2016年06月01日

警視庁捜査一課9係 第11シーズン 第10話

2016年6月8日(水) よる9:00〜9:54
第10話「追憶の殺人」

 下町の小さな一軒家で一人暮らしていた女性・登志子(多岐川裕美)が殺害され、金品が奪われる事件が発生。すぐに渡部(小野武彦)という男が逮捕され、事件は早期解決したものと思われたが、パトカーで移送中、渡部が浮かべた穏やかで晴れやかな笑みが、倫太郎(渡瀬恒彦)に強い違和感を残した。

 渡部は8年前の強盗傷害致死で服役、前日に仮釈放されたばかりだった。今回の登志子も一見同じような状況に思えるが、渡部は犯行を否認。持っていた登志子のハンドバックはコインランドリーで男が隠したのを拾っただけで、殺したのはその男だと言い張った。

 渡部の証言は二転三転した。そんな渡部に9係メンバーは不審を抱くが、倫太郎は矢沢(田口浩正)に男の似顔絵を描かせ、男を探すことを提案。だが、青柳(吹越満)と矢沢の手当たり次第の聞き込みにも拘らず、目撃証言は出てこない。

 一方、防犯カメラをあたった志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)も、有効な映像は回収できなかった。

 渡部が口にした男の手がかりとなる会社に赴いた倫太郎と直樹(井ノ原快彦)の聞き込みは、ここでも空振り。なのに倫太郎は検察に直訴して、勾留期限を延長していた。

なぜ、そこまでこだわるのか? 今回ばかりは、直樹でさえも倫太郎の行動がわからない。9係メンバーの間に倫太郎に対する不信感が募っていった。そして、9係から孤立していく倫太郎…。9係は分裂の危機に直面している!?

 事件は単なる金品目当ての強盗殺人事件だったのか? それとも渡部以外に真犯人がいるのか? 倫太郎が見た“晴れやかな笑顔”に隠された事件の悲しい真実とは?

第1話 2016年4月6日 スタートスペシャル 「最強の宿敵、登場!死んだクマ男の秘密!!幻の青いチューリップに宿る殺意!」 
第2話 2016年4月13日「殺人整体」
第3話 2016年4月20日「カラフルな殺人」
第4話 2016年4月27日「時間差殺人」
第5話 2016年5月4日「殺人ヨガ」
第6話 2016年5月11日「花の殺人」
第7話 2016年5月18日「殺人カメラ」
第8話 2016年5月25日「3つの大追跡」
第9話 2016年6月1日「コスプレ殺人」
最終話 2016年6月15日「殺人メッセージ」

警視庁捜査一課9係 第11シーズン TOPへ
各話視聴率へ
2016年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2016年春ドラマ視聴率一覧へ

『警視庁捜査一課9係 第11シーズン 第10話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索