2016年05月11日

警視庁捜査一課9係 第11シーズン 第7話

2016年5月18日(水) よる9:00〜9:54
第7話「殺人カメラ」

 新人写真家・松浦(神谷リク)が、自身の初個展の会場で倒れ、死亡した。青酸性の毒物による中毒死だが、控室の飲み物と紙コップから毒物は検出されなかった。倫太郎(渡瀬恒彦)は、控室に遺されていた二眼レフカメラの中にフィルムが入っていないことに疑問を抱く。

 松浦が倒れた際、会場にいたのは、カメラという共通の趣味で集まった被害者の仲間、藤尾(松澤一之)、百々(原田佳奈)、公子、寺崎たち。だが青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は、寺崎が警察の到着前に姿を消していたと聞きこんだ。いち早くプロになった松浦をライバル視していた寺崎が、自身の勤務する町工場で毒物を入手して混入、痕跡を持ち去ったのか?

 志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)は公子から、松浦が周囲を不快にする変人で、5年も貢いだ恋人の百々をプロになった途端に捨てたと聞き出した。百々に殺害の動機は十分にある。だが彼女は、将来のために自ら別れたので恨みはないと語った。

 藤尾は、寺崎が現場にいたことを隠していた。藤尾自身はプロになる気はないと言うが、かつて自分の写真がカレンダーの表紙に使われたことを自慢していたと、藤尾の喫茶店の従業員・浩子(山下容莉枝)から聞いた直樹(井ノ原快彦)。もしや、藤尾も松浦に嫉妬していた…?

 一方、二眼レフカメラにこだわり、自らカメラを購入していろいろな操作を試した倫太郎は、ある重要なことに気付く!

 新人写真家を死へ追いやった意外な方法とは? そして、次々と浮かび上がるカメラ仲間の容疑者たち…。すべての真相は、松浦が残した写真の中に!?

第1話 2016年4月6日 スタートスペシャル 「最強の宿敵、登場!死んだクマ男の秘密!!幻の青いチューリップに宿る殺意!」 
第2話 2016年4月13日「殺人整体」
第3話 2016年4月20日「カラフルな殺人」
第4話 2016年4月27日「時間差殺人」
第5話 2016年5月4日「殺人ヨガ」
第6話 2016年5月11日「花の殺人」
第8話 2016年5月25日「3つの大追跡」

警視庁捜査一課9係 第11シーズン TOPへ
各話視聴率へ
2016年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2016年春ドラマ視聴率一覧へ

『警視庁捜査一課9係 第11シーズン 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索