2016年03月31日

早子先生、結婚するって本当ですか? TOP

『早子先生、結婚するって本当ですか?』は、2016年4月21日から同年6月16日まで、毎週木曜日22:00 - 22:54に、フジテレビ系の「木曜劇場」枠で放送された。全9話。

第1話は2016年4月14日に放送予定だったが、九州地方の地震緊急ニュースのため、放送が1週間延期された。


概要
4コマエッセーマンガが原作の、体育会系教師が婚活に挑むさまを描くヒューマンドラマ。松下奈緒演じる34歳独身の主人公・立木早子は、婚活を通して人生を見つめ直し、時に傷つきながらも運命の人と巡り合うべく奮闘していく。


ストーリー 
34歳独身の小学校教諭・立木早子(松下奈緒)は、食べることが大好きで酒豪の3枚目キャラ。豆腐店を営む仲の良い父・辰志(尾藤イサオ)と母・尚子(松坂慶子)と実家で暮らし、結婚についても深く考えず焦っていなかった。

しかしある日、早子の結婚に興味のないそぶりを見せていた両親が隠し持つ見合い写真を発見し、さらに辰志が入院してしまう。それをきっかけに早子は、結婚について真剣に考えるように。同僚の独身教師と「婚活同盟」を組み、慣れないながらもお見合いや合コンに参加。年下との恋の予感に揺れながら、結婚に向けて一歩を踏み出していく。


キャスト
あきの市立平和町小学校
立木 早子〈34〉
演 - 松下奈緒
平和町小学校の1年1組担任教諭。独身の34歳。実家暮らしで、料理や家事は何もできない。大食漢で酒豪、趣味は筋トレ。マイペースでサバサバした性格。思い込んだら信念が強く、こと結婚に関しては絶対に好きな人としたいと考えている。

久我山 ミカ〈28〉
演 - 貫地谷しほり
早子の同僚教師で、28歳独身。女子力が高く気が強いが、表裏のないさっぱりした性格。結婚を焦っており、早子を婚活に巻き込む。結婚相手の条件もはっきりしている。いかにもモテそうで気高い雰囲気から、周りの男性は近づきにくい。

成増 梅子〈37〉
演 - 佐藤仁美
早子の同僚の音楽教師。37歳独身。考え方はいつもネガティブ。穏やかで争いを好まないタイプ。恋愛に関しては鈍感な部分がある。インドア派と思いきや、突然地元の消防団に入るなどアクティブな面も。

千駄木 廉太郎〈43〉
演 - 八嶋智人
早子の同僚の教師。43歳独身。結婚願望が強く、早子たちが婚活同盟を組んだことを知り、いつの間にかメンバーの一員に。合コンにも積極的に出席し、どんどん婚活にいそしむようになる。真面目で几帳面な性格。

港 草介〈23〉
演 - 間宮祥太朗
2年2組担任。独身。

本郷 潤吉〈44〉
演 - 山内圭哉
6年3組担任。既婚。

秋川 莉々〈22〉
演 - 小芝風花
養護教諭。独身。

神田 和夫〈27〉
演 - 田野倉雄太
5年1組担任。新婚で子持ち。

その他
羽村 舞〈28〉
演 - 舞羽美海
OL。ミカの友人。独身。

守山 風子〈24〉
演 - 川栄李奈
早子の妹。既婚者で名古屋在住。

立木 辰志〈63〉
演 - 尾藤イサオ
豆腐店を営む早子の父。真面目な性格だがどこかおちゃめ。基本的には何事においても子供の意見を尊重する。娘の結婚に関してほとんど口出ししないが、心の中ではなるべく早く結婚してほしいと思っている。妻の尚子が大好き。

立木 尚子〈62〉
演 - 松坂慶子
早子の母。楽天家で発言がストレートだが、嫌味はない。ご近所さんから、早子がまだ独身でいることを指摘されると、さりげなく早子をフォローしたり、いざという時に精神面で支えてくれる。


月島 遼一 (ミスターダンディ)
演 - 坂上忍
早子の見合い相手。(1・2話)

うーちゃんと呼ぶ男(木の下)
演 - とにかく明るい安村
梅子先生の同棲相手。ヒモ的存在。(1・3・4・5話)

台場さん
演 - 斉藤祥太
1話のみ。

佐賀 俊介
演 - 田中圭
合コンで舞に申し込んだ。(2・3話)

目黒ちゃん
演 - 足立梨花
2話のみ。

熊本 誠二
演 - 加治将樹
2話のみ。

赤羽 淳
演 - 久保田秀敏
2話のみ。

中野 一斗
演 - 高木星来
3話のみ。

足立 美咲
演 - 篠川桃音
3話のみ。

三田 凪太郎
演 - 吉岡秀隆
豆腐を買いに来た男。獣医(2・3・5・8話)

伊東 慶太 (オーマイガーさん)
演 - 佐藤アツヒロ
4話のみ。

喜連川 隼人
演 - 吉沢亮
4・7話

平塚 徹
演 - 永岡卓也
4話のみ。

岡山藤吾
演 - 成宮寛貴
5話 -

菊名大介
演 - 木村皐誠
5話のみ。

本郷先生の奥さん(ゆきえ)
演 - 川村ゆきえ
1話(漫画雑誌ヤングジャンプ表紙)、7話

香川優介
演 - 平岡祐太
たま銀行営業、久我山ミカの大学時代のサークルの先輩(7話)

香川さんの元カノ
演 - 沢井美優
7話のみ。

赤坂亜衣子
演 - 佐々木希
8話のみ。

スタッフ
原作:立木早子『早子先生、婚活の時間です』『早子先生、結婚はまだですか?』『早子先生、結婚するって本当ですか?』(イースト・プレス刊)
脚本:水橋文美江
演出:中江功、佐藤源太、山内大典
編成企画:小原一隆
プロデュース:橋本芙美、柳川由起子
制作:フジテレビ
制作著作:共同テレビ

主題歌:chay「それでしあわせ」(unBORDE / ワーナーミュージック・ジャパン)
劇中歌:山下達郎&竹内まりや「Let It Be Me」(ワーナーミュージック・ジャパン)


各話あらすじ(2016.4.21 - 6.16)全9話 平均視聴率 5.58%
第1話 2016年4月21日「実家暮らし34歳独身女が幸せ探す物語!笑って泣いて元気が出るドラマ」 ※初回15分拡大(22:00 〜 23:09)
34歳の小学校教諭・早子(松下奈緒)は、豆腐店を営む父・辰志(尾藤イサオ)、母・尚子(松坂慶子)と実家暮らし。公私共にそれなりに幸せで、結婚に関しても焦りはない。一方、同僚のミカ(貫地谷しほり)は婚活に励み、音楽教師の梅子(佐藤仁美)を合コンに誘う。そんな中、辰志が倒れて入院した。命に別状はなかったが、早子の妹・風子(川栄李奈)も嫁ぎ先の名古屋から駆け付ける。早子は尚子に店を畳んではどうかと提案する。

第2話 2016年4月28日「初めてお見合い!?優しい嘘と哀しい現実」
 早子(松下奈緒)は親戚の紹介で初のお見合いに臨み、相手の態度に好印象を抱く。ある日、早子は学校で千駄木(八嶋智人)あての電話を受けた。席を外していた千駄木は、早子からの伝言に舞い上がる。実は、千駄木は電話をしてきた年下の女性・目黒(足立梨花)と10年前、ある約束を交わしていた。一方、ピクニック形式の合コンをしていたミカ(貫地谷しほり)や梅子(佐藤仁美)らは急な雨に降られ、会場近くの早子の家に駆け込む。

第3話 2016年5月5日「岡秀隆登場!衝撃の出会い!?忘れられない女!」
 早子(松下奈緒)は、学校で使う手作り教材のチョンマゲかつらをかぶったまま店に出て、客の凪太郎を驚かせる。そんな中、先日のピクニック合コンの参加者だった佐賀(田中圭)が、一度デートした舞(舞羽美海)が、自分をどう思っているか気になると相談しに現れた。早子は一人で処理できず、ミカ(貫地谷しほり)と梅子(佐藤仁美)を呼び出す。早子たちは2人がうまくいくと思っていたが、2回目のデートで舞が交際を断ったと知る。

第4話 2016年5月12日「死んだぬか床と運命の出逢いと年下の美少年!?」
早子(松下奈緒)は、子どもたちが飾り付けた七夕の短冊の中に、早子自身の結婚を願うものを幾つか見つけ、苦笑する。そして、婚活も停滞状態のまま夏休みに突入。早子は外部の研修に参加するが、隣席に座った男性・伊東が、聞いてもいない身の上話を語り、こうして出会ったのも運命だと言い出す。後日、偶然、練習試合の引率で学校にやって来た伊東から飲みに行こうと誘われた早子は、つい合コンを提案してしまう。

第5話 2016年5月19日「早子が初めて家に連れてきた男!?」
 早子(松下奈緒)のクラスの児童・大介が、病気のウサギを学校に連れてきた。早子は近くの大きな動物病院で診てもらおうと促すが、大介は激しく拒絶する。獣医を捜す早子からの電話を受けた尚子(松坂慶子)は、店に赤い傘を忘れた凪太郎(吉岡秀隆)が獣医だと知ったばかり。そこで、凪太郎が学校にやって来る。一方、千駄木(八嶋智人)に呼び出された梅子(佐藤仁美)はあることを想定して、ミカ(貫地谷しほり)に頼み事をしていた。

第6話 2016年5月26日「本性見せた!?男の奪い合いと女の友情」
 辰志(尾藤イサオ)が不在の夜、尚子(松坂慶子)が早子(松下奈緒)に「女子会」を提案。だが、ミカ(貫地谷しほり)と梅子(佐藤仁美)、莉々(小芝風花)ばかりか、千駄木(八嶋智人)はじめ男性陣も家にやって来る。その席で、早子は雲行きが怪しいミカと梅子の様子に気付いた。案の定、2人とも先日、千駄木のつてで紹介された会社員・岡山(成宮寛貴)に好意を持っていることが分かる。ところが、実は岡山には気になる人がいて…。

第7話 2016年6月2日「年下美少年から初めてのプロポーズ!?」
 休日、早子(松下奈緒)の家を訪れた銀行マンは、居合わせたミカ(貫地谷しほり)の学生時代のサークルの先輩・香川だった。久々の再会に2人の会話は弾み、香川も独身だと分かる。一方、運動会の準備に追われる放課後、本郷(山内圭哉)の妻・ゆきえ(川村ゆきえ)が、いとこの隼人(吉沢亮)を伴い差し入れにやって来た。偶然にも、以前の合コンの参加者だった隼人は、早子がまだ婚活中だと知ると、突如、結婚しようと言い出す。

第8話 2016年6月9日「また1人婚活同盟卒業!残された独身女」
風子(川栄李奈)の夫の同僚で、名古屋から東京本社に異動してきた亜衣子が‘婚活同盟’に参加することに。一緒にカラオケをして仲良くなった千駄木(八嶋智人)は、かわいく気さくな亜衣子に心ひかれる。後日、早子(松下奈緒)たちに促され、千駄木は亜衣子に電話するが、電話に出た若い男に絡まれる。一方、携帯電話のメールに困惑する辰志(尾藤イサオ)の様子に気付いた尚子(松坂慶子)は、何か隠しているとにらむ。

最終話 2016年6月16日「運命の相手はあなたでした!涙の最終回」
凪太郎(吉岡秀隆)からメールの返信はなく、その意外な理由が分かった直後、本人が突然実家の店にやって来る。予期せぬ再会に戸惑う早子(松下奈緒)は「会いたかった」とついに思いを伝える。そんな中、破水して病院に運ばれた風子(川栄李奈)の様子を伝える電話がかかってくる。一方、早子と同じく‘婚活同盟’で結果の出ないミカ(貫地谷しほり)は、高校時代の友人と参加した合コンで飾り気のない好青年・十条と出会う。

各話視聴率


番組公式サイト
(早子先生、結婚するって本当ですか? - Wikipedia)

『早子先生、結婚するって本当ですか? TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
2013年春( 4 - 6月期)
50音検索