2016年05月18日

警視庁捜査一課9係 第11シーズン 第8話

2016年5月25日(水) よる9:00〜9:54
第8話「3つの大追跡」

 ショッピングセンターのイベントステージで、妙子(遠藤久美子)と入れ違いに歌い始めた歌手・幸子(齋藤めぐみ)が、消音器付の銃で撃たれた!

 事件発生の20分ほど前、妙子の歌を聞きに来た青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は、フードコートの男子トイレで怪しい女(上原多香子)を目撃。女は、拳銃を包んだような痕跡の残った新聞紙を捨てていった。直後、銃声が響く!

 一方、事件発生の1時間ほど前、村瀬(津田寛治)と志保(羽田美智子)は、暴力団組長銃撃事件の容疑者と思われる国際マフィアの車の手がかりをつかみ、尾行していた…。その車に乗った男(葛山信吾)のポケットに拳銃のような形を認め、男をショッピングセンターまで追った志保と村瀬は、そこで男のポケットを確認するも、それは携帯電話だった。直後、銃声が響く!

 また、倫太郎(渡瀬恒彦)は直樹(井ノ原快彦)を誘ってショッピングセンターの北海道フェアに来ていた。途中、一人きりで行動する少年(小林颯)を保護しようとするが、逃げられてしまう。少年のナップザックには銃らしきものが見えた。直後、銃声が響く!

 偶然、事件現場で顔をあわせた3組はそれぞれの事情を説明、各人が気になる相手がみな銃に関係していることから、銃撃事件への関与が疑われる。3組がそれぞれ相手を探しはじめた矢先、少年が銃を持った男に人質にとられてしまった! 銃を所持していたということは、銃撃事件の犯人はこの男なのか!?

 3組の刑事が追っていたバラバラの“事件”につながりはあるのか…? 倫太郎の一言で、3つの“点”が女性歌手銃撃事件へとつながる“線”に!? すべての関係性が明らかになったとき、浮かび上がってきた意外な真実とは!?

第1話 2016年4月6日 スタートスペシャル 「最強の宿敵、登場!死んだクマ男の秘密!!幻の青いチューリップに宿る殺意!」 
第2話 2016年4月13日「殺人整体」
第3話 2016年4月20日「カラフルな殺人」
第4話 2016年4月27日「時間差殺人」
第5話 2016年5月4日「殺人ヨガ」
第6話 2016年5月11日「花の殺人」
第7話 2016年5月18日「殺人カメラ」
第9話 2016年6月1日「コスプレ殺人」

警視庁捜査一課9係 第11シーズン TOPへ
各話視聴率へ
2016年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2016年春ドラマ視聴率一覧へ

『警視庁捜査一課9係 第11シーズン 第8話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索