2016年06月22日

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 TOP

『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(オン いじょうはんざいそうさかん・とうどうひなこ)は、カンテレ(関西テレビ)制作・フジテレビ系「火曜夜10時ドラマ枠」(毎週火曜 22:00〜22:54)で、2016年7月12日から同年9月6日まで放送された。全9話。初回2時間スペシャル。波瑠は本作が民放の連続ドラマ初主演で、刑事役も初挑戦となる。


概要
内藤了の第21回日本ホラー小説大賞・読者賞受賞作「ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」をベースにした連続ドラマ。シリーズの続編である「CUT」「AID」「LEAK」、更にドラマオリジナルのストーリーを加えて展開する。驚異的な記憶力と、猟奇殺人犯への探求心という危うさを併せ持つヒロインが、数々の難事件に挑む姿を描く。

ドラマオリジナルのエピソードが追加されたほか、原作より登場人物の性格設定を大幅に変更している。


ストーリー 
警視庁刑事部捜査第一課に配属された藤堂比奈子(波瑠)は、事件の情報をイラストに描きとめれば決して忘れないという特技を持つ新人刑事。その驚異的な記憶力を買われた比奈子がある変死体発見現場に向かうと、そこには、かつて起きた未解決殺人事件の容疑者だった男の変わり果てた姿があった。

現場の状況から男は自殺したと推測されるが、それは到底自ら行ったとは考えられないほど凄惨な死に方で、しかも男が容疑をかけられていた殺人事件と同じ方法だった。


キャスト
藤堂比奈子
演 - 波瑠
警視庁刑事部捜査第一課の新人刑事。母親の形見である七味缶をお守りとして常に持ち歩き、何にでもその七味を振りかけるため、周りから変わり者扱いされている。明るく真面目な性格だが、強過ぎる探求心から時に単独で殺人犯に接近しようとする危険な一面も。イラストに描きとめれば決して忘れないという、驚異的な記憶力を持つ。

東海林泰久
演 - 横山裕(関ジャニ∞)
比奈子の先輩刑事。書類仕事は全て後輩に押し付けるが、刑事としては優秀。殺人事件が発生すると捜査割を無視して単独で行動し、犯人を検挙したり有力情報を手に入れたりする。始末書を書かされることが度々あるが、本人は一切気にしていない。

倉島敬一郎
演 - 要潤
比奈子の先輩刑事。「バイクが恋人」と公言するほどのバイク好き。比奈子に対して淡い恋心を抱き、何かと気に掛ける。

中島保
演 - 林遣都
ハヤサカ・メンタルクリニックに勤める心療内科医。専門は脳科学と臨床心理学で、少年鑑別所などで心理検査を行う監察技官を目指している。捜査中の比奈子と出会い、犯罪者心理に関するアドバイスを行うことで捜査に協力する。

石上妙子
演 - 原田美枝子
ハヤサカ・メンタルクリニックに勤める心療内科医。専門は脳科学と臨床心理学で、少年鑑別所などで心理検査を行う監察技官を目指している。捜査中の比奈子と出会い、犯罪者心理に関するアドバイスを行うことで捜査に協力する。

厚田巌夫
演 - 渡部篤郎
警視庁刑事部捜査第一課・厚田班の班長で、比奈子の上司の警部補。通称・ガンさん。比奈子のズバ抜けた記憶力に注目し、内勤だった彼女を猟奇殺人事件の現場に連れて行く。妙子とはただならぬ関係。

片岡啓造
演 - 高橋努

清水良信
演 - 百瀬朔

月岡真紀
演 - 佐藤玲

藤堂香織
演 - 奥貫薫

早坂雅臣
演 - 光石研

スタッフ
原作 - 内藤了『ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』シリーズ(角川ホラー文庫刊)
企画協力 - KADOKAWA
脚本 - 古家和尚
音楽 - 菅野祐悟
撮影 - 山中敏康
照明 - 鵜飼隆一郎
音声 - 福部博国
編集 - 矢野数馬
音響効果 - 寺岡基臣
オープニングタイトルバック - 熊本直樹(FDP)
美術プロデューサー - 秋元博
美術進行 - 向井大樹
特殊メイク - 田中真維
VFX - 高橋良明(キュー・テック)
スタイリスト - 田中トモコ(渡部担当)
警察監修 - 倉科孝靖
医療監修 - 中澤暁雄
アクションコーディネーター - 栗田政明(倉田プロモーション)
編成 - 刑部仁(関西テレビ)/稲葉直人(フジテレビ)
宣伝 - 安田宜義、姫野健太(関西テレビ)
広告 - 東田元(関西テレビ)
プロデューサー - 河西秀幸、萩原崇(関西テレビ)、石田麻衣(ホリプロ)
演出 - 白木啓一郎
制作協力 - ホリプロ
制作著作 - 関西テレビ放送

主題歌 - [Alexandros]「Swan」(UNIVERSAL J / RX-RECORDS)


各話あらすじ(2016.07.12 - 2016.09.06)全9話 平均視聴率 7.98%
第1話 2016年7月12日「衝撃猟奇犯罪ミステリーが2時間SPで今夜開幕新人刑事が殺人者への探究心で難事件を暴く型破り捜査班&最高に危ないヒロイン誕生」※初回2時間スペシャル(21:00〜22:48)
 東京・八王子で遺体が見つかったと警視庁捜査一課に連絡が入る。被害者の名前を聞いた新米刑事の比奈子(波瑠)は、宮原(清水優)というその男に強制わいせつの検挙歴があると口走る。内勤の比奈子は現場未経験だが、都内で起きた過去10年の未解決事件と性犯罪の容疑者リストを全て記憶していた。班長の厚田(渡部篤郎)にその特技を認められた比奈子は、現場への同行を許される。下半身が無残に切り刻まれた宮原の遺体は、3年前の未解決強姦(ごうかん)殺人事件の被害者の状況と同じだった。

第2話 2016年7月19日「謎の凍結遺体…犯人への危険な興味」
冷凍された男性の遺体2体が見つかり、比奈子(波瑠)たちは捜査に乗り出す。犯人は盗んだ冷凍車で遺体を輸送中、パトカーに追跡され、遺体と車を空き地に放置して逃走していた。検視した妙子(原田美枝子)によると、2人は兄弟の可能性が高く、刺殺後に冷凍されたという。冷凍車の足取りから、犯人の潜伏先らしき建物が判明。比奈子らが急行すると、廃業した商店の庭にある冷凍庫の中から凍った男女の遺体が見つかる。

第3話 2016年7月26日「洋館美女連続殺人…奪われた完全美」
廃虚の洋館で女性4人の遺体が見つかる。遺体はそれぞれ違う部位が犯人に持ち去られていた。付近を聞き込み中、小学生の遥香(住田萌乃)に声を掛けた倉島(要潤)が、通り掛かった女性・都夜に不審者と間違えられる。都夜の案内で遥香を母親・佐和(中島亜梨沙)の職場に送った比奈子(波瑠)は、遥香から雨がっぱを着たお化けを見たと聞き、事件との関係を疑う。遥香は事件現場の廃虚でもそのお化けを見たと言い…。

第4話 2016年8月2日「女刑事VS女殺人鬼…自死操作の陰謀」
比奈子(波瑠)は、クリーニング店を営む都夜(佐々木希)が犯人と知らずに接触。睡眠薬で眠らされ、意識を取り戻した時には佐和(中島亜梨沙)と共に拘束されていた。都夜は被害者の体の美しい部位を奪い、その皮膚を集めているという。一方、プロファイリングにより都夜にたどり着いた中島(林遣都)は、比奈子との電話が急に切れたことを心配して、東海林(横山裕)に連絡。合流した2人は、クリーニング店に駆け付ける。

第5話 2016年8月9日「猟奇自殺事件の謎…裁かれる罪人」
5年前の女子中学生殺人事件と全く同じ状況で殺された女子高生の遺体が見つかる。比奈子(波瑠)は、今回も中島(林遣都)に協力を依頼する方針に賛同した東海林(横山裕)に戸惑う。東海林は「猟奇自殺」と中島の勤務先「ハヤサカメンタルクリニック」の関係を疑っていたからだ。おまけに中島は5年前の事件の第一発見者でもあった。同じ頃、中島は早坂(光石研)を訪ねてきた患者の久保(中林大樹)を見掛け、ある疑念を抱く。

第6話 2016年8月16日「大金が詰まった遺体…女刑事の過去」
公園で、地面の穴に下半身がはまり、口内に大量の100円玉が詰め込まれた他殺体が見つかる。解剖すると、被害者は無理やり100円玉を飲み込ませられており、胃にも充満した硬貨は約100万円分もあった。聞き込み中、比奈子(波瑠)と厚田(渡部篤郎)は道で転んだ老人・稲富(浜田晃)と出会い、家まで送る。稲富が暮らすのは、老人同士のシェアハウスだった。数日後、再び口に100円玉を詰め込まれた遺体が見つかる。

第7話 2016年8月23日「毒物死へ誘うAID…比奈子の殺意」
情報屋の藤川(不破万作)が何者かに殺された。藤川を利用していた東海林(横山裕)は、捜査から外され、内勤を命じられる。そんな中、都内で服毒自殺が連続発生。被害者は4人とも20年以上も前に出回った同じ除草剤を飲んで死んでいた。被害者の遺書の内容から「AID」と呼ばれる人物が、自殺を手伝っていた可能性が高まる。捜査中、比奈子(波瑠)は、東海林に藤川を紹介した警官・原島(モロ師岡)に声を掛けられる。

第8話 2016年8月30日「美しき殺人鬼が脱走…悪夢の扉開く」
比奈子(波瑠)は中島(林遣都)に会い、自らの決意を語る。一方、連続猟奇殺人事件の犯人・都夜(佐々木希)が勾留中の施設を脱走。比奈子が再び標的になることを心配した厚田(渡部篤郎)は、東海林(横山裕)を警護につける。そんな中、各所で惨殺された動物と人体の一部が見つかる異常犯罪が発生したという連絡が。臨場した比奈子は妙子(原田美枝子)から、一連の事件の最初の犯行が、長野の自分の元実家近辺で起きていたことを知らされる。

最終話 2016年9月6日「最終回…私は刑事か、怪物なのか」
殺された情報屋・藤川の携帯電話の電源が入った。片岡(高橋努)らが動き出した都夜(佐々木希)を追うと、比奈子(波瑠)がかくまわれているホテルにたどり着く。部屋を訪ね、比奈子の無事を確認した片岡は、背後から首を切られる。驚く比奈子の前に現れたのは都夜ではなく、比奈子の昔の知人で因縁のある女性・永久だった。都夜と手を組んだ永久は、拉致した東海林(横山裕)を人質に、比奈子がやって来るのを待つ。

各話視聴率


番組公式サイト
(ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 - Wikipedia)

『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
2013年春( 4 - 6月期)
50音検索