2016年04月13日

警視庁捜査一課9係 第11シーズン 第3話

2016年4月20日(水) よる9:00〜9:54
第3話「カラフルな殺人」

 ジュエリーブランドの広報部長・由香利(中原果南)の他殺体が見つかった。遺体の顔には、なぜか赤と青の絵の具がかけられている。犯人によるメッセージなのか?

 由香利は、通信販売専門チャンネルに自ら出演して、看板商品「幸せを呼ぶリング」の売上に貢献していた。死亡推定時刻は由香利が出演予定だった番組放送の直前だったことが判明。プロデューサーの田代(青山勝)によると、由香利が現れなかったため、急きょ内山(斉木しげる)による健康食品の番組に差し替えたという。

 志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)が、由香利のアシスタント・朋子(大村彩子)から話を聞くと、由香利は社長を解任して会社を乗っ取る計画をたてていたという。そこへ倫太郎(渡瀬恒彦)と直樹(井ノ原快彦)が、「幸せを呼ぶリング」を見たいとやってきた。

 工房で、職人の深見(出合正幸)から「幸せを呼ぶリング」に使われているアレキサンドライトという宝石を見せてもらう倫太郎と直樹。朋子の説明によると、光によって青く見えたり、赤く見えたりする変色効果があるという。青と赤…。遺体にかけられていた絵の具の色と同じだが…。

 朋子が、由香利によってデザイナーを辞めさせられていたことがわかった。職人の深見も由香利と対立、仕事をしないと宣言していたこともあったとか。どうやら由香利はパワハラがひどい“ブラック上司”だったらしい。

 さらに青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は、田代が由香利と不倫関係にあったという噂を聞き、田代に詰め寄るのだが…。

 痴情のもつれか、会社乗っ取り阻止のためか、パワハラの恨みか…? そして、絵の具がかけられていた理由とは?

 そんな中、倫太郎はアレキサンドライトに興味を示し、ある行動を起こす!

第1話 2016年4月6日 スタートスペシャル 「最強の宿敵、登場!死んだクマ男の秘密!!幻の青いチューリップに宿る殺意!」 
第2話 2016年4月13日「殺人整体」
第4話 2016年4月27日「時間差殺人」

警視庁捜査一課9係 第11シーズン TOPへ
各話視聴率へ
2016年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2016年春ドラマ視聴率一覧へ

『警視庁捜査一課9係 第11シーズン 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索