2016年05月26日

毒島ゆり子のせきらら日記 第7話

第7話「小津さんがいませんように…」6月1日放送

小津(新井浩文)と結婚し、幸せの絶頂だったゆり子(前田敦子)だったが、突如、弁護士の真田(バカリズム)からゆり子を訴える予定でいると告げられる。依頼人は小津の妻・彩子だというが、小津の話だと、すでに離婚しているはず…。小津に確認すると、真田はニセ弁護士だと説明され、混乱するゆり子。

一方、国会ではくろでん(片岡鶴太郎)の分党が間近に迫っていた。くろでんと共に離党する議員を探ろうとするゆり子らあけぼの新聞の記者達だったが、一番の側近だった上神田(山崎銀之丞)の裏切りが発覚、これにより、くろでんについていく議員と、上神田と共に誠心党に残る議員とに分かれ、くろでんグループが空中分解するとの見方が強まった。

プライベートでも仕事でも不信感が募るゆり子がとった行動とは…

第1話 2016年4月20日「わたし二股はやめられません!」
第2話 2016年4月27日「不倫はしない…絶対に!」
第3話 2016年5月4日「三股になるけどいいですか?」
第4話 2016年5月11日「さよなら、みーちゃん」
第5話 2016年5月18日「こんなに幸せでいいんですか?」
第6話 2016年5月25日「ほんとに離婚したんだよね?」
第8話 2016年6月8日「どうして、私を裏切ったの?」

毒島ゆり子のせきらら日記 TOPへ
2016年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2016年春ドラマ視聴率一覧へ

『毒島ゆり子のせきらら日記 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索