2016年07月23日

時をかける少女 第4話

「衝撃と涙のラストへ迫る死の影…命かけた一途な恋」2016/7/30 O.A.

付き合い始めた未羽(黒島結菜)と翔平(菊池風磨)。二人はデートをして楽しい時を過ごすが、翔平は、自分が未羽の記憶を書き換えて幼なじみになりすましていることを知られたら…と不安を抱える。

その頃、吾朗(竹内涼真)は、未羽への想いを抱えつつ、受験勉強に没頭。理髪店を営む父の努(田口浩正)は、吾朗への期待を高めていた。そんな中、吾朗が努に、大学受験をやめたいと言い出す。

さらに理髪店を継ぐのが昔からの夢だったと言う吾朗に、努は激怒。努から「店は継がせない」と言われた吾朗は、家を飛び出してしまう。

吾朗がいなくなったと知った未羽と翔平は、彼を探しに行くが、見つからない。未羽は吾朗が家出した時間まで戻るしかないと考え、翔平を連れてタイムリープするが…。

第1話 2016年7月9日「この夏 最高に切ない禁断の恋!」
第2話 2016年7月15日「死んだ少女の想いを届けたい…時を超える涙の初恋」
第3話 2016年7月23日「君のことが好きだ!未来からの愛の告白…最悪のキス」
最終話 2016年8月6日「AKBも生ライブで応援!命がけ禁断の恋号泣ラスト」

時をかける少女 TOPへ
2016年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2016年夏ドラマ視聴率一覧へ

『時をかける少女 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2016年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

時をかける少女 (第4話・2016/7/30) 感想
Excerpt: 日本テレビ系・土曜ドラマ『時をかける少女』 [5話完結](公式) 第4話『衝撃と涙のラストへ迫る死の影…命かけた一途な恋』の感想。 なお、原作:筒井康隆による小説『時をかける少..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2016-07-31 00:16

それでも恋は恋だから(黒島結菜)彼女の記憶を操作して幼馴染になりすまし恋をしていますがなにか(菊池風磨)幸せになりやがれ(竹内涼真)
Excerpt: 恐ろしい話である。 しかし・・・その恐ろしさをどこまでスタッフが自覚しているのかは謎だ。 そもそも・・・恋なんて錯覚だから・・・他人がとやかく言う問題ではないという姿勢なのか・・・。 人間に自由意思な..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2016-07-31 02:19

時をかける少女 第4話
Excerpt: クラスメイトの前で、翔平(菊池風麿)から思いを告白された未羽(黒島結菜)は、彼と交際し始めます。 未羽は、初めての恋に胸をときめかせながらも、いつか来るかもしれない恋の終わりに不安を感じていまし..
Weblog: ぷち丸くんの日常日記
Tracked: 2016-07-31 14:16

時をかける少女 第4話
Excerpt: 「衝撃と涙のラストへ迫る死の影…命かけた一途な恋」内容クラスメートに促され未羽(黒島結菜)と翔平(菊池風磨)はキスをする。しかし翔平は、未羽の記憶を書き換えていることに不安を覚えていた。..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2016-08-01 18:42

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索