2015年12月21日

ダメな私に恋してください TOP

『ダメな私に恋してください』は、2016年1月12日から同年3月15日まで、毎週火曜日22:00 - 22:54に、TBS系の「火曜ドラマ」枠で放送された。全10話。

同枠では初の原作付き作品となる。主演は深田恭子で、「YOU」連載の作品を原作としたテレビドラマの主演は同局系『専業主婦探偵〜私はシャドウ』(2011年10月期)に次いで2作目となる。


原作
『ダメな私に恋してください』(ダメなわたしにこいしてください)は、中原アヤによる日本の漫画作品。『YOU』(集英社)にて、2013年5月号より連載されている。単行本は2015年8月現在、7巻まで刊行中。


概要
中原アヤの同名漫画を原作に、30歳独身で職もお金もなければ彼氏もいない、あるのは“肉”への欲望だけという“ダメ女”と、元上司の“ドS男”が繰り広げるラブコメディー。


ストーリー 
勤めていた会社が倒産し、再就職もうまくいかない30歳の柴田ミチコ(深田恭子)。無職なのに年下の男に貢ぎ続けて、貯金も底をつき、大好きな肉も食べられない。そんな時、前の職場で散々罵倒されたため、怖くて大嫌いだった上司・黒沢歩(DEAN FUJIOKA)と偶然再会し、脱サラした黒沢がマスターを務める喫茶店でアルバイトをすることになる。

以前と同じように、黒沢にバカにされ続けるミチコだったが、彼が作るおいしい料理への欲望に勝てず、アルバイトを続ける。ミチコはそこで、無愛想ながらも手を差し伸べてくれる黒沢の、今までとは違う一面を目の当たりにする。


キャスト
柴田 ミチコ〈30〉(黒沢家の居候・ライフニクス社員) - 深田恭子
職なし、金なし、彼氏なしの30歳。会社が倒産して仕事を失い、黒沢の喫茶店で働き始める。貢ぎ体質で、無類の肉好き。

喫茶「ひまわり」
黒沢 歩〈35〉(ミチコの元上司・マスター) - DEAN FUJIOKA
ミチコの元上司。脱サラして喫茶店のマスターとなる。元ヤンキーで怖いが、面倒見がよい。ミチコをアルバイトとして雇う。

テリー / 照井学(黒沢の後輩) - 鈴木貴之
タマ / 玉井剛(黒沢の後輩) - 石黒英雄
ポチ / 星武(黒沢の後輩) - クロちゃん(安田大サーカス)
鯉田 和夫〈70〉(「ひまわり」の常連客) - 小野武彦

便利グッズ会社「ライフニクス」
最上 大地〈26〉(ミチコの同僚) - 三浦翔平
門真 由希〈23〉(ミチコの同僚) - 佐野ひなこ
森 努(販売本部長) - 小松和重
中島 美咲(ミチコの同僚) - 内藤理沙
江藤 瞳(ミチコの同僚) - 内田理央(第3話 - 第5話)
加藤 - 山本圭祐

その他
生嶋 晶〈35〉(黒沢の元彼女・下着ショップ「ブラデリスニューヨーク」店長) - 野波麻帆
黒沢 一(黒沢の兄) - 竹財輝之助(第3話 - )
黒沢 春子〈35〉(一の妻・花屋「クレッセント」経営) - ミムラ

ゲスト
第1話
藤本 エリカ(ミチコの元同僚) - 藤本泉(第2話にも出演)
米田 亜希(ミチコの元同僚) - 小林きな子(第2話にも出演)
米田 要(亜希の息子) - 中野遥斗
佐野 純太(大学生) - 吉沢亮(第6話〈回想〉にも出演)
オタク客 - イジリー岡田

第3話
おじさん店員 - 春海四方

第4話
丹野 綾(「ひまわり」の客) - 大野いと

第6話
南 環(ネットショップ「ミナミ」社長) - 山村美智

第7話
柴田 奈津江(ミチコの母・声のみ) ‐ 山下容莉枝(第8話)

第8話
柴田 明日香(ミチコの妹) ‐ 小島藤子
柴田 秀輔(ミチコの父) ‐ 佐戸井けん太
柴田 智文(ミチコの祖父) ‐ 不破万作(第9話<回想>)

最終話
怪しい男 - 柄本時生

スタッフ
原作 - 中原アヤ『ダメな私に恋してください』(集英社マーガレットコミックス / YOU連載中)
脚本 - 吉澤智子
音楽 - 出羽良彰、羽深由理
撮影 - 矢崎勝人、高野学
VI - 笠原宗一郎
照明 - 橋本譲
音声 - 杉村賢太郎
TM - 平木美和
編集 - 瀧田龍一
ライン編集 - 森本大輔
選曲 - 長澤佑樹
音響効果 - 松井謙典
MA - 菅野雅登
音楽コーディネーター - 溝口大悟、久世烈
美術プロデューサー - 高田圭三
デザイン - 雨宮里美
装置 - 滝沢博史
装飾 - 栗本誠治
植木 - 金子利治
建具 - 阿部英之
電飾 - 太田敬三
衣裳 - 吉近香織
ヘアメイク - 蜂須加佳代
スタイリスト(深田恭子担当) - 亘つぐみ
ヘアメイク(深田恭子担当) - 園部タミ子
持道具 - 武藤浩一
フードコーディネート - はらゆうこ
アクションコレオグラファー - 森崎えいじ
ダンス指導 - 田中麻代
編成 - 今井夏木、池田尚弘
番組宣伝 - 小山陽介
スチール - 小柳法代
インターネット - 佐藤英子
WEBデザイン - 三橋麻衣子
コンテンツビジネス - 小林美那子
メイキング - 渡辺充浩
助監督 - 山田祐輔
プロデューサー - 阿部謙三、大西孝幸
演出 - 河合勇人、福田亮介、月川翔
製作 - 東宝株式会社、TBS

主題歌 - aiko「もっと」(PONY CANYON)



各話あらすじ(2016.1.12 - 2016.3.15)全10話 平均視聴率 9.47%
第1話 2016年1月12日「ダメ女VSドS上司のツンデレ!?ラブストーリー」※初回15分拡大(22:00〜23:09)
 勤務先が倒産し、無職となった30歳のミチコ(深田恭子)は、20歳の大学生・純太(吉沢亮)に貢ぎ続けて貯金も底をつき、残るのは肉への欲望のみ。そんなある日、ミチコは前の職場で自分を罵倒し続けた元上司・黒沢(ディーン・フジオカ)と偶然再会する。彼は祖母が営んでいた喫茶店のマスターになっていて、ミチコをアルバイトとして雇うと言いだす。警戒するミチコだが、黒沢の作る料理の魅力に勝てず、店で働くことにする。

第2話 2016年1月19日「年下イケメンが急接近!!運命キター」
 ミチコ(深田恭子)は酔っぱらった黒沢(ディーン・フジオカ)がつぶやいた「春子」という女性が気になる。だが黒沢は「聞き間違いだ」と取り合わない。そんな折、ミチコの新しい就職先が決定し、喫茶「ひまわり」で黒沢やテリー(鈴木貴之)らが祝ってくれる。そこに、春子(ミムラ)が花を届けに来て、ミチコは黒沢のつぶやいた相手を知る。後日、ミチコは再就職先の便利グッズ会社で働き始めるが、いきなり残業する羽目に陥る。

第3話 2016年1月26日「デキる女誕生!?後輩指導に社内恋愛」
 最上(三浦翔平)からデートに誘われたミチコ(深田恭子)。黒沢(ディーン・フジオカ)の元恋人でランジェリーショップ店長の晶(野波麻帆)に‘勝負下着’を見立ててもらい、いざデートへ。残業による遅刻などトラブルはあったものの、順調に2人の関係は深まる。デート終了後、最上がミチコを家まで送ると申し出る。「ひまわり」で寝泊まりしていることを隠しているミチコは、すぐに別れようとするが、黒沢と鉢合わせてしまう。

第4話 2016年2月2日「信じていいの?年下男のプロポーズ」
 最上(三浦翔平)から「結婚を前提に付き合ってほしい」と言われ、幸せに浸るミチコ(深田恭子)。ところが、黒沢(ディーン・フジオカ)に詐欺の可能性を指摘され、最上を信じ切ることができない。その一方で、テリー(鈴木貴之)からは、「ひまわり」の客・綾(大野いと)との恋を応援してほしいと頼まれる。そんな中、ミチコは最上が門真(佐野ひなこ)ら社内の女性社員に同じ種類のハンドクリームをプレゼントしていたと気付く。

第5話 2016年2月9日「彼の本気キス!試合開始?」
ミチコ(深田恭子)は最上(三浦翔平)と結婚を前提に交際を始めるが、まともな恋愛経験がないため空回りの連続。一方の最上も、黒沢(ディーン・フジオカ)とミチコの関係が気になる。デート後、ミチコは疲れ切って「ひまわり」に帰宅し、黒沢に温かいココアを作ってもらう。その席で、春子(ミムラ)と黒沢の死んだ兄・一(竹財輝之助)について尋ねる。そんなある日、ミチコは偶然春子と出会い、黒沢の意外な一面を教えてもらう。

第6話 2016年2月16日「彼氏がサギ師!?蘇る過去!」
ミチコ(深田恭子)は最上(三浦翔平)から同居しようと誘われる。浮かれるミチコに、黒沢(ディーン・フジオカ)と晶(野波麻帆)は助言を送る。そんな中、最上がしばらくの間、週末は実家に帰るため会えないと謝罪してくる。入院中の父親の面倒を見ていた母親が倒れたらしい。そのため同居は延期となり、まとまった金も必要だという。それを聞いたミチコは、男に貢いでいた過去を思い出し、最上が結婚詐欺師なのではと疑い始める。

第7話 2016年2月23日「私が本当に好きな人は?!」
 ミチコ(深田恭子)は最上(三浦翔平)から結婚を申し込まれ、ぼうぜんとしたまま承諾してしまう。地に足の着かないミチコを尻目に、最上は3カ月後に結婚式を挙げようと、てきぱきと計画を立てる。そんな中、ミチコはいつもの癖で「ひまわり」へ。婚約のことを黒沢(ディーン・フジオカ)に伝えると、彼は祝福しながらも、どこか他人行儀な笑顔を浮かべる。後日、最上と式場の下見を終えたミチコに、春子(ミムラ)から連絡が来る。

第8話 2016年3月1日「今度は私から!?主任とキス」
ミチコ(深田恭子)は黒沢(ディーン・フジオカ)への恋心を自覚し、最上(三浦翔平)に別れを告げる。そんな折、晶(野波麻帆)の計らいでミチコは再び「ひまわり」で暮らすことになり、黒沢との同居生活を満喫していた。そこに、実家の母から、祖母の法事に婚約者を連れて来いと連絡が届く。最上と別れたことを言えないミチコは、やむなく一人で実家に帰省。家族に「彼氏は仕事で来られない」とうそをつく。そこへ突然、黒沢が現れる。

第9話 2016年3月8日「主任の大決心!彼女か私か」
ミチコ(深田恭子)は黒沢(ディーン・フジオカ)にプロポーズするが、「おまえとは結婚しない」と断られる。一方で、黒沢は鯉田(小野武彦)から、ミチコの影響でいい笑顔になったと指摘される。会社では、ミチコの商品企画が社内で最終選考に。最上(三浦翔平)も大きな企画を立ち上げ、2人は励まし合う。だが、最上はミチコと黒沢が再び同居していると知り複雑だ。そんな折、黒沢は連絡を受け、慌てて春子(ミムラ)の店へ向かう。

最終話 2016年3月15日「全ダメ女に捧ぐ恋の奇跡」
ミチコ(深田恭子)は黒沢(ディーン・フジオカ)と春子(ミムラ)の関係を応援するため「ひまわり」を出て行く。失意のミチコだが、会社では自らの企画が商品化され、さらに女性向けの商品開発チームの主任に抜てきされることに。仕事に生きようと考えたものの、晶(野波麻帆)からは「一生結婚できないよ」と脅される。そんなある日、ミチコは黒沢に呼ばれ「ひまわり」へ。そこでは皆がミチコの誕生日を祝うため集まって…。

各話視聴率へ


番組公式サイト
(ダメな私に恋してください - Wikipedia)

『ダメな私に恋してください TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
2013年春( 4 - 6月期)
50音検索