2016年02月17日

お義父さんと呼ばせて 第6話

第6話「嵐呼ぶ小姑登場!恐怖の嫁いびり&家同士の大バトル勃発!」2016.02.23 ON AIR

ある日、保(遠藤憲一)の家に突然、姉の留美子(秋野暢子)が「一週間泊めてほしい」と押しかけてきて、美蘭(蓮佛美沙子)と鉢合わせ。2人が結婚するつもりだと知った留美子は、弟の相手があまりに若いことに難色を示す。やがて、美蘭の両親に挨拶すると言い出す留美子。しかし、到着した花澤家で、保が紀一郎(渡部篤郎)に煙たがられていると知ると怒り心頭。紀一郎も留美子の憎まれ口で火がつき、2人は激しい言い争いになる。

その頃、紀一郎の会社では急激な業績悪化が進み、紀一郎一人に責任が押しつけられる事に。窮地に追いやられた紀一郎は、次の経営会議に向け、根回しに奔走する。そんななか、花澤家では昭栄(品川徹)が散歩から帰ってこないと静香(和久井映見)が心配していた。実は、留美子に一目惚れした昭栄は保の家を訪れていたのだ。保と美蘭が駆けつけると、留美子は昭栄を迎えにきた真理乃(新川優愛)とすっかり意気投合。「妹さんの方がよっぽどいいじゃない」という一言に、美蘭の堪忍袋の緒が切れる。

数日後、経営会議を何とか乗り切り、疲労困ぱいの紀一郎が帰宅すると、家では昭栄の80歳を祝う会が開かれていた。そこにはなぜか留美子や保の姿も。昭栄が、紀一郎のことを批判的に書いた雑誌を手に、「息子はひたすらへいこらして出世した」などと話しているのを見た紀一郎は、ついに我慢の限界!「誰のせいで苦労したと思ってるんだ!」と、昔から家族を振り回してきた昭栄に怒りを露わにし、家から追い出してしまう。

昭栄が出て行くと、留美子は騒動の発端になったことを詫びつつ、花澤家を後に。その際、保の大好物で、美蘭が一生懸命作った“がめ煮”を褒め、紀一郎にも保のことを認めてほしいと頭を下げる。その後、紀一郎の胸中を察した保は、あの雑誌は息子を心配した昭栄が買ってきたものだと教える。父の想いを初めて知り、胸が熱くなった紀一郎は、保と一緒に昭栄を必死で探すが、なかなか見つからない。

しかし実は、家出は留美子の気を引くための昭栄の芝居。まんまと騙され、帰ってきた昭栄を前にぼう然とする紀一郎と保だったが、一瞬とはいえ気持ちが寄り添ったことで、2人の距離は少しだけ縮まる。

その頃、保の部屋では留美子の置き土産が原因で火事が起きていた!幸い大事にはならなかったものの、部屋は水浸しでとても住める状況ではない。保は荷物を持って再び花澤家を訪れて――。

第1話 2016年1月19日「お義父さん娘をもらっていいですか」
第2話 2016年1月26日「発覚!彼の秘密」
第3話 2016年2月2日「激突!カレVS父」
第4話 2016年2月9日「決戦!恋の刺客」
第5話 2016年2月16日「目撃!長男の素顔は絶世の美女?浮気騒動で家族から絶縁!」
第7話 2016年3月1日「カレと父が同居!波乱の第2章が始まる妹の恋人にも大問題」

お義父さんと呼ばせて TOPへ
各話視聴率へ
2016年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2016年冬ドラマ視聴率一覧へ

『お義父さんと呼ばせて 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2016年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

お義父さんと呼ばせて「嵐呼ぶ小姑登場!恐怖の嫁いびり&家同士の大バトル勃発!」
Excerpt: 毎度ながらのドタバタだけど、今回は保(遠藤憲一)の家に突然、姉の留美子(秋野暢子)がやってきて、いつもと違うメンツでの賑やか騒動 保のマンション、玄関先に眠ってた、美蘭(蓮佛美沙子)を見て、事情..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2016-02-24 07:55

お義父さんと呼ばせて (第6話・2016/2/23) 感想
Excerpt: フジテレビ・関西テレビ系・『お義父さんと呼ばせて』(公式) 第6話『嵐呼ぶ小姑登場!恐怖の嫁いびり&家同士の大バトル勃発!』の感想。 保(遠藤憲一)の部屋で、姉の留..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2016-02-24 11:32

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索