2016年02月15日

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第6話

物語#6「衝撃の再会」Story

27歳になった音(有村架純)は、介護福祉士の資格を取り、いまも『春寿の杜』で働いている。元同僚の朋子(桜井ユキ)、今月で契約が切れる美織(林田岬優)と食事に出かけた帰り、静恵(八千草薫)の家に立ち寄った音は、そこで木穂子(高畑充希)と再会する。木穂子は、3年前に会社を辞めていまはデザイン系の事務所で働いているのだという。木穂子は、音が練(高良健吾)ではなく、朝陽(西島隆弘)と付き合っていること知って驚く。実は音も木穂子も、小夏(森川葵)や晴太(坂口健太郎)らとともにこの家で練と会ったのが最後だった。木穂子は、練の携帯電話に電話をしてみた。しかし、その番号はもう別の持ち主に変わっていた。

朝陽と食事に出かけた音は、派遣先でトラブルに巻き込まれた玲美(永野芽郁)の相談に乗ってやってほしい、と彼に頼む。朝陽は、困惑しながらもそれに応じ、その代りと言って音をパーティーに誘う。

そんな折、仕事帰りの音は、柿谷運送のトラックを見かける。作業中の加持(森岡龍)に声をかけ、練のことを尋ねる音。加持は、音を社長の嘉美(松田美由紀)のもとへ連れていった。嘉美は、練が5年前に辞めたことを告げると、佐引(高橋一生)なら何か知っているかもしれない、と言って彼を紹介する。そこで佐引は、練が東京にいることを音に告げ、1枚の名刺を差し出す…。

第1話 2016年1月18日「失くした手紙が繋いだ奇跡…二人は出逢った」
第2話 2016年1月25日「東京編スタート都会の現実、募る想い…もう一度会いたい」
第3話 2016年2月1日「突然のキス…一番幸せな日」
第4話 2016年2月8日「あなたを好きになりました」
第5話 2016年2月15日「第一部・完結編突然のさよなら…訪れた運命の日」
第7話 2016年2月29日「明かされる真実彼に何が起きたのか」

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう TOPへ
各話視聴率へ
2016年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2016年冬ドラマ視聴率一覧へ

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2016年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう「衝撃の再会」
Excerpt: ますます、月9本来の作風(ワクワク、キラキラ)に背を向ける本作。 なんだか、登場人物を「これでもか!」に虐めてる、というか、お気の毒。不憫でなりません。あまりにも、理不尽に満ちすぎて… ひ..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2016-02-23 07:52

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう (第6話・2016/2/22) 感想
Excerpt: フジテレビ系・月9『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(公式) 第6話『衝撃の再会』の感想。 静恵(八千草薫)の家を最後に6人が別れてから5年。音(有村架..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2016-02-23 09:11

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第6話
Excerpt: 27歳になった音(有村架純)は、静恵(八千草薫)の家に立ち寄った際に、静恵のネックレスをプレゼントされていました。 勿体ないと断る音に、これが似合う女性になってねと言う静恵なのでした。 ..
Weblog: ぷち丸くんの日常日記
Tracked: 2016-02-23 11:25

引越し屋さん、ちょっと・・・嘘じゃなくて冗談だったんですね(有村架純)
Excerpt: 「用がないから逢いに来た」でも良かったけれど・・・緊張感に耐えかねた。 フルスイングだからな・・・。 ついに・・・底辺と上流の話に・・・。 「金色夜叉」なんだな。 「月がとってもきれいね」 「今月今夜..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2016-02-23 11:29

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索