2016年01月27日

ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜 第4話

第4話「犯人の愛…女性科学者が謎の爆死!悲劇の真相は」2016/2/3

雪乃(檀れい)は、捜査のため訪れた図書館で、同じ本を手に取った青年・三岡(萩原聖人)に運命的な出会いを感じ、一人浮かれていた。そんな最中、とある公園の池で突然爆発が起こり、池の中にいた女性研究員・曜子(月船さらら)が遺体で発見されるという事件が発生。七課も捜査に加わるが、池や遺体からも爆薬は発見されず、手がかりは近くに落ちていたライターと謎の人影の目撃証言のみだった。

その事件現場で渚(堀北真希)は“お金に執着する”人物の声にシンクロし、曜子が誰かに貢いでいたのではないかと推理。彼女の勤務する研究所に聞き込みに行くことに。曜子の上司・堂ヶ島教授(中原丈雄)のもとを訪れた渚と雪乃は、曜子の同期から話を聞くように紹介され、なんとそこに現れたのは雪乃が数日前に運命的な出会いをした男・三岡だった。

三岡たちの証言で、彼女が事件当日ある男性とデートに行くと言っていたことや、具合が悪そうだったことが判明。さらに捜査を進める中、三岡や曜子の同期であり研究所のホープであった良美(西山繭子)が1年前に謎の失踪をしていることもわかり、そこに違和感を感じた渚は独自にその失踪事件の捜査を進めるが、ある衝撃的な事実が隠されていた。

一方、三岡との出会いで女性らしさを増す雪乃に、七課や一課の面々は唖然とするが、彼女の恋心は加速するばかりで…。

雪乃の恋の行方、そして曜子の死に隠された真実とは!?

第1話 2016年1月13日「豪華客船が爆破!?止める鍵はOL殺害犯のウソ」
第2話 2016年1月20日「身代金運搬ネット中継!?誘拐犯の哀しい目的とは」
第3話 2016年1月27日「ママはぼくが守る…カリスマ主婦に隠された真実」
第5話 2016年2月10日「嫉妬と羨望…狙われたプリマ名門バレエ学園の罠」

ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜 TOPへ
各話視聴率へ
2016年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2016年冬ドラマ視聴率一覧へ

『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2016年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜 「犯人の愛…女性科学者が謎の爆死!悲劇の真相は」
Excerpt: 今回は、雪乃(檀れい)にスポットが当たってたせいか、 渚(堀北真希)が、現場の声にシンクロして倒れる際、支えて、声を聞き取るのは別の方でしたね。 犠牲になった柴田曜子(月船さらら)は、結婚..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2016-02-04 07:52

ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜 (第4話・2016/2/3) 感想
Excerpt: 日本テレビ系・『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』(公式) 第4話『犯人の愛…女性科学者が謎の爆死!悲劇の真相は』の感想。 雪乃(檀れい)が図書館で出会った三岡(萩原聖..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2016-02-04 08:09

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索