2016年02月18日

科捜研の女 第15シリーズ 第13話

第13話「音で暴く美人作家のダイイングメッセージ〜時計が遅れる密室」2016年2月25日

 京都市内の駐車場で、人気小説家・大文字智美(根本りつ子)の死体が発見された。現場に駆けつけた榊マリコ(沢口靖子)ら科捜研のメンバーは、異様な光景に息をのむ。横たえられた遺体の上には、菊の花をはじめとした色とりどりの花びらが散らばっていたのだ…! その様は、彼女の代表作に描かれた“裏切り者への儀式”の場面そのものだった…。

 第一発見者は上下水道局職員・片岡裕二(永島敏行)で、奇しくも土門刑事(内藤剛志)の高校時代の同級生だった。片岡は、現場を“見た”というよりも“聞いた”と打ち明ける。というのも、片岡は前夜、“音聴棒”という道具を用いて水道管に破損がないか調査する業務を行っていたが、明け方近くに奇妙な音が聞こえたため気になって音の出どころを探したところ、智美の死体を発見したというのだ。

 片岡が耳にしたのは、“車輪のような音”と“人間の足音”で、“地面に落ちる鈴の音”も聞こえたという。その話を裏付けるかのとおり、マリコは現場に小さな鈴が落ちているのを見つけるが、土門はなぜか冷やかに「聞いただけで何も見ていないのでは、参考にならない」と言い放つ。

 その後、被害者の自宅から大量の血痕が発見され、智美は書斎で殴殺された後、遺体発見現場まで運ばれたことがわかった。智美の姪で事務所の代表・友坂梨香(野村佑香)や、出版社の担当編集者・岩瀬厚一郎(ヨシダ朝)によると昨晩、智美は最新作のラストを執筆していたらしく、なんと書斎からパソコンが盗まれていることも判明。プリントアウトされた原稿を確認した結果、最後は主人公が殺害される展開になっており、ラストの内容に納得できない熱烈なファンが最新作を葬り去るため智美を殺害したとも考えられた。

 マリコは、片岡が耳にした“車輪のような音”が何なのか突き止めれば、死体を遺棄した犯人につながるのではないかと考え、もういちど片岡に話を聞きたいと申し出る。ところが、土門は「勝手にやれ」と言い、片岡に関わろうとしない。マリコは、かつて土門と片岡に何があったのか、いぶかしむが…!?

第1話 2015年10月15日「マリコVS死神と呼ばれた女刑事!鑑定の盲点を突いた肌色の銃弾!!刑事の命を奪う危険なお守りの謎!?」
第2話 2015年10月22日「オーロラに殺された女!?科学が暴く透明な壁画の謎!」
第3話 2015年10月29日「顔も見ずに顔認証!?寝不足のクマが暴いた女刑事の嘘」
第4話 2015年11月12日「美しき書道家殺人!筆跡鑑定の盲点をつくプリンの謎」
第5話 2015年11月19日「致死率100%の密室閉じ込められたマリコの殺人鑑定」

第6話 2015年11月26日「疑惑のしみ抜き職人!着物染め直しの謎…職人技に科学捜査が挑む!」
第7話 2015年12月3日「美食家殺人!!ゴーヤの5倍苦い毒殺レシピの味覚鑑定」
正月スペシャル 2016年1月3日「国際空港大パニック〜消えた殺人逃亡犯!!最新鋭3D鑑定VS防犯カメラに写らない女!?水で爆発する山荘の謎…絶体絶命のマリコをハチの大群が救う!?」
第8話 2016年1月14日「スペシャリスト緊急参戦!完全犯罪を暴く生きた人間の検死!?」
第9話 2016年1月21日「妊娠を偽装した女!?足跡痕が暴く1000万円強盗殺人!!」
第10話 2016年1月28日「京都−富士山〜ストーカーは2度死ぬ!?必ず枯らす植木鉢の謎」

第11話 2016年2月4日「800の指紋を持つ女〜死者がネックレスを買い歩く!?」
第12話 2016年2月18日「京都〜富士山400キロ地底大捜索!順不同な殺人予告カードの謎」
第14話 2016年3月3日「最終章!塀の中からアリバイ工作!?内出血が暴く偽装自殺の謎」

科捜研の女 第15シリーズ TOPへ
各話視聴率へ
2015年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2015年秋ドラマ視聴率一覧へ
2016年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2016年冬ドラマ視聴率一覧へ

『科捜研の女 第15シリーズ 第13話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索