2015年11月19日

科捜研の女 第15シリーズ 第6話

第6話「疑惑のしみ抜き職人!着物染め直しの謎…職人技に科学捜査が挑む!」2015年11月26日

 宝石バイヤーの磯貝徹(四方堂亘)が、自宅兼オフィスで殺害されているのが見つかった。榊マリコ(沢口靖子)が検視したところ、後頭部に挫創があり、首に索状痕も見つかった。

 遺体は頭部から衣服まで赤い液体で染まっており、寝室には3枚の和服が無造作に広げられていたのも謎だった。その和服は、春の桜、夏の紫陽花、秋の菊…と季節の花がそれぞれ描かれた艶やかな訪問着で、土門刑事(内藤剛志)は冬の花をあしらった着物だけがないことを不審に思う。

 風丘早月(若村麻由美)の解剖の結果、死因は窒息死で後頭部の傷は致命傷ではないことが判明。また、マリコらの鑑定で、遺体にかかっていた赤い液体はチリ産のワインとわかった。寝室に落ちていたガラス片もワインボトルの破片と確定。犯人はワインボトルで磯貝を殴った後、逃げようとする磯貝の首を絞めて殺害したものと思われた。

 そんな中、着物の持ち主が、京都に代々続く旧家・桐野家と判明する。一連の和服は50年前、桐野家のために人間国宝の作家が作った一点もので、土門がにらんだとおり春夏秋冬の連作であり、牡丹が描かれた冬の和服も存在するはずだった。いったいなぜ、牡丹の着物だけが、現場になかったのか…!? 犯人は、牡丹の着物を身に着けていたのではないか…!? もしも残された牡丹の着物に赤ワインが付着していれば有力な証拠になると、マリコたちは考える。

 だが、所有者である桐野家を訪ねたところ、当主の妻・朝子(野村真美)は、春夏秋の3枚の着物は盗まれたと主張。冬の牡丹の着物だけは、娘の若菜(はねゆり)が結婚披露宴で着用するため直しに出しており盗難を免れたと話す。

 マリコと土門は、朝子が犯行を隠ぺいするため串本にワインのしみ抜きを依頼したのではと疑い、彼女が牡丹の着物を預けたという職人・串本敏正(国広富之)の工房を訪れる。しかし、串本は牡丹の着物にはしみ抜きなど施しておらず、寸法直しだけ頼まれたと語る。 

 ところが直後、その牡丹の着物の地の色が、串本の工房に預ける前と後で変化していることが判明! いったい、どういうことなのか…!? マリコたちは牡丹の着物に付着したしみを発見、それらを分析したところ意外な真実が明らかになって…!?

第1話 2015年10月15日「マリコVS死神と呼ばれた女刑事!鑑定の盲点を突いた肌色の銃弾!!刑事の命を奪う危険なお守りの謎!?」
第2話 2015年10月22日「オーロラに殺された女!?科学が暴く透明な壁画の謎!」
第3話 2015年10月29日「顔も見ずに顔認証!?寝不足のクマが暴いた女刑事の嘘」
第4話 2015年11月12日「美しき書道家殺人!筆跡鑑定の盲点をつくプリンの謎」
第5話 2015年11月19日「致死率100%の密室閉じ込められたマリコの殺人鑑定」
第7話 2015年12月3日「美食家殺人!!ゴーヤの5倍苦い毒殺レシピの味覚鑑定」

科捜研の女 第15シリーズ TOPへ
各話視聴率へ
2015年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2015年秋ドラマ視聴率一覧へ

『科捜研の女 第15シリーズ 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索