2016年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

はじめまして、愛しています。 最終回「2人の母本当の親は、誰?」
Excerpt: 美奈(尾野真千子)信次(江口洋介)は、ハジメを育てる経験で嬉しかった言葉を、親に贈り、もつれていた関係を修復。それだけでも、ハジメ(横山歩)を育てた意義はあった、かもまた、どうしても諦められない2人は..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2016-09-16 06:35

はじめまして、愛しています。 (第9話/最終回・2016/9/15) 感想
Excerpt: テレビ朝日系・木曜ドラマ『はじめまして、愛しています。』(公式) 第9話/最終回『2人の母本当の親は、誰?』の感想。 美奈(尾野真千子)と信次(江口洋介)は、ハジメ..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2016-09-16 08:48

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索