2016年08月24日

刑事7人 第2シリーズ 第7話

2016年8月31日(水) よる9:00〜9:54
第7話「動く死体と旅行者の秘密の関係!!異常発熱に隠れた罠」

 「帝都電機」の研究員・西島あおい(小野真弓)が、自宅マンションの浴室で溺死体となって見つかった。部屋の荒らされ具合を観察した警視庁機動捜査隊の刑事・天樹悠(東山紀之)は、犯人の目的は単なる強盗殺人ではなく、特定の何かを捜すことだったとにらむ。さっそく天樹は聞き込み捜査のために「帝都電機」を訪問。研究所の所長・赤松達夫(羽場裕一)から、一昨日前に警察があおいを訪ねてきていた、と聞かされる。なんでも、海外から来たあおいの知人が職務質問を拒んで保護されたため、身元引受人になってほしいと要請されていたらしい…。

 まもなく、原因は不明だが、あおいと赤松が口論しているところを同僚の女性が目撃していたことも判明。さらに、遺体を検死した法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)が、あおいが殺害された後、スーツケースか何かに詰められて運ばれてきた可能性があることを指摘してくる。そんな中、どういうわけか経済産業省の産業技術環境局次長・松原敏雄(山崎銀之丞)が突然、天樹とともに真相を追う捜査一課12係を「捜査から外せ」と、横槍を入れてきて…!?

 捜査が難航する中、天樹はより多くの手がかりを求め、あおいが身元を引き受けた外国人青年の行方を追跡。だが、一向に足取りがつかめないばかりか、青年が何者なのかも見えてこない。そんなとき、天樹らは被害者が関わっていた“ある発明”に隠された重大な欠点に気付くことに!  まさか…被害者は国ぐるみのリコール隠しで殺されたのか!? 血のにじむような捜査を続けた天樹らは、やがて事件の裏に潜む“巨悪”の存在に行き当たる――。

第1話 2016年7月13日「スペシャリスト再結集!!未解決事件に空欄50の罠…!!模倣犯からの挑戦状」
第2話 2016年7月20日「秘書が転落死!!疑惑の8000万円!!密告する女のバトル」
第3話 2016年7月27日「地上145メートル密室からの脱出!!爆弾に繋がれた命の期限」
第4話 2016年8月3日「刑事死す!!最期の謎のメッセージ食い違う7つの証言」
第5話 2016年8月10日「仲間はなぜ殺されたのか…天井裏の謎!?衝撃の結末!!」
第6話 2016年8月24日「「人間のクズ」は不必要?正義の殺人者“水曜日のHUNTER」
第8話 2016年9月7日「死体が語る不完全な交換殺人…!?100%アリバイの女」

刑事7人 第2シリーズ TOPへ
各話視聴率へ
2016年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2016年夏ドラマ視聴率一覧へ

『刑事7人 第2シリーズ 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索