2016年04月15日

お迎えデス。 第1話

1「幽霊の願いを叶えろ頑固オヤジと娘の絆」2016/04/23

理系大学生の堤円(福士蒼汰)は、高校時代の同級生・千里(門脇麦)の訃報を聞き、通夜に行く。その帰り道、円は不思議な光景を目にする。ウサギの着ぐるみを着た人物と、初老の男・陽造(伊東四朗)が取っ組み合いをしているのだ。

非科学的なことをまったく信じない円は、何事もないかのように通り過ぎようとする。すると、円はウサギに声を掛けられる。ウサギの中身は、死神のナベシマ(鈴木亮平)。彼は、ゆずこ(濱田ここね)という少女を連れていた。ナベシマは円に、自分の仕事を手伝ってほしいと頼む。しかし、円はナベシマたちを幻覚と決めつけ、無視することに。

円が家に帰ると、ナベシマとゆずこが待っていた。円はいつの間にか、霊や死神が見える能力を身に着けていたのだった。ナベシマは円に、この世にさまよっている霊をあの世に送り届けることが自分の仕事だと説明。円は、ナベシマとゆずこにつきまとわれるように。

円がナベシマとゆずこを連れて歩いていると、円と同じ大学に通う幸(土屋太鳳)が現れる。霊が見える能力を持つ幸は、ナベシマの仕事を手伝っていた。ナベシマは円と幸に「これからコンビを組んでもらう」と一方的に宣言。円は幸に連れられて、仕事を手伝わされることになってしまう。

成仏させるターゲットは、ウサギと取っ組み合いをしていた陽造だった。玲子は恋人の正道(矢柴俊博)と結婚するつもりだったが、陽造が大反対。陽造は、娘の玲子(菅野美穂)のことで死んでも死に切れないという。正道はフリーターで、陽造としては安心して娘を任せられる相手ではなかった。しかも玲子が妊娠していると聞き、陽造は激怒。玲子は反発し、二人は音信不通に。その後まもなく、陽造は突然倒れ、死んでしまったのだった。

玲子と正道を別れさせたいという陽造の願いを聞き、玲子の家を訪ねると言い出す幸。円と幸は、玲子に会いに行くが…。

第2話 2016年4月30日「幽霊の片想い…言えなかった言葉を今」

お迎えデス。 TOPへ
各話視聴率へ
2016年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2016年春ドラマ視聴率一覧へ

『お迎えデス。 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(5) | 2016年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

お迎えデス。「幽霊の願いを叶えろ頑固オヤジと娘の絆」
Excerpt: 原作は、田中メカによる漫画作品 作品は違うけれど、朝ドラ出身者達が、この世に未練を残したエネルギッシュな死者の願望を叶える模様。 なぜか理系大学生の堤円(福士蒼汰)は憑依されちゃうみたいで..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2016-04-24 08:21

お迎えデス。(福士蒼汰)スラリと伸びた長い脚だよ。(土屋太鳳)ゲストです。(菅野美穂)
Excerpt: 時は流れて・・・菅野美穂がゲストの時代である。 それにしても・・・震災で一週間遅れのスタートなのだ。 タイトル的にもアレだしな。 現実の出来事とフィクションは無関係だと何度言ったら・・・わかるのか。 ..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2016-04-24 08:46

お迎えデス。 (第1話 初回15分拡大・2016/4/23) 感想
Excerpt: 日本テレビ系・土曜ドラマ『お迎えデス。』(公式) 第1話/初回15分拡大『幽霊の願いを叶えろ頑固オヤジと娘の絆』の感想。 なお、原作:田中メカ「お迎えです。」は未読。 ..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2016-04-24 09:06

お迎えデス。 第1話
Excerpt: 理系大学生の堤円(福士蒼汰)は、高校時代の同級生・千里(門脇麦)のお通夜に行きます。 その帰り道、円はウサギの着ぐるみを着た人物と初老の男性陽造(伊東四朗)が格闘している不思議な光景を目にします..
Weblog: ぷち丸くんの日常日記
Tracked: 2016-04-24 13:38

お迎えデス。 第1話
Excerpt: 「幽霊の願いを叶えろ頑固オヤジと娘の絆」 内容ロケット同好会の堤円(福士蒼汰)と加藤孝志(森永悠希)勧誘しているつもりだが、ダメダメ。そんななか、電話がかかってくる。高校時代の同級生・緒川千里(門脇..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2016-04-24 21:03

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索