2016年04月26日

僕のヤバイ妻 第3話

第3話「魔女の新たな罠」2016.5.3

緒方(眞島秀和)のアトリエが何者かによって放火された。相馬(佐藤隆太)は焼け跡から地下室への扉を発見。今回の誘拐事件が緒方の犯行ではないかと考え始める。

その頃、放火のニュースを知った幸平(伊藤英明)は、“真理亜が協力者だった緒方を殺したのかもしれない”と恐怖に怯えていた。しかしふと、誘拐事件が自作自演ならば“身代金の2億円は今も真理亜が持っているはずだ”と気付く。その金を奪って逃げようと考えた幸平は真理亜を尾行。すると、真理亜は消息不明だった緒方と接触し、幸平は2億円の在り処を突き止める。

そんな中、真理亜が店を手伝うと言い出す。やって来た真理亜は、まるで用済みだと言わんばかりに杏南(相武紗季)のネームプレートを捨て、従業員たちの前で“奇跡の生還を果たした幸せな妻”を演じる。しかし、その様子を店の外から杏南が見ていた。自室に誰かが盗聴器を仕掛けたことを知った杏南は、再び幸平と手を組み、2億円を持っている緒方をおびき出そうと画策する。

緒方が誘拐事件の容疑者として手配されたその晩、幸平は自宅ガレージで緒方に襲われる。間一髪のところで真理亜に助けられるが、命を狙われた幸平の怒りは収まらない。「こんな生活耐えられない!」と家を出て行こうとする夫に、「お金が欲しくないの?」と揺さぶりをかける真理亜。

やがて、幸平の元に逃げた緒方を追っていた杏南から、緒方の居場所を知らせる電話が入る。
一方で、横路(宮迫博之)は誘拐事件が真理亜の狂言だったことに気づき始めていた。そして、何やら怪しい動きを見せる幸平に目を光らせ……。

幸平が寝入った深夜、真理亜はかつて身代金を預けていたバーへ向かい、男(佐々木蔵之介)に緒方の一件を相談。すると、男は「俺だったら、彼に死んでもらう」と告げる。店を出た真理亜は緒方を呼び出して……。

翌朝、幸平は杏南から聞いた緒方の潜伏先へと車を走らせる。目的の部屋を見つけ、中をのぞくと、緒方の姿は見当たらない。チャンスとばかりに、置いてあったクーラーボックスを開けるが、中に入っていたのはコーヒー豆のみ。

そのとき、遠くからサイレンの音が聞こえ、幸平は慌てて建物の外へ。そして、警察や野次馬が集まる方を見た幸平は言葉を失う。そこには、ビルから落下して死んだ緒方の遺体があった。恐怖を覚えた幸平は、思わずその場から逃げ出して――。

第1話 2016年4月19日「僕が殺そうとした妻が誰かに誘拐された!?不倫夫VS恐ろしくも美しい妻!日常に潜む壮絶心理サスペンス」
第2話 2016年4月26日「仮面脱いだ魔女」
第4話 2016年5月10日「期限は4時!夫の殺人容疑を救う完璧妻」

僕のヤバイ妻 TOPへ
各話視聴率へ
2016年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2016年春ドラマ視聴率一覧へ

『僕のヤバイ妻 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2016年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【僕のヤバイ妻】第3話 感想
Excerpt: でもね、俺はね、もう1つすごい筋書きを思いついちゃったんだよね。 えっ? 真理亜ちゃんだよ。 誘拐事件は全て真理亜ちゃんの狂言だった。 全てが浮気をした幸平君を苦しめるためだった。..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2016-05-04 05:54

僕のヤバイ妻 (第3話・2016/5/3) 感想
Excerpt: フジテレビ・関西テレビ系・『僕のヤバイ妻』(公式) 第3話『魔女の新たな罠』の感想。 幸平(伊藤英明)は、誘拐事件が真理亜(木村佳乃)の自作自演だと知ってがくぜん。..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2016-05-04 09:24

僕のヤバイ妻 第3話
Excerpt: 『殺意ある夫婦生活「魔女の新たな罠」 内容真理亜(木村佳乃)から、すべてを知らされた幸平(伊藤英明) そんななか、緒方(眞島秀和)のアトリエが、放火される。焼け跡には地下室があり、そこには真理亜の..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2016-05-04 21:49

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索