2016年04月01日

コントレール〜罪と恋〜 TOP

『コントレール〜罪と恋〜』(コントレール つみとこい)は、2016年4月15日から同年6月10日まで、NHK総合・ドラマ10枠(毎週金曜 22:00〜22:50)にて放送された。主演は石田ゆり子。全8話。本作から金曜22時台に移設。


概要
社会現象にもなったドラマ「セカンドバージン」(NHK総合)の大石静が脚本を手掛ける、激しくも切ない大人のラブストーリー。無差別殺人事件で夫を失い、海辺のドライブインをほそぼそと続ける孤独な女性・青木文役を石田ゆり子が、また、その事件で夫を殺した相手である長部瞭司役を井浦新が演じる。

時を経てトラックドライバーとなった長部が文のドライブインを訪れて2人が出会い、愛してはいけない相手と恋に落ちてしまうストーリー。「コントレール」とは飛行機雲のことで、文にとって“すぐに消えてしまう幸せの象徴”であり、長部にとっては“人を殺めた時に見た悲劇の象徴”。文が営むドライブインの店名でもある。


ストーリー 
45歳になった青木文(石田ゆり子)は、6年前、上京中に無差別殺人事件に巻き込まれた夫を亡くしていた。事件後に生まれた息子も5歳になり、夫と始めた海辺のドライブイン「コントレール」をほそぼそと続けるだけの日々。事件を担当した刑事・佐々岡滋(原田泰造)が母子を気に掛け、足しげく訪ねてくるが、文の心は乾ききり、人生をあきらめかけていた。

そんなある日、トラックドライバーの長部瞭司(井浦新)と出会う。瞭司は耳は聞こえるが話すことができず、筆談用のメモ帳を持ち歩いていて、その物静かなたたずまいに文は惹かれ始める。しかし、彼は夫を殺してしまった人だった。


キャスト
青木 文(あおき あや) → 佐々岡 文(ささおか あや)〈45〉
演 - 石田ゆり子
無差別殺人事件により夫・敦を失い、カレー食堂「ドライブイン・コントレール」を営みつつ、シングルマザーとして1人息子・友樹を育てる。

長部 瞭司(おさべ りょうじ)〈39〉
演 - 井浦新
将来を嘱望された弁護士だったが、無差別殺人事件に遭遇して文の夫・敦と共に犯人を取り押さえようともみ合った際、過って敦の首を切りつけ死に至らしめる。そのショックから失声症となり、トラックドライバーとしてひっそりと生活する。

佐々岡 滋(ささおか しげる)
演 - 原田泰造
無差別殺人事件を担当した品川南署の刑事。事件後も文と友樹の親子のことを気づかい、文への恋心を秘めつつ「コントレール」へ足繁く通う。

篠崎 圭子(しのざき けいこ)
演 - 桜庭ななみ
文の夫・敦の恋人。無差別殺人事件に遭遇する。

田渕 さゆみ(たぶち さゆみ)
演 - 堀内敬子
文の中学時代からの親友。「コントレール」を手伝っている。

長部 遥平
演 - 忍成修吾
瞭司の弟。検事。

長部 聡子
演 ‐ 高林由紀子
瞭司の母。

青木 敦(あおき あつし)
演 - 丸山智己
文の夫。6年前、無差別殺人事件に巻き込まれ、瞭司に頸動脈を切断され故人となる。

青木 友樹(あおき ともき) → 佐々岡 友樹(ささおか ともき)〈5〉
演 - 松浦理仁
文の1人息子。夫・敦の死後に誕生した。

多田羅 剛志(たたら つよし)
演 - 中西良太
運送会社「多田羅運送」の社長。瞭司がトラックドライバーとして勤務している。

中山 ユイ
演 - 入山法子
遥平の婚約者。瞭司の元婚約者。弁護士。

兵藤 雄彦(ひょうどう たけひこ)
演 - 村田雄浩
6年前、佐々岡と共に無差別殺人事件を担当した先輩刑事。

長部 義斗
演 - 村井國夫
瞭司の父。最高裁判事。

青木 英恵(あおき はなえ)
演 - 野際陽子
文の義母。亡き夫・敦の母親。

スタッフ
脚本 - 大石静
音楽 - 羽深由理、大間々昴
制作統括 - 勝田夏子
演出 - 柳川強、橋爪紳一朗

主題歌 - 「泣きたいよ」作詞・作曲:玉置浩二、歌:鈴木雅之


各話あらすじ(2016.4.15 - 2016.6.10)全8話 平均視聴率 5.59%
第1話 2016年4月15日「夫を殺した男(ひと)」 視聴率 5.7%
 6年前の無差別殺人事件で夫・敦(丸山智己)を失った文(石田ゆり子)は、5歳の息子・友樹(松浦理仁)を女手一つで育てながら、かつて夫と海辺で始めたドライブイン「コントレール」を切り盛りしている。ある日、店に口のきけないトラック運転手・瞭司(井浦新)がやって来た。どこか世捨て人のような彼のたたずまいは、文の眠っていた女心を大きく揺さぶる。だが、実は瞭司は6年前の事件の際に敦を殺した人物だった。

第2話 2016年4月22日「密会」 視聴率 5.5%
ラテ欄「密会〜禁断の恋に落ちて行くふたり」  
文(石田ゆり子)と瞭司(井浦新)は、互いの事情を知らぬまま急接近する。だが、瞭司は文との関係を深めることをためらう。一方、文は瞭司からの連絡を待ちわびるあまり、文の携帯電話を隠してうそをついた友樹(松浦理仁)をたたいてしまい、自分のしたことにショックを受ける。見かねた文の姑・英恵(野際陽子)は、無差別殺人事件を担当した刑事で、文のことを気に掛けている佐々岡(原田泰造)を訪ね、文と結婚してほしいと言う。

第3話 2016年4月29日「忍び寄る過去」 視聴率 4.8%
文(石田ゆり子)と瞭司(井浦新)は、ようやく訪れたつかの間の幸せに酔いしれる。そして、瞭司の声も徐々に戻り始める。一方、朝帰りの文がトラックから降りる姿を目撃した佐々岡(原田泰造)の心中は穏やかでない。やがて、相手が瞭司であることを知った佐々岡は、がくぜんとする。そんな中、文の元に夫・敦(丸山智己)の知人を名乗る女性・圭子(桜庭ななみ)が現れる。彼女は、瞭司が敦に切り付ける場面を唯一目撃した人物だった。

第4話 2016年5月6日「禁じられた告白」 視聴率 5.3%
ラテ欄「禁じられた告白〜遂に訪れる運命の時」
圭子(桜庭ななみ)は、文(石田ゆり子)と瞭司(井浦新)が交際していると知り憎悪を募らせる。佐々岡(原田泰造)は文と瞭司の関係を確かめようと動いていた。瞭司を告発するため警察を訪れた圭子は、佐々岡と共に無差別殺人事件があった場所へ向かう。一方、何も知らぬまま瞭司への愛を深めてゆく文は、6年前の事件のことを瞭司に話したいと思い始めていた。その事実を文から聞いた瞭司は、自分が殺した相手は彼女の夫だと気付く。

第5話 2016年5月13日「残酷な恋の終わり」 視聴率 6.1%
ラテ欄「残酷な恋の終わり〜今、禁断の真実が」
文(石田ゆり子)のために真実を告げてほしいと佐々岡(原田泰造)から頼まれた瞭司(井浦新)は、彼女に会い、6年前の事件の真相を語る。愛し合うことは許されないと別れを告げる瞭司を、文はただ見送るしかなかった。瞭司と出会う前の日常に戻った文は、佐々岡の求婚も断り、仕事や子育てに励むが、英恵(野際陽子)とは衝突してしまう。一方、瞭司は文を忘れられず、苦しんでいた。そんな中、文と瞭司は公園で互いの姿を見掛ける。

第6話 2016年5月20日「あなたは もういない」 視聴率 5.9%
ラテ欄「あなたはもういない〜それぞれの出発」
県道の開通で客が減り食堂の経営が厳しくなる中、佐々岡(原田泰造)は変わらず文(石田ゆり子)を支え、友樹(松浦理仁)との関係も深めていた。ある日、圭子(桜庭ななみ)が再び文の前に現れる。圭子は瞭司(井浦新)への復讐の機会を狙っていた。一方、瞭司が勤める運送会社は取引先とのトラブルにより多額の賠償請求で倒産の危機に。瞭司は法律の知識を武器に会社を救おうとする。そんな中、瞭司は東京に来ていた文と偶然再会する。

※2016年5月27日は「“世界へのメッセージ”を読み解く」(22:00 〜 23:15)が放送のため、休止。

第7話 2016年6月3日「消せない傷」 視聴率 5.6%
ラテ欄「消せない傷〜事件の真相が嵐を呼ぶ!」
文(石田ゆり子)は、佐々岡(原田泰造)に支えられて東京で新生活を始めた。一方、瞭司(井浦新)は小さな法律事務所を開き、地元の人たちの相談に乗るなど、新たな一歩を踏み出していた。そんな折、雑誌に6年前の事件での瞭司の罪を告発する記事が掲載される。瞭司を陥れようとする圭子(桜庭ななみ)の策略だった。その記事は、文の新生活に影を落とす。さらなる復讐心をたぎらせた圭子は、瞭司と文を6年前の事件現場に呼び出す。

最終話 2016年6月10日「明日、ひこうき雲が」 視聴率 5.8%
ラテ欄「明日、ひこうき雲が〜禁断の恋、その結末は?」
 文(石田ゆり子)の目の前で、瞭司(井浦新)が意識不明の重体に陥り、病院に搬送される。迎えに来た佐々岡(原田泰造)と共に病院を後にした文だが、瞭司のことが心配でならない。そのころ、佐々岡家には、友樹(松浦理仁)の面倒を見るため、文と気まずい別れ方をした英恵(野際陽子)が来ていた。一方、佐々岡は文の瞭司への気持ちをあらためて思い知らされ、複雑な心境になる。そんな中、瞭司が目を覚ます。そのことを知った文は…。


番組公式サイト
(コントレール〜罪と恋〜 - Wikipedia)

『コントレール〜罪と恋〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

コントレール〜罪と恋〜(石田ゆり子)鍵を握る女(桜庭ななみ)
Excerpt: 4月14日21時26分頃の最大震度7(M6.5)が前震に変更されて4月16日01時255分頃の最大震度6強(M7.3)が本震として発生・・・。 「お迎えデス。」は次週に持ち越しである。 まあ・・・タイ..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2016-04-17 08:09

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
2013年春( 4 - 6月期)
50音検索