2016年02月12日

マネーの天使〜あなたのお金、取り戻します!〜 第7話

2016年2月18日 第7話「お笑い事務所を救え!」

小さな演芸場でネタを披露する中堅漫才師「サプライず」の富田(フットボールアワー岩尾望)と織田(松尾諭)。客席には、井上アリス(矢倉楓子)、武蔵川華子(藤田みりあ)がいて、つまらなさそうに見ている。だが、菅原円(葵わかな)と、離れた席にいる老人、浅野悟朗(斎藤洋介)は大笑い。富田がハゲネタを披露すると、今度はアリスと華子をはじめとした場内が大ウケ。だが、円はつまらなさそうにいる。「…君の感性がわからんわ」と円に言う華子。

舞台が終わり、客の見送りをする富田と織田。二人の所属する近石芸能の社長、近石みゆき(角替和枝)や所属芸人のマネー樋口(藤原光博)も来て、円らを見送る。アリスと華子は、「アンヘラ」のチラシを渡し、ちゃっかり営業している。

翌日、あるパーティー会場で、漫才を披露する「サプライず」の二人。ネタはややウケ。そこに主催者の大塚真介(水橋研二)が現れ、近石は、早速挨拶に行く。「今日はお呼び頂きありがとうございました。また、お願いします!」と近石。だが大塚は「もう呼ばないよ。おたく、依頼した時、大爆笑間違いなしって言ったよね? 全然面白くないんですけど。だから当然ギャラはなしってことで」

「アンヘラ」に現れる近石とサプライず。アリスと華子の配ったチラシの「金銭トラブル相談0円」を見て訪れたのだった。「ネタが面白くなかったからと言ってギャラを踏み倒されて…」と栗原理佐(片瀬那奈)と竹内茂(小籔千豊)に相談する。傍にいた円が、「出演することが債務の内容で、ウケるウケないは内容に含まれません。当然主催者はギャラを払う義務があります」と言う。「ですよね!」と近石。ただ、近石はパーティ主催者と契約書を交わしていなかった。「口約束でも契約は成り立ちますが、書面を交わしていないとなると、交渉は少し難しいかもしれません」と円。「うちは弱小事務所でギャラが入らないと経営が…。何とかして下さい!」と近石。

そんな中、富田と織田が陰でモメていた。「俺、ハゲネタはもうやりたくない。しゃべくりで笑いをとりたいんや」と富田。「いや、でもハゲネタでないと笑いが…」と反対する織田。だが、「ハゲネタを封印しないと俺は辞める」と頑なな富田。

その後、近石は偶然、マネー樋口がある男から大金を受け取っているのを見かける。相手の男は、福沢タケル(木村祐一)だった。福沢は、近石芸能でマネー樋口とコンビを組んでいたが、今は解消して事務所を辞め、売れっ子司会者になっていた。マネー樋口は福沢を恐喝しているようで…。ア然とする近石。

翌日、理佐は、近石と富田、織田を連れて、大塚の元へ。「ギャラを払いなさいよ!」と言う理佐の前に、顧問弁護士だと言う殿村賢一郎(竹中直人)が現れる。「見ないとわからないから、漫才、見せてくれる?」と殿村。しぶしぶネタを披露するサプライず。笑いを取るためハゲネタを披露するが、笑わない殿村。「それで30万円とはボッタクリだ!」と追い返され、「アンヘラ」に戻って作戦会議をする理佐、近石。そこに、金銭トラブルの相談をしたいと、マネー樋口が現れる。驚く近石の前で、「実は前にコンビを組んでいた相方の福沢が、“ギャラは折半する”というコンビ時代の約束を守っていて、今でも金をよこすんです。このままじゃ自分がみじめで…」と、大金を受け取って困っている樋口。

富田と織田は相変わらず、ハゲネタでモメていた。無理やりハゲネタをさせられた富田は「解散や!」と織田に言い捨て、「アンヘラ」へと駆けていく。「織田を名誉棄損で訴えたいんです!」と理佐の元へ駆け込んで来る富田。理佐たちは結局、「ギャラ未払い」「ギャラ折半」「ハゲネタの慰謝料」の問題を抱え込み…。理佐たちは、役割分担しながら、解決法を探ることにした。

華子は早速、福沢へのアプローチを試みる。そして茂は、富田に「名誉棄損で訴えるなんて本気じゃないですよね?」と独特のやり方で説得。理佐は、近石が心配になり、近石芸能を訪れる。するとそこでは、マネー樋口が近石に「芸人やめます」と辞表を提出していて…。理佐は「待って!今度うちでパーティーすることになったの。みなさんで来てください。辞めるのはそれからでも…」とそれを止める。

後日、「アンヘラ」でパーティーを開く理佐。招待された近石と樋口、富田も現れる。「社長になんと言われたって、もう解散は決めたことですから」と富田。「わかった、私にはもう止める資格もないし」と近石、皆が解散するなら事務所をたたむしかないと言う。「でも私、あんたの漫才好きやったで」と近石。そこに織田も現れ、「富田、俺やっぱりおまえじゃないと。一緒にやり直そう」と説得し、富田の心が揺らぐ。さらに華子が、福沢を連れて来る。福沢は、樋口が苦しんでいたとわからず、お金を渡していたと言う。「もうお金を渡すのは止めるから、引退するのはやめてくれ。おまえが俺の一番のライバルや」と言う福沢。樋口、その言葉に心が動く。

「あとはギャラ未払い問題ね」と理佐、近石を連れて再び大塚と殿村の元へ。「何度来ても同じことだ」と言う大塚の前に、アリスがSNSで呼び集めた芸人たちが現れる。皆、大塚にギャラを踏み倒された被害者たちだった。その上、円が、演芸場で大笑いしていた老人、浅野(斎藤洋介)を連れて来る。浅野は、大塚の会社の会長だった。「芸人さんに迷惑をかけよって!ワシの顔に泥を塗ったな!」と怒る浅野。浅野と芸人たちの登場にひるむ大塚、形勢不利とばかり、殿村もいつの間にかその場を立ち去る。無事すべての問題を解決し、活躍を誓う近石芸能の面々で…。

第1話 2016年1月7日「給料未払い取り戻せ!」
第2話 2016年1月14日「最低ヒモ男を成敗せよ」
第3話 2016年1月21日「悪質!婚活マンション詐欺!!」
第4話 2016年1月28日「ママ友の泥沼借金騒動」
第5話 2016年2月4日「高齢者ねらう悪質販売」
第6話 2016年2月11日「未払い養育費を回収!」
第8話 2016年2月25日「結婚してから詐欺!?」

マネーの天使〜あなたのお金、取り戻します!〜 TOPへ
2016年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2016年冬ドラマ視聴率一覧へ

『マネーの天使〜あなたのお金、取り戻します!〜 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索