2015年12月24日

スミカスミレ 45歳若返った女 TOP

『スミカスミレ 45歳若返った女』は、2016年2月5日から同年3月25日まで、毎週金曜日23:15 - 翌0:15に、テレビ朝日系の「金曜ナイトドラマ」で放送された。全8話。主演は桐谷美玲。


原作
『スミカスミレ』は、高梨みつばによる日本の漫画作品である。2013年10月号から『Cocohana』(集英社)に連載されている。単行本は2016年2月現在既刊6巻。

原作との主な相違点
澄の年齢が「65歳」、すみれの年齢が「20歳の女子大生」に引き上げられている。そのため、若返って学校に入るのは高校ではなく若い頃に合格していた大学に変更された。また、澄は高校を卒業して大学にも合格したが家庭の事情で入学できなかった設定になっている。

「黎の封印が完全に解かれていない為、子(ね)の刻(午後11時から午前1時)の間は若返る前の本来の姿である「如月澄」に戻ってしまう」というドラマオリジナル設定が追加されており、澄とすみれが頻繁に入れ替わる(原作に入れ替わり要素はない)。

天野 早雲(住職)、天野 慶和(早雲の息子)、叶野 りょう(慶和の彼女)といったドラマオリジナルキャラが存在し、彼らの活躍エピソードが追加されている。



ドラマ概要
少女漫画誌で連載中の高梨みつばの人気漫画「スミカスミレ」を基にしたファンタジックなラブストーリー。桐谷美玲が、見た目は20歳だが中身は65歳のヒロインを務め、松坂慶子が同一人物役で異色の共演を果たす。

ドラマでは、原作にない新キャラクターなど独自の要素を加えながら、ミステリアスで大人の恋物語を展開。幼いころから家業の手伝いや家族の介護に追われ、一度も彼氏を作れないまま老境に入った如月澄(松坂)が、化け猫・黎(及川光博)の謎めいた力によって20歳の女子大生・如月すみれ(桐谷)として若返り、人生をやり直していく姿が描かれる。


ストーリー 
如月すみれ(桐谷美玲)は20歳の女子大生だが、実は彼女は、如月澄(松坂慶子)という65歳の女性が若返った姿。幼いころから家の手伝いや祖母の介護に追われ、恋愛経験も男性経験もないまま老境に入った澄が、「もう一度若さを取り戻して、人生をやり直したい」と願ったところ、20歳の姿になるという奇跡が訪れたのだ。

すみれとして生きていくことになった澄は、信じられない現実に戸惑いながらも、行きたくても行けなかった憧れの大学生活や、同じゼミに通う好青年・真白勇征(町田啓太)との恋などを通して青春を取り戻していく。


キャスト
如月 すみれ〈20〉(澄が20歳になった姿・椿丘大学黒崎ゼミ所属) - 桐谷美玲
如月澄が20歳となった姿。若返ったことで、澄ではなく“すみれ”として椿丘大学で学生生活を送ることになり、もう一度青春をやり直していく。大学では大好きな映画について学び、同じゼミに所属する真白に恋心を抱くようになる。

黎(化け猫・澄を20歳の姿に若返らせる) - 及川光博
澄の家にある屏風に封じ込められていた化け猫。不思議な力で澄を20歳の姿へと若返らせる。主と定めたすみれを怖がらせることなくサポートするため、人間の姿となっている。

雪白(化け猫・黎の許婚) - 小西真奈美

如月 澄〈65〉 - 松坂慶子
厳格な父の方針で、子供のころから遊びよりも花農家と生花店を営む家の手伝いを優先。大学進学も事故に遭った祖母の介護のために断念した。その後も家族の面倒を見続け、恋愛経験がないまま60代に突入。青春を経験できなかったことを悔やんでいたある日、20歳の姿に若返る。

椿丘大学 黒崎ゼミ
真白 勇征(2年生) - 町田啓太
椿丘大学の2年生で、すみれと同じ黒崎ゼミに所属。明るく誠実な好青年で、バスの中で母の骨箱を落としそうになった澄を助けたことがある。父親は地元の名士だが、2人の間にはある確執がある。

幸坂 亜梨紗(2年生) - 水沢エレナ
椿丘大学・黒崎ゼミの2年生で、真白に思いを寄せている。女王様気質の持ち主で、真白との距離を縮めるすみれに嫉妬し、嫌がらせをする。

辻井 健人(2年生) - 竹内涼真

由ノ郷 千明 - 秋元才加

加藤 菜々美(亜梨紗の友達) - 小池里奈

黒崎 明雄(教授) - 小須田康人

大浦 玲那(亜梨紗の友達) - 谷川りさこ

西原 美緒(1年生) - 小槙まこ

天楽寺
天野 慶和(早雲の息子) - 高杉真宙
天野 早雲(住職) - 小日向文世
如月家の墓を管理している「天楽寺」の住職。霊感が強く、如月家を訪れた際に、普通の人間は分からない匂いを感知。如月家に何か秘密があると気付く。

その他
叶野 りょう(慶和の彼女) - 梶谷桃子

小倉 富子(如月家の隣人) - 高橋ひとみ
如月家の隣人。澄の飼い猫のことで言いがかりをつけるなど厄介な存在だったが、澄の遠縁の者だと名乗るすみれと黎に会った直後から、態度が好意的になる。

吉田 芳江(澄の高校までの幼なじみ) ‐ 立石涼子

如月 澄(幼少期) - 信太真妃

河野 有紀子(会社の先輩) - 西原亜希

栗原 知果(生徒) - 山田杏奈

じゅり、クリス、クロス、生津徹、辻しのぶ、桜井聖、嘉悦恵都、真中乃亜、筒井絵理奈、秋山勇次、池田優菜、浦野知也、岡竜也、佐々木史帆、永田隼人、長谷川拓巳、村上陽平

スタッフ
原作 - 高梨みつば
脚本 - 古家和尚、嶋田うれ葉
音楽 - 池頼広
ナレーション - 山崎岳彦
屏風画 - 山ア有美
スタントコーディネート - 大道寺俊典
プロット協力 - 宮沢みゆき、栗原智子
編成 - 飯田爽、石田奈穂子
スケジュール - 川村直紀
演出補 - 藤田智弘
予告PR - 宮岡太郎
プロデューサー補 - 神田エミイ亜希子、佐々木裕美子
ゼネラルプロデューサー - 横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー - 大江達樹(テレビ朝日)、神通勉(MMJ)
演出 - 今井和久・小松隆志・宮岡太郎(MMJ)
制作 - テレビ朝日・MMJ

主題歌 - 秦基博「スミレ」(Ariola Japan / Augusta Records)


各話あらすじ(2016.2.5 - 2016.3.25)全8話 平均視聴率 6.45%
第1話 2016年2月5日「45歳若返った女が…イケメン20歳と禁断の初恋!?お姫様だっこ 視聴率 7.8%
家業の手伝いや家族の介護に追われ、恋愛や大学生活も未経験のまま65歳になった独身の澄(松坂慶子)。母をみとり天涯孤独となった彼女は、ある日納戸で黒猫が描かれたびょうぶで指を引っかき、血で汚してしまう。すると、その血を吸った黒猫の封印が解かれ、びょうぶから飛び出した。黎と名乗る黒猫は男(及川光博)に変身し、「人生をやり直したい」という澄の望みをかなえるため彼女を20歳の姿(桐谷美玲)に若返らせる。

第2話 2016年2月12日「45歳若返ったはずが65歳に逆戻り!!年下の彼と二人きりの夜…」 視聴率 4.6%
化け猫・黎(及川光博)の術で若返り、20歳のすみれ(桐谷美玲)として人生をやり直すことになった澄(松坂慶子)。だが、術が不完全だと気付いた黎は、すみれが幸せになれば術が安定すると話し、1週間後のバレンタインデーを利用して恋人をつくるよう迫る。大学で真白(町田啓太)と話したすみれは、黎の言葉を思い出し緊張する。そんな中、すみれは、同じゼミの千明(秋元才加)が大学を休み続けていると知り、家まで会いに行く。

第3話 2016年2月19日「つき合って下さい!!45歳下と涙のデート!?遊園地で大パニック」 視聴率 6.9%
 すみれ(桐谷美玲)は真白(町田啓太)からデートに誘われるが、驚いて返事ができない。黎(及川光博)に励まされたすみれは、自分から真白を遊園地に誘う。そのころ、早雲(小日向文世)は黎の退治作戦を練っていた。そんな中、すみれは千明(秋元才加)らの勧めで買った今どきの服装で出掛け、真白と初のデートを楽しむ。ところがそこに黎や亜梨紗(水沢エレナ)が合流する。

第4話 2016年2月26日「45歳下と初キス!!彼の家に婚約者が!?」  視聴率 5.8%
 早雲(小日向文世)に若返りを知られ不安を抱くすみれ(桐谷美玲)。黎(及川光博)から、幸せを感じた瞬間に‘鍵’となるある言葉を自然に言えば願いがかなうと聞いたすみれは、真白(町田啓太)のため携帯電話を買ったり、千明(秋元才加)が働く飲食店で初めてアルバイトをしたり、人生を積極的に楽しもうとする。そんな中、バイト先に真白や亜梨紗(水沢エレナ)らが現れる。

第5話 2016年3月4日「さよなら!余命わずか…45歳下の初カレ…最後のスキー旅行!!」 視聴率 6.0%
真白(町田啓太)の自宅にあったびょうぶの封印が解け、黎(及川光博)の婚約者・雪白が現れた。雪白は子作りを黎に迫るが、黎はすみれ(桐谷美玲)が自分の主人だからと拒絶。実は封印は完全に解けておらず、黎はすみれが心から幸せを感じるまで見届けるという。そんな中、すみれは真白から1泊2日のスノーボード旅行に誘われる。夜の2時間だけ澄(松坂慶子)に戻ってしまうすみれは迷うが、黎の助言を受け、行くことにする。

第6話 2016年3月11日「本当は65歳です…!余命少ない初カレに…涙の告白!! 視聴率 5.9%
 重病で入院中の真白(町田啓太)を救うため、黎(及川光博)からもらった生気を彼に与えると決めたすみれ(桐谷美玲)。それはすみれが65歳の澄(松坂慶子)に戻ってしまうことを意味するため、黎は自分の幸せを考えるよう彼女を諭す。だが、短い間でも大学生活を体験できた喜びをかみしめたすみれは、病に苦しむ真白を見舞い、あらためて黎に感謝と決意を伝える。そして深夜、黎の指示に従い、真白の病室を訪れたすみれは…。

第7話 2016年3月18日「最終章!プロポーズは突然に!!合コンで…年下カレと復活愛!?」 視聴率 8.0%
黎(及川光博)が姿を消してから5年。大学卒業後、念願の映画宣伝会社に就職したすみれ(桐谷美玲)は、相変わらず深夜だけ澄(松坂慶子)に戻ってしまう生活だが、黎にもらった新しい人生を精いっぱい生きていた。ある日、すみれが会社の先輩・河野(西原亜希)に誘われ合コンに参加すると、イギリス留学後に高校の教師となった真白(町田啓太)が現れる。だが、真白はすみれの元恋人であることを隠し、悲しむすみれは悪酔いする。

最終話 2016年3月25日「最終回!涙の結末!!駆け落ちで…大惨事!?ウエディングの奇跡」 視聴率 6.6%
 5年ぶりに真白(町田啓太)と再会したのに浮かない顔で帰ってきたすみれ(桐谷美玲)。家で待っていた雪白(小西真奈美)は、澄(松坂慶子)に戻った彼女から事情を聞き、真白だけでなく自分の本当の気持ちからも逃げていると指摘する。そんな中、仕事で気まぐれな大物女優の買い物を言い付けられたすみれは、その途中で、日中にもかかわらず澄に戻ってしまう。そこへ、黎(及川光博)が助けに現れ、姿を消していた理由を明かす。


番組公式サイト
(スミカスミレ - Wikipedia)

『スミカスミレ 45歳若返った女 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
2013年春( 4 - 6月期)
50音検索