2016年05月08日

昼のセント酒 第6話

2016.05.14 第六湯 北千住 タカラ湯からの 特撰チャーハン

日の出広告(株)の営業マン・内海孝之(戸次重幸)は、上司の堂園(八木亜希子)とともに北千住の呉服店に営業に訪れていた。弱気な内海の横で、堂園は見事な営業トークで店主の心をとらえ、より大きな広告展開のプランを決定させる。

「あれが本当の営業か」と心を打たれ、自分は真面目に足で稼ぐしかないと決意も新たに顔を上げるが、そこに立派な銭湯の煙突を見つけてしまうのだった。

昭和二年に北千住で営業を開始した、威風堂々たる銭湯「タカラ湯」。堂園の後姿と煙突を交互に見比べ逡巡するも、「今日だけは、ということで」とつぶやくと暖簾をくぐる内海。下町の人々の人情あふれるやりとりをほほえましく見つめながら、ゆっくりと湯につかるのだった・・・。

第1話 2016年4月9日「第一湯 京成小岩 鶴の湯 からのレバフライ」
第2話 2016年4月16日「第二湯 代々木上原 大黒湯 からのソーセージ5種盛り合わせ」
第3話 2016年4月23日「第三湯 京急蒲田 蒲田温泉 からの汐焼きそば」
第4話 2016年4月30日「第四湯 祖師ヶ谷大蔵 そしがや温泉21 からのアンチョビピザ」
第5話 2016年5月7日「第五湯 上野御徒町 燕湯からの お好み焼き串」
第7話 2016年5月21日「第七湯 練馬桜台 久松湯からの唐辛子餃子」

昼のセント酒 TOPへ
2016年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2016年春ドラマ視聴率一覧へ

『昼のセント酒 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索