2016年01月27日

フラジャイル 第4話

第4話「最も診断が出せない病気…託された母娘の命と未来!!」2016.2.3 OA

岸京一郎(長瀬智也)が病理診断科に出勤すると、宮崎智尋(武井咲)が病理の本を広げて勉強中。宮崎を褒める岸は、この日に行われるアミノ製薬の勉強会に出てみないかと持ちかける。仕事もあると断ろうとする宮崎に、岸は豪華な弁当が出ると煽り、今日の仕事も自分が全部やると請け負った。そこまで上司に勧められれば断る道理はない。早速、宮崎は出かけることに。そんな岸を、森井久志(野村周平)は半ば呆れて見ていた。

女性外科の細木まどか(小雪)は患者の安田春香(中越典子)の病室にいた。子宮の検査結果を聞く春香に、細木はまだ出ていないと答える。そして、細木は悪性腫瘍の場合、子宮全摘手術が必要と説明。すると春香はもう一人子どもが産みたいと細木に訴える。

勉強会の会場で、宮崎は火箱直美(松井玲奈)に岸は来ないのかと聞かれる。代わりに来たと言う宮崎に、火箱が焦りだす。岸は講演を頼まれていたのだ。火箱から講演の代行を頼まれる宮崎だが務まるはずもない。慌てて帰ろうとする宮崎だが…。

岸は春香の病理診断を迷っていた。そこに、宮崎が怒りながら戻ってくる。実は岸の講演予定を知っていた森井が尋ねると、宮崎は会場にいた中熊薫(北大路欣也)が代行してくれたと答えた。

春香の病理診断に迷う岸は、中熊に相談。中熊は岸の診断を肯定も否定もしなかった。それでも、岸は細木に自分の診断を報告する。その報告が岸と細木の仲違いを生んでしまうことになる。

第1話 2016年1月13日「僕の言葉は絶対だ!!正義と信念を貫く男が命を救う!!」
第2話 2016年1月20日「天才病理医が救う命その時救命救急で何が起こったのか?空白の時間に潜む驚きの病」
第3話 2016年1月27日「病名がわからない!?原因不明の病いから、夫婦の絆と命を守れ」
第5話 2016年2月10日「余命1年の宣告通知難病の青年の夢よ叶え命を諦めない診断!!」

フラジャイル TOPへ
各話視聴率へ
2016年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2016年冬ドラマ視聴率一覧へ

『フラジャイル 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2016年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

フラジャイル「最も診断が出せない病気…託された母娘の命と未来!!」
Excerpt: 冒頭、岸京一郎(長瀬智也)の、宮崎智尋(武井咲)を、まんまと豪華弁当でつり、代理で行かせ、講演をブッチしようと画策。 それが結果的に、中熊(北大路欣也)に救われて… という、ユーモラスな流れは可..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2016-02-04 08:37

フラジャイル (第4話・2016/2/3) 感想
Excerpt: フジテレビ系・『フラジャイル』(公式) 第4話『最も診断が出せない病気…託された母娘の命と未来!!』の感想。 なお、 原作・草水敏、恵三朗「フラジャイル 病理医岸京一郎の所見」..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2016-02-04 09:24

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索