2015年10月29日

科捜研の女 第15シリーズ 第4話

第4話「美しき書道家殺人!筆跡鑑定の盲点をつくプリンの謎」2015年11月12日

 書道家の義本青流(合田雅吏)が撲殺されているのが自宅で見つかった。義本は現代アートのような書のスタイルで知られ、ハリウッド映画の題字を手がけるなど活躍、イケメン書道家としても人気を博していた。

 榊マリコ(沢口靖子)たち科捜研のメンバーが現場に駆けつけたところ、凶器は室内にあった壺であることが確定したが、指紋は拭き取られていた。また、被害者が着用していた和服の胸に微量のファンデーションが付着していたことも判明。さらに、遺体のそばに、いびつに割れた墨のかけらがいくつも落ちているのを発見。そして、室内から家畜用の飼料と思われる微物が採取されたのも謎だった…。

 第一発見者は、義本の作品を管理しているギャラリー経営者・城島美野里(大島蓉子)で、死体発見の前日、新作の書が完成したから取りに来るようにと義本から電話があり、作品を撮影した画像もメールで送られてきたという。しかし、書斎にあるはずのその新作は、跡形もなく消えていた…。義本の最後の作品を、犯人が持ち去ったのだろうか…!?

 ひとまず、マリコたちは美野里や、義本の一番弟子・水越涼香(佐藤寛子)が使用しているファンデーションを調査するが、被害者の着衣に付着していたものとは成分が一致しなかった。

 やがて、現場に散っていた墨のかけらをつなぎ合わせたところ、その墨を生産した老舗の“奈良墨”の工房が判明。女性当主・椿千代子(中島ひろ子)は奇しくも義本の幼ななじみで、使用しているファンデーションを採取させてくれと頼むと、普段化粧はしていないと話して…。

 その後、解剖医・風丘早月(若村麻由美)がもたらした遺体の検査結果から、マリコは義本が世間に隠してきた疑惑に気づいて…!?

第1話 2015年10月15日「マリコVS死神と呼ばれた女刑事!鑑定の盲点を突いた肌色の銃弾!!刑事の命を奪う危険なお守りの謎!?」
第2話 2015年10月22日「オーロラに殺された女!?科学が暴く透明な壁画の謎!」
第3話 2015年10月29日「顔も見ずに顔認証!?寝不足のクマが暴いた女刑事の嘘」
第5話 2015年11月19日「致死率100%の密室閉じ込められたマリコの殺人鑑定」

科捜研の女 第15シリーズ TOPへ
各話視聴率へ
2015年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2015年秋ドラマ視聴率一覧へ

『科捜研の女 第15シリーズ 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索