2016年03月30日

世界一難しい恋 TOP

『世界一難しい恋』は、2016年4月13日から同年6月15日まで、日本テレビ系「水曜ドラマ」枠(毎週水曜 22:00〜23:00)で放送された。全10話。主演は大野智。初回10分拡大。

『きょうは会社休みます。』などを手掛けた脚本家、金子茂樹のオリジナル作。


概要
嵐の大野智がラブコメディーに初挑戦する話題作。大野は、ホテル業界に進出して成功した若き社長・鮫島零治を演じる。

ルックスがよく、仕事でも天才的な手腕を発揮する零治だが、一方で、とてつもなく上から目線で空気も読めず、女性を喜ばせる才能も皆無。さらに、自分でその欠点に気付いていないため、女性たちにことごとく去られてしまうという究極の“恋愛弱者”の一面も持っている。


ストーリー 
34歳の若さにして5つのホテルを経営する鮫島零治(大野智)は、「ターゲット・スピード・ツーマンス」をモットーに業績を伸ばす超やり手だが、従業員からは独裁者と恐れられ、人望はゼロ。また、ライバルホテルの社長・和田英雄(北村一輝)に独身であることをばかにされ、パートナーを見つけることを決意するが、傲慢(ごうまん)かつ頑固なため、お見合いでも連戦連敗の日々を送っていた。

そんな中、零治は所有ホテルで研修中の柴山美咲(波瑠)と出会い、胸のときめきを覚える。程なく、美咲たち新入社員の歓迎会が開かれ、その場で美咲に意見された零治は激昂。しかし、その時すでに零治の恋心は燃え始めていた。


キャスト
鮫島 零治(さめじま れいじ)〈34〉
演 - 大野智(幼少期:間中斗環)
鮫島ホテルズの社長。結婚相手を探している最中、入社してきた美咲を見初めてなんとか美咲に近づこうと奮闘する。

和田を煙たがっていたが、自分の弱点である恋愛に関する個人教授をしてくれることになり、以降「師匠」と呼ぶことに。すったもんだの末、美咲に想いを打ち明けた所、受け入れてもらえる事になったのだが……。

柴山 美咲(しばやま みさき)〈25〉
演 - 波瑠(幼少期:信太真妃)
鮫島ホテルズに中途採用された社員。数か国語に精通する才女。語学だけでなくコンシェルジュとしても一流である。性格は真面目で優しく、正義感が強い。零治に恋心を寄せられるもまだ零冶の気持ちに気づいていない。

が、零治から告白され、まひろからも背中を押されるなどして悩んだ末零治と付き合うことを決意する。しかし、なかなかキスに踏み込めない零治を「器の小さい男」と非難した事で感情的になった零治からクビを言い渡される。その後、自身の送別会で、「クビを撤回してもいい」という零治の気持ちに感謝しながらも、彼のライバルである和田が社長を務める「ステイゴールドホテル」でのコンシェルジュとしての就職を報告したことに激怒した零治と再び口論になり、喧嘩別れする。

村沖 舞子(むらおき まいこ)〈35〉
演 - 小池栄子
零治の秘書。度々零治にアドバイス(主に恋愛ごと)を送ったりしている。時には零冶に反論する事も辞さない。

以前は鮫島グループが経営する旅館で女将として働いていたが、同じ職場で働いていた男性職員との不倫がばれて解雇されてしまった。その後、物語が始まる8年前に、零治に社長秘書として雇われ、その恩を返そうと努めている。

三浦 家康 (みうら いえやす)〈23〉
演 - 小瀧望(ジャニーズWEST)
入社2年目の社員。適当がモットー。

堀 まひろ(ほり まひろ)〈23〉
演 - 清水富美加
美咲と同期の新入社員。明るく人懐っこい性格で美咲ともすぐに仲良くなる。白浜に想いを寄せている。

蛭間 太陽(ひるま たいよう)〈39〉
演 - 西堀亮
社長室企画戦略部・主任。

丸田 潤(まるた じゅん)〈32〉
演 - 若林誠
白浜直属の部下。

松若 笹広(まつわか ささひろ)〈28〉
演 - 札内幸太
白浜直属の部下。

石神 剋則(いしがみ かつのり)〈52〉
演 - 杉本哲太
零治のハイヤー運転手。

白浜 吾郎(しらはま ごろう)〈39〉
演 - 丸山智己
社長室企画戦略部・部長。人柄能力ともに申し分がなく社内での人望も厚い。大学では和田の後輩だった。

音無 静夫(おとなし しずお)〈45〉
演 - 三宅弘城
社長室企画戦略部・部長代理。

和田 英雄(わだ ひでお)〈46〉
演 - 北村一輝 
ステイゴールドホテルの社長。当初、零冶は毛嫌いしていたが、舞子の手回しにより零冶の恋愛指南役に。零冶をからかい、面白がりながらも実は零治の事を気に入っている様子である。

リリコ
演 - 中村アン 
和田社長の元彼女。

志乃
演 - 多岐川華子 
楯原物産社長令嬢。鮫島社長の見合い相手。

松田 百代
演 - 美保純 
鮫島ホテルズ箱根の清掃担当で、勤続35年のベテラン。

橋口 博資
演 - 篤海 
和田の秘書。

鮫島 幸蔵
演 - 小堺一機 
零治の父。元々は鮫島旅館の経営者であったが、旅館が倒産寸前まで追い込まれたため、経営者の職を解かれた過去がある。

零治が高校生の頃(物語が始まる15年前)、零治の母(幸蔵の妻)の誕生日に、彼女が既に持っていた物と同じバッグをプレゼントしてした事で愛想を尽かされ、その上、酒に酔った勢いで妻を追い出してしまったため、息子の零治からは毛嫌いされている一方で、舞子ら「社長室企画戦略部」の面々との仲は良好である。蕎麦作りが得意で、幸蔵が作る蕎麦は、子供の頃の零治の大好物だった。

田中
演 - 宇梶剛士 
駿河エクセランホテルのシェフ。

柴山 雄三郎
演 - 渡辺哲 
美咲の祖父。

高田 潤子
演 - 鷲尾真知子 
全日本ホテル協会会長。

藤田 八雄
演 - 上島竜兵 
ゆるキャラ「スウィンギー」の着ぐるみスタッフ。

スタッフ
脚本 - 金子茂樹
演出 - 中島悟、菅原伸太郎、他
音楽 - ワンミュージック
音楽プロデュース - 志田博英
選曲 - 稲川壮
ロケ協力 - 横浜市、横浜フィルムコミッション ほか
チーフプロデューサー - 松岡至
プロデューサー - 櫨山裕子、秋元孝之
制作協力 - オフィスクレッシェンド
制作著作 - 日本テレビ

主題歌 - 嵐「I seek」(ジェイ・ストーム)


各話あらすじ(2016.4.13 - 2016.6.15)全10話 平均視聴率 12.83%
第1話 2016年4月13日「恋愛偏差値最低のセレブ社長が一目惚れ!優しい嘘で彼女にプロポーズ」 ※初回10分拡大(22:00 〜 23:10)
ホテルチェーン社長の零治(大野智)は、やり手でイケメンだが、女性を喜ばせる能力はゼロ。ライバルホテルの社長・和田(北村一輝)に挑発され、2カ月後のパーティーに婚約者を同伴しようと、見合いに励んでいる。だが、連敗続きで、秘書の舞子(小池栄子)もあきれ顔だ。そんな中、中途採用された美咲(波瑠)が社長室企画戦略部に配属された。零治は社長の自分にもはっきりとものを言う美咲に、憤慨しつつも興味を覚える。

第2話 2016年4月20日「ひねくれ社長の初恋は難関続出…目指せ器の大きい男!犬の散歩で求愛」
2ヵ月後に開かれるホテル協会のパーティーに美咲(波瑠)を婚約者として連れて行くと決意した零治(大野智)。しかし、彼は舞子(小池栄子)から、美咲にはベルギー人の恋人がいるらしいと知らされる。美咲の先輩社員・三浦(小瀧望)からの情報と聞いた零治は、彼に近付いて美咲のことを聞き出そうとする。しかし三浦も、詳しく知っているわけではなかった。零治が美咲について知りたがるのは社員を心配しているからだと思い込んで感動する三浦。彼は、若手社員が集まる飲み会があるので、そこで美咲本人と話して真相を突き止めてくると零治に約束する。

第3話 2016年4月27日「ひねくれ社長が新人に恥ずかしすぎる告白恋愛スイッチオンの秘策とは」
零治(大野智)は、自分の気持ちが美咲(波瑠)に伝わっていると思い込み、舞子(小池栄子)に勘違いもはなはだしいとあきれられる。そんな中、和田(北村一輝)が舞子を呼び出し、美咲を引き抜きたいと言い出した。美咲が働いていたパリのホテルで知り合ったという。そして、舞子の態度から、零治が美咲を落とそうとしていることが和田にばれてしまう。一方、美咲と和田の関係を耳にした零治は、美咲を解雇すると宣言する。

第4話 2016年5月4日[「恋愛師匠の必勝指令で一泊旅行…遂に愛の告白でアタマ真っ白」
零治(大野智)に恩義を感じている舞子(小池栄子)は、美咲(波瑠)と幸せになってほしいと尽力。その結果、零治は敵対していた和田(北村一輝)から恋愛成就の秘訣を伝授され、作戦通りに動くと、美咲は脈ありの反応を示す。気をよくした零治は、静岡のシェフ・田中(宇梶剛士)の引き抜きのリサーチに美咲を同伴し、そこで告白しようと決意する。一方、美咲はまひろ(清水富美加)の話から、零治の趣味が‘キノコ’だと知る。

第5話 2016年5月11日「遂にカップルへ!?恋愛スキル総動員で待ちわびる最終回答」
零治(大野智)は、美咲(波瑠)から言われた言葉をどう解釈したらいいのか分からず、いら立ちを募らせていた。そんな中、美咲が会議で零治の意見に異を唱え、憤慨する零治はこの恋心は勘違いだったと結論づける。すると、舞子(小池栄子)が和田(北村一輝)に相談すればどうかと提案。和田から次の行動への助言を受けた零治は、ちょうど結婚を決めたばかりの石神(杉本哲太)のため、結婚祝いパーティーとサプライズ演出を企画する。

第6話 2016年5月18日「初恋成就でバカップル誕生!悲劇のダンスパーティ…真夜中に通じる心」
美咲(波瑠)の亡き祖父・雄三郎(渡辺哲)と零治(大野智)は、似ているところがあった。ホテル協会のパーティーまで1週間。一緒に水族館へ行った零治と美咲は、初めて連絡先を交換する。そんな中、零治は京都出張とパーティーの日程が重なっていることに気付く。出張は美咲、三浦(小瀧望)、まひろ(清水富美加)の3人がじゃんけんをして、勝った人が行くことになり、パーティーのことをまだ美咲に話していない零治は気をもむ。

第7話 2016年5月25日「お泊りデート最高のキス!?純情オトコ心で破局の大ピンチ」
美咲(波瑠)と付き合い、幸せをかみしめる零治(大野智)。だが、いまだにキスもしていないと聞いた舞子(小池栄子)はあきれ、インターネットで見つけた記事「女の子が憧れるキスする場所ベスト3」を教える。そんな中、まひろ(清水富美加)を諦めた三浦(小瀧望)が、美咲にアタックを開始。それが気に入らない零治は突然「社内恋愛禁止」を宣言し、まひろから猛反発を食らう。一方、舞子は和田(北村一輝)との仲を零治に打ち明ける。

第8話 2016年6月1日「新たな恋は足裏上手安らぎ秘書?ダメ親父教えるまごころ」
零治(大野智)は、美咲(波瑠)に放った自身の最低な発言を後悔する。落ち込む零治の様子を見た白浜(丸山智己)やまひろ(清水富美加)たち社員は、零治が発言を撤回する場を設けようと画策。美咲に謝る機会を得た零治だが、彼女から思いがけないことを聞き、さらにひどい言葉を返してしまう。そんな中、和田(北村一輝)と話した零治は、舞子(小池栄子)を見る目が変わる。一方、零治と確執のある父・幸蔵(小堺一機)が職場に現れる。

第9話 2016年6月8日「諦め切れない恋と夢…偶然再会で最高のプロポーズ」
美咲(波瑠)に会えず、電話もできない状況下、零治(大野智)は自転車通勤の三浦(小瀧望)が毎朝、美咲と擦れ違うことを知る。そこで、通勤を自転車に切り替えるが会えずじまい。さらに、美咲の勤務先近くで風船を配る‘ゆるキャラ’の着ぐるみに目を付け、中に入っている藤田(上島竜兵)の特訓を受ける。一方、和田(北村一輝)が突然思いも寄らぬ行動を。零治は和田と話し、美咲についてまだ知らないことが多いと気付く。

最終話 2016年6月15日「最終回驚きの展開!結婚できる?あせる社長最後の危機」
美咲(波瑠)の夢が、祖父の残した土地にホテルを建てることだと知った零治(大野智)は、現地に案内してくれた美咲に、応援したいと告げる。そんな中、和田(北村一輝)がリリコ(中村アン)を伴って現れ、零治の会社が来年オープンさせるホテルで一組目として挙式したいと言う。零治は和田への対抗心から、とっさに一組目は自分だと言ってしまい、舞子(小池栄子)から本気で結婚を望むなら、同棲してみてはと提案される。

各話視聴率


番組公式サイト
(世界一難しい恋 - Wikipedia)

『世界一難しい恋 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
2013年春( 4 - 6月期)
50音検索